ヒューマンブリッジ、 働き方改革を主導する人事パーソンが養わなければならない「計数感覚」を学べる公開講座《人事としての計数感覚養成講座》の1日版を開催

人事領域(採用・教育・制度)をワンストップで支援する株式会社ヒューマンブリッジ(本社:東京都中央区、代表取締役佐々木拓哉:以下ヒューマンブリッジ)は、人事業務に絡む会社数字の見方に自信のない、学ぶ機会の少ない人事パーソンに向けた、「【人事としての計数感覚養成講座:1日版】人事は知らなきゃイケない!会社数字の見方・活かし方~自分の人事業務を会社数字と連動させて語れますか?~」を開催することを決定しました。

【講座の特徴】

●人事パーソンに必要不可欠な内容にフォーカス

●簿記研修のような財務諸表のルールや計算方法ではなく、本質的で、かつ実践的な内容

●会社数字に関心が高い方はもちろん、苦手意識を持っている方でも参加可能

 

 

Q1:パートなどの時間給は、何を基準に決めるのだろうか?

Q2:営業所からの増員要求に、どうやって回答するか?

Q3:適正な採用人数を、どうやって決めるのか?

Q4:適正な人件費水準をどうやって決めるのか?

Q5:労働分配率は、アップした方がいい?それともダウンがいい?

Q6:会社は増益なのに、人件費をアップできない本当の理由とは?

Q7:会社の成長は売上や利益ではわからない。では何を見れば良い?

 

これらの質問に明確な回答をするためには、書籍や決算書の読み方・作り方セミナーで学ぶような単なる知識ではなく、会社数字への本質的な理解が不可欠です。

 

たとえ、損益計算書(PL)・貸借対照表(BS)・キャッシュフロー計算書(CF)の項目を知っていたとしても、その意味するところや本質的なことまで理解をしていません。

結果として、自分の業務にその知識を活かすことができないといえます。

 

【講座で取り扱う内容】

本講座では、貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CF)の基本構造はもちろん「付加価値」「限界利益」「労働分配率」「人件費」といった人事業務と切り離すことができない内容を中心に取り扱います。

また、三表のルールや作成方法ではなく、あくまで「見方・活かし方」にフォーカスを当てた内容であるため、人事パーソンにとって実践的で、かつ本質的な構成となっています。

 

身近なケースやワーキングを豊富に取り入れたカリキュラムは「受講者が自ら考えること」を重視して構成されており、会社数字に関心が高い方はもちろん、苦手意識を持つ方でも、飽きずに楽しみながら本質を学ぶことができると好評を博しています。

 

※講座で取り扱う内容の例

財務三表/キャッシュフロー/収益力/損益分岐点/利益の種類/付加価値/計数感覚/企業活動との繋がり/粗利/営業利益/経常利益/投資/限界利益/財務/会計/アカウンティング/管理会計/労働分配率/労働生産性/限界利益/人件費

 

【計数感覚とは】

計数感覚がある人は、「企業活動」と「会社数字」を連動させて考え、以下のようなことができます。

①会社数字の変化を見て、企業活動を推測できる。

②各人の活動や意思決定が、会社数字のどこに影響するかを予測できる。

③計数分析を活用して、会社数字を予想できる。

④予想される計画値の妥当性、実現可能性を検証するのに活用できる。

 

【プログラム】

(1)経営のことを数字で考えられる能力=計数感覚とは?

 

(2)人件費を考える前提となる会社数字の基本を理解しよう

①利益だけで、経営を考えてはいけないことを理解しよう。

・3つの決算書((PL、BS、キャッシュフロー)の関連の理解

・利益重視の経営の問題点

②人に関する課題は、利益ではなく【      】に基づいて判断しよう!

・戦略人事ならば、知らなければいけないキーワード

労働分配率  資本分配率  労働生産性  損益分岐点分析

 

(3)人事戦略に活用できる計数感覚を理解しよう

①成果配分の基本的な考え方

②適正な人件費をどうやって決めるのか?

・何人の社員を採用できるか?

・営業マンが自分の給与を稼ぐための目標売上の設定

・業績賞与はいくら払えるか?

③営業所からの増員要求に、どうやって回答するか?

④生産性を考える・・時給は、どうやって決める?

 

本質を突くプログラムと、インタラクティブな研修運営に定評のある千賀講師のもと、会社数字が人事業務においてどう活用できるか?について、わかりやすくかつ実践的な内容をご提供致します。

 

【講師プロフィール】

千賀 秀信(せんが ひでのぶ)

株式会社ヒューマンブリッジ プロフェッショナルトレーナー

マネジメント能力開発研究所 代表

 

公認会計士、税理士専門の情報処理サービス業・株式会社TKC(東証1部)で、財務会計、経営管理などのシステム開発、営業、広報、教育などを担当。1997年にマネジメント能力開発研究所を設立し、企業経営と計数を結びつけた独自のマネジメント能力開発プログラムを構築。「わかりやすさと具体性」という点で、多くの企業担当者や受講生からよい評価を受けている。研修、コンサルティング、執筆などで活躍中。

 

《主な著書》

『新版・経営分析の基本がハッキリわかる本』 (ダイヤモンド社)、『会社数字のコツがハッキリわかる本』 (ダイヤモンド社)、『計数感覚がハッキリわかる本』 (ダイヤモンド社)、『会社数字がわかる計数感覚ドリル』 (朝日新聞出版)、『この1冊ですべてわかる管理会計の基本』 (日本実業出版社)、『「ベンチャー起業」実戦教本』 (プレジデント社:共著)、『人気セミナー講師の会計実践講座 』(日本能率協会マネジメントセンター)、『なぜ、スーツは2着目半額のほうがお店は儲かるのか?』(SBクリエイティブ)

 

【講座概要】

《日時》

①2019年10月25日(金)9:30~17:30(受付09:10~)

②2019年10月26日(土)10:00~18:00(受付9:40~)

《場所》 株式会社ヒューマンブリッジ セミナールーム

東京都中央区京橋3-9-2 宝国ビル4階

《費用》 27,000円(税別)

 

詳細・お申込み

・URL:http://www.human-b.co.jp/seminar/1910251026seminar.html

・e-mail:info@human-b.co.jp

・Tel:03-6264-4356

 

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社ヒューマンブリッジ

広報担当:鈴木

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社ヒューマンブリッジ
代表者名 佐々木拓哉
業種 ビジネス・人事サービス

コラム

    株式会社ヒューマンブリッジの
    関連プレスリリース

    株式会社ヒューマンブリッジの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域