香川大学、松谷化学工業が共同で 希少糖「D-プシコース」の寿命延長(アンチエイジング)効果の研究結果を発表

松谷化学工業株式会社は、香川大学(香川県木田郡三木町)農学部 佐藤正資教授、香川大学希少糖研究センター 何森健特任教授と当社研究所の希少糖研究チームの共同研究で、希少糖「D-プシコース」が、線虫を用いた実験によって平均20パーセントの寿命延長効果(アンチエイジング効果)があることを確認しました。

ニュースリリース 2012年3月23日
-------------------------------------------------------------------------
香川大学、松谷化学工業が共同で希少糖「D-プシコース」の寿命延長(アンチエイジング)効果の研究結果を発表

線虫の平均寿命が20%延長
-------------------------------------------------------------------------

でん粉加工と機能性食品素材の総合メーカー 松谷化学工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:松谷晴世 以下、松谷)は、このたび香川大学(香川県木田郡三木町)農学部 佐藤正資教授、香川大学希少糖研究センター 何森健特任教授と当社研究所の希少糖(レアシュガー)研究チームの共同研究で、希少糖の一種であり、ノンカロリーで甘味度が砂糖の7割程度の「D-プシコース」が、線虫を用いた実験によって平均20パーセントの寿命延長効果(アンチエイジング効果)があることを確認しました。

なお、本研究発表は、2012年3月23日、「日本農芸化学会2012年度京都大会」(会場:京都女子大学http://www.jsbba.or.jp/2012/outline.html)において香川大学農学部 佐藤正資教授により行われました。


【研究内容】
「希少糖 「D-プシコース」のC.elegans寿命延長効果」  
           
*C.elegans:シーエレガンス Caenorhabditiselegans(カエノラブディティス・ エレガンス)の略称。非寄生性の線虫の一種。体長約1mm。高等動物と同様に消化系、神経系、筋肉系、生殖系等の多様な組織を持つ。寿命は3週間程度であり寿命研究のモデル。

【研究の背景と目的】
摂取カロリーの制限によって寿命が延長することが、線虫、ショウジョウバエ、マウス、サルなど多くの実験動物で知られています。人においてもカロリー制限は加齢性疾患の発症を遅らせ、寿命を延ばすと考えられています。しかし、生涯にわたってカロリー制限食を続けることは非常に困難です。そこで、食事と一緒に摂取することでカロリー制限と同様の効果が得られるカロリー制限模倣物質(calorie restriction mimetic)の開発が注目されています。現在まで、いくつかのカロリー制限模倣物質の候補が報告されており、例えば、解糖系酵素の阻害剤 2-デオキシ-D-グルコース(2-deoxy-D-glucose)、サーチュイン(Sirt、サーチュイン遺伝子)を活性化するポリフェノールであるレスベラトロール(resveratrol)などがあります。しかし、食品素材として効果的で安心・安全なアンチエイジング物質の開発には更に検討の余地があります。そこで、私たちはD-フルクトースのC3エピマーである希少糖の一種であり、ノンカロリー甘味料である「D-プシコース」がカロリー制限模倣物質として働き、動物の寿命を延長する効果があるのでは、と考えました。モデル生物である線虫シーエレガンスを用いて「D-プシコースの寿命延長効果を明らかにするとともに、その作用メカニズムについて検討を行いました。


【研究方法】
線虫シーエレガンスは野生株 N2と酸素高感受性 mev-1 変異体を用いました。同調培養によって得られた若成虫を、D-プシコースを含む液体培地へ移し、20℃で振とう培養し、一日おきに観察、生死を判定し、生きている線虫のみを新しい培地に移しかえました。そして、すべての線虫が死ぬまで培養を続け、平均寿命を算出しました。リアルタイム PCR法を用いて酸化ストレス関連遺伝子(SOD、カタラーゼ)の発現量を測定し、また、これら酸化ストレス関連酵素の酵素活性についても測定しました。


【結果】
野生株N2において,28mM D-プシコース処理線虫の平均寿命は25.1日(対照区,20.9日)となり20パーセントの延長が認められました。また、リアルタイム PCR法の結果から,ミトコンドリア性マンガンスーパーオキシドジスムターゼ(Mn-SOD)とカタラーゼの発現量上昇が認められ、それらの酵素活性も上昇していました。以上の結果から,D-プシコースによる寿命延長は,線虫の酸化ストレス耐性を上昇させることで引き起こされると考えられます。

*サーチュイン遺伝子:長寿遺伝子や抗老化遺伝子と呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされています。

**リアルタイムPCR法:遺伝子(DNA)の検査方法の一つ。ポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction:PCR)によって、特定の遺伝子の配列を元に、その遺伝子を数時間内に何十億にも複製し、観察や解析などを行います。



希少糖について:
松谷は、2004年以来、香川大学と共同で新たな自然の糖である「希少糖」(レアシュガー)の研究を行ってきました。希少糖は、自然界に微量しか無い、希少な単糖ですが種類は多く、50種以上存在します。近年、香川大学ほか研究機関による希少糖の大量生産技術の確立により研究が進み、様々な生理活性が発見されました。特に、希少糖の一種である、ノンカロリーで甘味度が砂糖の7割程度の「D-プシコース」には、食後血糖上昇抑制作用、内臓脂肪蓄積抑制作用が認められています。また、「D-アロース」には抗酸化作用、血圧低下作用などの生理活性があり、医薬品や機能性食品あるいは化粧品などへの応用開発が進められています。

松谷では、様々な希少糖に関する研究を進めており、希少糖の抗肥満、抗糖尿病、抗動脈硬化、抗酸化、アンチエイジングなどをはじめとする様々な作用を解明し、人類への大きな寄与が期待される希少糖の普及へ向けてこれからも、一層の努力を続けます。





松谷化学工業株式会社(www.matsutani.co.jp)について:
松谷化学工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市北伊丹5-3 代表取締役社長:松谷晴世)は、でん粉加工と機能性食品素材の総合メーカーとして、加工でん粉や難消化性デキストリンをはじめとする食物繊維等の製造・販売、希少糖および関連製品の研究開発・製造、販売を行っています。当社は、でん粉加工のパイオニアとして、新しい機能を有するでん粉やその分解物など食品製造に不可欠な機能性の高い素材を多岐にわたり研究開発を行っており、お客様のニーズにお応えする「手軽で」「美味しい」「体に良い」加工食品を創造するための機能と、「安全」「安心」「安定」した品質を持つ食品素材「食用でん粉」「加工でん粉」「澱粉分解物」を提供いたします。




本ニュースリリースに関するお問い合わせは:
松谷化学工業株式会社 広報東京事務局 担当:栗原/西垣
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34 新宿御苑前アネックス2階
TEL:03-5360-8993 / FAX: 03-5269-2305 Eメール:matsutani-ci@inoue-pr.com

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 松谷化学工業株式会社
代表者名 松谷晴世
業種 食品関連

コラム

    松谷化学工業株式会社の
    関連プレスリリース

    松谷化学工業株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域