戸建てモジュラー・プレハブ住宅建設、大幅なコスト削減により市場の成長が促進 モジュール輸送に関連する高いリスクは、市場の成長に影響

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「家族向けモジュール型・プレハブ住宅建設の世界市場 - COVID-19による成長と変化:2020年」 (The Business Research Company) の販売を8月3日より開始いたしました。

一戸建てモジュラーおよびプレハブ住宅建設の市場は、住宅および関連サービスの販売で構成されています。モジュラー建設は、管理されたプラント環境で、従来の設計された構造、リソース、コード、仕様を採用し、建築現場のオフサイトで建物を開発する方法で、従来の約半分の時間で完成できます。

 

市場は、2019年の793億1000万米ドルから2020年には912億1000万米ドルに達し、CAGR15%で成長すると予想されています。この成長は主に、COVID-19の発生による緊急事態に、病院、検疫センター、試験場、簡易宿泊施設など、多くの施設が設計・建設されたことに起因します。市場はその後安定し、2023年に1000億7000万米ドルに達し、CAGR 3.14%の成長が推定されています。

 

市場は、タイプ別に、永続的タイプと、再配置可能なタイプに分類されます。材料別には、鋼材、木材、コンクリート、その他に分類され、適用タイプによって、戸建て、商業用、工業用に分類されます。

 

コスト削減に重点を置いた事が、同市場の重要な成長要素です。モジュール式の設計により、プロジェクトの期限を50%、コストを20%に抑えることができます。生産ラインに沿ったユニットの購入により生産性が向上し、雇用コストの削減につながりました。欧州と米国では、新しい不動産建設でのモジュール式市場規模は、2030年までに1300億米ドルに達し、年間200億米ドルのコスト削減をもたらすと予想されています。大幅なコスト削減により、モジュール式およびプレハブ住宅建設市場の成長が促進されると予想されます。

 

輸送に関連するリスクは、市場の成長に影響を与える重要な要素です。モジュールは、作業現場から離れた工場で製造されるため、特別な方法で建設現場に輸送するか、周囲の会場で組み立ててからセットアップする必要があります。運搬者や作業者は、個々のモジュールの運搬に最大の注意を払う必要があります。輸送中に1つのモジュールが破損した場合、モジュール全体が大幅な修理または交換を必要とする場合があります。したがって、輸送およびリギング事業者は、ルートを追跡し、経路に沿ってモジュールを運搬するための方法を計画するために多大な努力を払う必要があります。たとえば、フィラデルフィアの建設プロジェクトでは、モジュラーが到着し、配置と設定がスムーズに行われていましたが、モジュールの引き上げ作業時に、建物内部の乾式壁に亀裂を生じさせてしまう、という事例がありました。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/tbrc941016-single-family-modular-prefabricated-housing.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域