アイキャッチ画像

IO-Linkの市場規模、2026年に242億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「IO-Linkの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):タイプ (有線・無線)・コンポーネント (IO-Linkマスター・IO-Linkデバイス)・産業 (プロセス・ディスクリート・ハイブリッド)・用途・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月6日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1003244-io-link-market-covid-impact-analysis-by-type-io.html

 

IO-Linkの市場規模は、2021年の77億米ドルからCAGR25.6%で成長し、2026年には242億米ドルに達すると予測されています。インダストリー4.0に対する需要の高まりや、すべてのフィールドバスプロトコルに対応できることなどが、IO-Link市場の成長を促す要因となっています。

 

COVID-19のIO-Link市場への影響

 

COVID-19の発生と拡散は、IO-Linkのバリューチェーンで活動するプレイヤーに大きな影響を与えています。インダストリー4.0に対する需要の高まりは、IO-Link市場の成長を促す重要な要因の一つです。しかし、ロックダウンによりすべての製造工場、公共の場、オフィスが完全に閉鎖されると、IO-Linkソリューションの需要は劇的に減少しました。また、これらの電子機器の需要が世界的に大きく減少したことも、IO-Link市場の成長に影響を与えました。

 

しかし、在庫水準の正常化とともに、自動車業界は安定し、IO-Link製品の需要が増加すると予想されます。また、COVID-19の発生により、世界各地の工場が感染拡大防止のために一時的に閉鎖され、IO-Linkの生産、需要ともに減少しました。

 

牽引要因:すべてのフィールドバスプロトコルへの対応

 

IO-Linkはフィールドバスに依存しないため、PROFIBUS、PROFINET、AS-i、CANopen、CC-Link、DeviceNet、EtherCAT、EtherNet/IP、Interbus S、Powerlink、Sercos IIIなど、すべてのフィールドバスシステムに統合できます。また、M12、M8、M5コネクタや3線式ケーブルなどの規格にも対応しています。IO-Linkプロトコルでは、フィールドレベルのセンサーやアクチュエーターからのデータは、IO-Linkマスターデバイスからフィールドバスやイーサネット通信システムを経由して、制御レベルのデバイス、すなわちPLCやSCADAに送信されます。また、IO-Linkはセンサーやアクチュエーターの拡張診断を可能にし、双方向通信によりパラメータ設定を容易にします。さらに、IO-Linkを搭載したシステムは、フィールドバスに依存しないため、自動車、パッケージング、太陽電池、ガラス製造、バイオガス製造、木工などの分野での生産の自動化に導入することができます。

 

 

 

市場機会:有利な機会を生み出すイーサネットの制限事項

 

1本の共有ケーブルは、完全なイーサネットネットワークの基礎として機能します。しかし、イーサネットネットワークのサイズには現実的な限界があります。電気信号は、ケーブルに沿って素早く伝わりますが、伝わっていくうちに弱まっていきます。また、近隣の機器からの電気的な干渉により、信号が乱れてしまいます。そのため、ネットワークケーブルは、両端の機器が互いの信号を最小限の遅延で受信できるよう、十分に短くなければなりません。さらに、1つのイーサネットネットワークに共存できる機器の数にも制限があります。このようなイーサネットネットワークの限界が、IO-Link市場に大きなチャンスをもたらしているのです。

 

 

 

 

 

 

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1003244-io-link-market-covid-impact-analysis-by-type-io.html

 

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社280社が発行する調査資料約9万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域