日本語教師の古田島和美先生が死去 作文コンクールで優秀指導教師賞を受賞

【日本僑報社発】長年中国で日本語教師として活躍し、現在は中国江蘇省の常州大学で教鞭を執っていた古田島和美(こだじま・かずみ)先生が10月31日、病気のため死去した。

日本語教師の古田島和美先生が死去 作文コンクールで優秀指導教師賞を受賞

【日本僑報社発】長年中国で日本語教師として活躍し、現在は中国江蘇省の常州大学で教鞭を執っていた古田島和美(こだじま・かずみ)先生が10月31日、病気のため死去した。

古田島先生は1956年生まれ。1978年、愛媛大学教育学部を卒業後、愛媛・茨城の両県で32年間公立学校の教師を務めた。1995年から中国内モンゴル自治区の沙漠緑化活動に参加。その後、夫の中国赴任をきっかけに2010年4月から中国江蘇省の常州紡織職業技術学院、2013年9月からは常州大学にそれぞれ日本語教師として勤務していた。

日本僑報社・日中交流研究所主催の中国人の日本語作文コンクールでは、今年の第15回を含めて数多くの学生を上位受賞に導き、自身も「優秀指導教師賞」(3等賞以上の受賞者を育てた教師に対して授与される賞)を数次にわたり受賞するなど、その意欲的な指導には定評があった。

また2018年の第14回作文コンクールの受賞作品集に「私の日本語作文指導法」として「作文指導を通して思うこと―中国人学生の体験や思いを日本人に届けたい」と題したレポートを寄稿。「日本語作文コンクールは、彼らの思いを届ける大きなステージだ。彼らの思いを届けたい」と決意を述べた。

日本僑報社主催の第1回「忘れられない中国滞在エピソード」でも、応募作の「沙漠から学んだ――中国の人たちの逞しさと笑顔」で見事3等賞を受賞した。

ここに古田島和美先生のご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。


※「私の日本語作文指導法」

「作文指導を通して思うこと―中国人学生の体験や思いを日本人に届けたい」
http://duan.jp/jp/shido/029.htm

※ 第1回「忘れられない中国滞在エピソード」受賞者一覧
http://duan.jp/cn/2018shou.htm



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 日本僑報社
代表者名 段躍中
業種 新聞・出版・放送

コラム

    日本僑報社の
    関連プレスリリース

    日本僑報社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域