プレスリリース配信サービス

詳細検索

日本僑報社のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

http://jp.duan.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

段躍中編集長、立教大学・水上ゼミのオンライン授業で特別講義を行う

【日本僑報社発】日本僑報社の段躍中編集長は6月30日午後、立教大学の水上徹男教授(社会学部現代文化学科)のゼミの一環となるオンライン授業で、特別講義を行った

  • !2020年7月3日 17時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社の公式メルマガ「日本僑報電子週刊」・「日中中日翻訳フォーラム」の新規登録方法のご案内

【日本僑報社発】メルマガサービス「メルマ!」が2020年1月末をもってサービス終了しました。これに伴い、弊社の公メールマガジン「日本僑報電子週刊」及び付属する日中翻訳学院の公式メールマガジン「日中中日翻訳フォーラム」の配信を「まぐまぐ!」に一本化いたしました。

  • !2020年7月3日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • aサービス

宮本雄二・元中国大使が監修した若者が考える「日中の未来」シリーズ全六巻、好評発売中!

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、宮本雄二・元中国大使が監修し、日本日中関係学会(宮本雄二会長)が編集した「若者が考える『日中の未来』」シリーズの第6弾となる学生懸賞論文集『日本の若年層を中心とする対中世論改善の可能性』を刊行した。全国の書店やオンライン書店で好評発売中!

  • !2020年7月2日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

「中国研究月報」最新号、岡田実教授の新著『日中未来遺産-中国「改革開放」の中の“草の根”日中開発協力の「記憶」』を大きく紹介

【日本僑報社発】7月1日に届けた「中国研究月報」最新号は、拓殖大学・岡田実教授の新著『日中未来遺産-中国「改革開放」の中の“草の根”日中開発協力の「記憶」』を大きく紹介した。

  • !2020年7月2日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

日本30都道府県、中国14省市特別区、さらにフランス、チリからも。第3回「忘れられない中国滞在エピソード」の中間報告を発表

日本は30都道府県から、中国は14省市特別区からのご応募がありました。とくに今回初めて台湾省、香港特別行政区、マカオ特別行政区、さらにフランス、チリの在住者からもご応募があり、その広がりに感動しました。また9歳から91歳までと幅広い年齢層の方がご参加くださいました。「コロナと闘う」厳しい状況下にあって、皆様からの温かなご支援に深く感謝申し上げます。

  • !2020年7月2日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

日本僑報電子週刊第1416号発行、第3回「忘れられない中国滞在エピソード」、200本を超えるご応募に感謝!

日本僑報社の公式メルマガ「日本僑報電子週刊」第1416号は、7月1日に発行された。第3回「忘れられない中国滞在エピソード」、200本を超えるご応募に感謝などを掲載した。

  • !2020年7月1日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社のさまざまな出版事業や交流活動が、多くのメディアに取り上げられた「今月のメディア報道」<5月末~6月>

【日本僑報社発】日本僑報社のさまざまな出版事業や交流活動が、多くのメディアに取り上げられています。そこで毎月月末に、その1カ月に伝えられたメディア報道について、まとめてご紹介します。

  • !2020年6月29日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

女性が男性の約4倍に上り、圧倒的に多かった第16回「日本語作文コンクール」、主催の日本僑報社が発表!

【日本僑報社発】日本僑報社は6月24日、今年(2020年)の第16回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品集計を発表した

  • !2020年6月26日 12時
  • a広告・デザイン
  • a研究・調査報告

第16回「日本語作文コンクール」応募総数3438本に!日本僑報電子週刊第1415号が報告

6月24日(水)に発行した日本僑報電子週刊第1415号の報告によると、第16回「中国人の日本語作文コンクール」の応募総数は3438本と確定した。

  • !2020年6月25日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • aサービス

日本日中関係学会主催の「第9回宮本賞」募集要項発表、日本僑報社・段躍中編集長が推薦委員に

【日本僑報社発】日本日中関係学会(宮本雄二会長)は、若い世代に日本と中国、ないしは東アジアの世論をリードしてもらうことを目指し、今年第9回となる学生懸賞論文「宮本賞」の論文募集を行います。

  • !2020年6月24日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a告知・募集

好評につき増刷!『中国における日本文化の流行』『日中中日翻訳必携 実戦編3』など日本僑報社の人気書籍

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、同社の刊行書籍のうちロングセラーとして好評を博している2点について、増刷しました。

  • !2020年6月22日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

日本僑報社、読売・毎日・朝日新聞に日本僑報社の書籍広告を掲載

日本僑報社は、6月19日(金)と5月30日(土)付の読売新聞、6月6日(土)付の毎日新聞、6月13日(土)付の朝日新聞に、それぞれ書籍広告を掲載しました。

  • !2020年6月19日 17時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

【まだ間に合います】日中翻訳学院の中文和訳専門・高橋塾第7期の受講生募集!

日本僑報社・日中翻訳学院の「高橋塾」第7期が2020年6月よりスタートしました。翻訳家を目指す皆さんの最も根本的な基礎力となる、翻訳の基本テクニック8項目「増訳・減訳・転成訳・倒訳・分訳・合訳・代替訳・換言訳」を紹介します。

  • !2020年6月18日 13時
  • a教育
  • aサービス

日本僑報電子週刊第1414号発行、第3回「忘れられない中国滞在エピソード」の中間報告を掲載

6月17日、日本僑報社は公式メルマガ日本僑報電子週刊第1414号を発行し、第3回「忘れられない中国滞在エピソード」の中間報告を掲載した。

  • !2020年6月18日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

段躍中編集長、法政大学・田嶋ゼミのオンライン・インタビューを受ける

【日本僑報社発】日本僑報社の段躍中編集長は6月17日午前、法政大学の田嶋淳子教授(社会学部社会学科)のゼミの一環で、オンライン会議ツール・Zoomを駆使したインタビューを受けた。

  • !2020年6月17日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

新着プレスリリース

段躍中編集長、立教大学・水上ゼミのオンライン授業で特別講義を行う

【日本僑報社発】日本僑報社の段躍中編集長は6月30日午後、立教大学の水上徹男教授(社会学部現代文化学科)のゼミの一環となるオンライン授業で、特別講義を行った

  • !2020年7月3日 17時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社の公式メルマガ「日本僑報電子週刊」・「日中中日翻訳フォーラム」の新規登録方法のご案内

【日本僑報社発】メルマガサービス「メルマ!」が2020年1月末をもってサービス終了しました。これに伴い、弊社の公メールマガジン「日本僑報電子週刊」及び付属する日中翻訳学院の公式メールマガジン「日中中日翻訳フォーラム」の配信を「まぐまぐ!」に一本化いたしました。

  • !2020年7月3日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • aサービス

宮本雄二・元中国大使が監修した若者が考える「日中の未来」シリーズ全六巻、好評発売中!

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、宮本雄二・元中国大使が監修し、日本日中関係学会(宮本雄二会長)が編集した「若者が考える『日中の未来』」シリーズの第6弾となる学生懸賞論文集『日本の若年層を中心とする対中世論改善の可能性』を刊行した。全国の書店やオンライン書店で好評発売中!

  • !2020年7月2日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

「中国研究月報」最新号、岡田実教授の新著『日中未来遺産-中国「改革開放」の中の“草の根”日中開発協力の「記憶」』を大きく紹介

【日本僑報社発】7月1日に届けた「中国研究月報」最新号は、拓殖大学・岡田実教授の新著『日中未来遺産-中国「改革開放」の中の“草の根”日中開発協力の「記憶」』を大きく紹介した。

  • !2020年7月2日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

日本30都道府県、中国14省市特別区、さらにフランス、チリからも。第3回「忘れられない中国滞在エピソード」の中間報告を発表

日本は30都道府県から、中国は14省市特別区からのご応募がありました。とくに今回初めて台湾省、香港特別行政区、マカオ特別行政区、さらにフランス、チリの在住者からもご応募があり、その広がりに感動しました。また9歳から91歳までと幅広い年齢層の方がご参加くださいました。「コロナと闘う」厳しい状況下にあって、皆様からの温かなご支援に深く感謝申し上げます。

  • !2020年7月2日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

日本僑報電子週刊第1416号発行、第3回「忘れられない中国滞在エピソード」、200本を超えるご応募に感謝!

日本僑報社の公式メルマガ「日本僑報電子週刊」第1416号は、7月1日に発行された。第3回「忘れられない中国滞在エピソード」、200本を超えるご応募に感謝などを掲載した。

  • !2020年7月1日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社のさまざまな出版事業や交流活動が、多くのメディアに取り上げられた「今月のメディア報道」<5月末~6月>

【日本僑報社発】日本僑報社のさまざまな出版事業や交流活動が、多くのメディアに取り上げられています。そこで毎月月末に、その1カ月に伝えられたメディア報道について、まとめてご紹介します。

  • !2020年6月29日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

女性が男性の約4倍に上り、圧倒的に多かった第16回「日本語作文コンクール」、主催の日本僑報社が発表!

【日本僑報社発】日本僑報社は6月24日、今年(2020年)の第16回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品集計を発表した

  • !2020年6月26日 12時
  • a広告・デザイン
  • a研究・調査報告

第16回「日本語作文コンクール」応募総数3438本に!日本僑報電子週刊第1415号が報告

6月24日(水)に発行した日本僑報電子週刊第1415号の報告によると、第16回「中国人の日本語作文コンクール」の応募総数は3438本と確定した。

  • !2020年6月25日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • aサービス

日本日中関係学会主催の「第9回宮本賞」募集要項発表、日本僑報社・段躍中編集長が推薦委員に

【日本僑報社発】日本日中関係学会(宮本雄二会長)は、若い世代に日本と中国、ないしは東アジアの世論をリードしてもらうことを目指し、今年第9回となる学生懸賞論文「宮本賞」の論文募集を行います。

  • !2020年6月24日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a告知・募集

好評につき増刷!『中国における日本文化の流行』『日中中日翻訳必携 実戦編3』など日本僑報社の人気書籍

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、同社の刊行書籍のうちロングセラーとして好評を博している2点について、増刷しました。

  • !2020年6月22日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

日本僑報社、読売・毎日・朝日新聞に日本僑報社の書籍広告を掲載

日本僑報社は、6月19日(金)と5月30日(土)付の読売新聞、6月6日(土)付の毎日新聞、6月13日(土)付の朝日新聞に、それぞれ書籍広告を掲載しました。

  • !2020年6月19日 17時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

【まだ間に合います】日中翻訳学院の中文和訳専門・高橋塾第7期の受講生募集!

日本僑報社・日中翻訳学院の「高橋塾」第7期が2020年6月よりスタートしました。翻訳家を目指す皆さんの最も根本的な基礎力となる、翻訳の基本テクニック8項目「増訳・減訳・転成訳・倒訳・分訳・合訳・代替訳・換言訳」を紹介します。

  • !2020年6月18日 13時
  • a教育
  • aサービス

日本僑報電子週刊第1414号発行、第3回「忘れられない中国滞在エピソード」の中間報告を掲載

6月17日、日本僑報社は公式メルマガ日本僑報電子週刊第1414号を発行し、第3回「忘れられない中国滞在エピソード」の中間報告を掲載した。

  • !2020年6月18日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

段躍中編集長、法政大学・田嶋ゼミのオンライン・インタビューを受ける

【日本僑報社発】日本僑報社の段躍中編集長は6月17日午前、法政大学の田嶋淳子教授(社会学部社会学科)のゼミの一環で、オンライン会議ツール・Zoomを駆使したインタビューを受けた。

  • !2020年6月17日 16時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

企業情報

日本僑報社のロゴ

企業名

日本僑報社

所在地

豊島区西池袋3-17-15

代表者名

段躍中

URL

http://jp.duan.jp

業種

新聞・出版・放送

事業内容

出版社

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る