プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,663社の実績で国内NO.1

詳細検索

日本僑報社のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

http://jp.duan.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

日中翻訳学院の2つの塾「建国塾」「高橋塾」、同時受講申し込みを受付中

日中翻訳学院の2つの塾、日文中訳の「建国塾」と中文和訳の「高橋塾」が、同時受講申し込みを受付してます。最新号メルマガ日本僑報電子週刊が報告した。

  • !2019年6月17日 10時
  • a教育
  • a企業の動向

日本僑報社、コンクール専門メルマガ「日語作文大賽月報」第93号を配信、第15回「中国人の日本語作文コンクール」応募総数を報告

日本僑報社・日中交流研究所主催の第15回「中国人の日本語作文コンクール」は、5月31日をもって今年の応募を締め切りました。それを受けて本日、応募集計と団体応募数が50本以上の学校に贈られる「園丁賞」の受賞校を下記の通り発表しました(6月14日時点・中間集計)。

  • !2019年6月14日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

日本僑報電子週刊第1376号を配信、第15回「中国人の日本語作文コンクール」応募総数4350本超えるを報告

6月12日に配信された日本僑報電子週刊第1376号は、第15回「中国人の日本語作文コンクール」応募総数4350本超えるを報告した。

  • !2019年6月13日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

【園丁賞】第15回中国人の日本語作文コンクール「園丁賞」発表、34の大学が受賞

【日本僑報社発】日本僑報社は6月12日、日中青少年交流推進年に当たる今年(2019年)の第15回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品集計と、多数応募の学校を表彰する「園丁賞」の受賞校を発表した(同日時点)。

  • !2019年6月13日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

第15回中国人の日本語作文コンクール 応募総数4350本を超える!多数応募の学校を表彰する「園丁賞」も発表!

【日本僑報社発】日本僑報社は6月12日、日中青少年交流推進年に当たる今年(2019年)の第15回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品集計と、多数応募の学校を表彰する「園丁賞」の受賞校を発表した(同日時点)。

  • !2019年6月12日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

初の邦訳書、日本僑報社の最新刊『屠呦呦 中国初の女性ノーベル賞受賞科学者』 6月から発売へ

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、中国医薬から世界が待ち望んだ新薬を開発し、ノーベル賞を受賞した中国女性科学者の足跡を追う『屠呦呦(ト・ユウユウ) 中国初の女性ノーベル賞受賞科学者』を6月に刊行、発売することを決定した。

  • !2019年6月12日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

滔天会文化講演会 岡田実教授を招き“草の根”開発協力について7/6講演へ

【日本僑報社発】アジア解放という大志を抱き、中国の辛亥革命(1911年)を支えた日本の革命家、宮崎滔天(1871-1922年)の意志を汲む、民間の日中交流の集まり「滔天会」の文化講演会が2019年7月6日(土)午後、東京・西池袋のとしま産業振興プラザ(IKE・Biz)で開催されます。

  • !2019年6月11日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a告知・募集

日本僑報社の最新刊『新しい経済戦略を知るキーポイント 中国の新常態』6月から発売へ

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、中国の指折りの経済学者による『新しい経済戦略を知るキーポイント 中国の新常態』(李揚、張暁晶共著、日本語版)を6月に刊行、発売することを決定した。

  • !2019年6月10日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

日本僑報社、朝日新聞・読売新聞1面に広告出稿、各7冊の良書を紹介

【日本僑報社発】日本僑報社は6月4日付の「朝日新聞」「読売新聞」朝刊1面に、新刊・話題書情報を満載したサンヤツ(3段8ツ割)広告を出稿しました。

  • !2019年6月7日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社の最新刊『新しい経済戦略を知るキーポイント 中国の新常態』、本日から発売へ

6月5日に配信された日本僑報社の公式メールマガジン日本僑報電子週刊第一三七五号によると、同社の最新刊である『新しい経済戦略を知るキーポイント 中国の新常態』は、本日から発売されることとなった。

  • !2019年6月6日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

第2回「忘れられない中国滞在エピソード」募集、読売・毎日新聞が紹介

【日本僑報社発】日本僑報社主催の第2回「忘れられない中国滞在エピソード」の募集記事が6月5日付の「読売新聞」「毎日新聞」朝刊に掲載されました。読売新聞は、本事業の後援団体の一つです。

  • !2019年6月6日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

日本僑報社の段躍中編集長、立教大学で「ゲスト・スピーカー」に

【日本僑報社発】日本僑報社の段躍中編集長がこのほど、立教大学で「ゲストスピーカー」を務めることが明らかとなった。

  • !2019年6月4日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社、6月4日付けの朝日新聞と読売新聞一面に広告出稿、『永遠の隣人』など良書14冊を紹介

日本僑報社は、6月4日付けの朝日新聞と読売新聞一面に広告出稿、『永遠の隣人』『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』も『中国の若者が見つけた日本の新しい魅力』など良書14冊を紹介するとなった。29日に配信された日本僑報社の公式メールマガジン日本僑報電子週刊第1374号が報告している。

  • !2019年5月31日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

第15回中国人の日本語作文コンクール、応募作品1500本を突破、5月29日午後5時現在

5月29日に配信された日本僑報社の公式メールマガジン日本僑報電子週刊第1374号によると、現在受付中の第15回中国人の日本語作文コンクールは、5月29日午後5時現在、応募作品1500本を突破したと編集人の段躍中が読者に報告した。

  • !2019年5月30日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社の最新刊、『中国の新常態』など3点、6月から同時発売へ

ちょうどこうした折となる明日5月30日には、中国の孔鉉佑・新駐日大使が着任されます。日中関係改善の勢いがますます加速する中、弊社の出版物や交流事業がその一助としてお役に立つことができたら、と願っております。

  • !2019年5月29日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

新着プレスリリース

日中翻訳学院の2つの塾「建国塾」「高橋塾」、同時受講申し込みを受付中

日中翻訳学院の2つの塾、日文中訳の「建国塾」と中文和訳の「高橋塾」が、同時受講申し込みを受付してます。最新号メルマガ日本僑報電子週刊が報告した。

  • !2019年6月17日 10時
  • a教育
  • a企業の動向

日本僑報社、コンクール専門メルマガ「日語作文大賽月報」第93号を配信、第15回「中国人の日本語作文コンクール」応募総数を報告

日本僑報社・日中交流研究所主催の第15回「中国人の日本語作文コンクール」は、5月31日をもって今年の応募を締め切りました。それを受けて本日、応募集計と団体応募数が50本以上の学校に贈られる「園丁賞」の受賞校を下記の通り発表しました(6月14日時点・中間集計)。

  • !2019年6月14日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

日本僑報電子週刊第1376号を配信、第15回「中国人の日本語作文コンクール」応募総数4350本超えるを報告

6月12日に配信された日本僑報電子週刊第1376号は、第15回「中国人の日本語作文コンクール」応募総数4350本超えるを報告した。

  • !2019年6月13日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

【園丁賞】第15回中国人の日本語作文コンクール「園丁賞」発表、34の大学が受賞

【日本僑報社発】日本僑報社は6月12日、日中青少年交流推進年に当たる今年(2019年)の第15回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品集計と、多数応募の学校を表彰する「園丁賞」の受賞校を発表した(同日時点)。

  • !2019年6月13日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

第15回中国人の日本語作文コンクール 応募総数4350本を超える!多数応募の学校を表彰する「園丁賞」も発表!

【日本僑報社発】日本僑報社は6月12日、日中青少年交流推進年に当たる今年(2019年)の第15回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品集計と、多数応募の学校を表彰する「園丁賞」の受賞校を発表した(同日時点)。

  • !2019年6月12日 15時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

初の邦訳書、日本僑報社の最新刊『屠呦呦 中国初の女性ノーベル賞受賞科学者』 6月から発売へ

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、中国医薬から世界が待ち望んだ新薬を開発し、ノーベル賞を受賞した中国女性科学者の足跡を追う『屠呦呦(ト・ユウユウ) 中国初の女性ノーベル賞受賞科学者』を6月に刊行、発売することを決定した。

  • !2019年6月12日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

滔天会文化講演会 岡田実教授を招き“草の根”開発協力について7/6講演へ

【日本僑報社発】アジア解放という大志を抱き、中国の辛亥革命(1911年)を支えた日本の革命家、宮崎滔天(1871-1922年)の意志を汲む、民間の日中交流の集まり「滔天会」の文化講演会が2019年7月6日(土)午後、東京・西池袋のとしま産業振興プラザ(IKE・Biz)で開催されます。

  • !2019年6月11日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a告知・募集

日本僑報社の最新刊『新しい経済戦略を知るキーポイント 中国の新常態』6月から発売へ

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、中国の指折りの経済学者による『新しい経済戦略を知るキーポイント 中国の新常態』(李揚、張暁晶共著、日本語版)を6月に刊行、発売することを決定した。

  • !2019年6月10日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

日本僑報社、朝日新聞・読売新聞1面に広告出稿、各7冊の良書を紹介

【日本僑報社発】日本僑報社は6月4日付の「朝日新聞」「読売新聞」朝刊1面に、新刊・話題書情報を満載したサンヤツ(3段8ツ割)広告を出稿しました。

  • !2019年6月7日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社の最新刊『新しい経済戦略を知るキーポイント 中国の新常態』、本日から発売へ

6月5日に配信された日本僑報社の公式メールマガジン日本僑報電子週刊第一三七五号によると、同社の最新刊である『新しい経済戦略を知るキーポイント 中国の新常態』は、本日から発売されることとなった。

  • !2019年6月6日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

第2回「忘れられない中国滞在エピソード」募集、読売・毎日新聞が紹介

【日本僑報社発】日本僑報社主催の第2回「忘れられない中国滞在エピソード」の募集記事が6月5日付の「読売新聞」「毎日新聞」朝刊に掲載されました。読売新聞は、本事業の後援団体の一つです。

  • !2019年6月6日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a業績報告

日本僑報社の段躍中編集長、立教大学で「ゲスト・スピーカー」に

【日本僑報社発】日本僑報社の段躍中編集長がこのほど、立教大学で「ゲストスピーカー」を務めることが明らかとなった。

  • !2019年6月4日 10時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社、6月4日付けの朝日新聞と読売新聞一面に広告出稿、『永遠の隣人』など良書14冊を紹介

日本僑報社は、6月4日付けの朝日新聞と読売新聞一面に広告出稿、『永遠の隣人』『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』も『中国の若者が見つけた日本の新しい魅力』など良書14冊を紹介するとなった。29日に配信された日本僑報社の公式メールマガジン日本僑報電子週刊第1374号が報告している。

  • !2019年5月31日 12時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

第15回中国人の日本語作文コンクール、応募作品1500本を突破、5月29日午後5時現在

5月29日に配信された日本僑報社の公式メールマガジン日本僑報電子週刊第1374号によると、現在受付中の第15回中国人の日本語作文コンクールは、5月29日午後5時現在、応募作品1500本を突破したと編集人の段躍中が読者に報告した。

  • !2019年5月30日 13時
  • a新聞・出版・放送
  • a企業の動向

日本僑報社の最新刊、『中国の新常態』など3点、6月から同時発売へ

ちょうどこうした折となる明日5月30日には、中国の孔鉉佑・新駐日大使が着任されます。日中関係改善の勢いがますます加速する中、弊社の出版物や交流事業がその一助としてお役に立つことができたら、と願っております。

  • !2019年5月29日 14時
  • a新聞・出版・放送
  • a製品

企業情報

日本僑報社のロゴ

企業名

日本僑報社

所在地

豊島区西池袋3-17-15

代表者名

段躍中

URL

http://jp.duan.jp

業種

新聞・出版・放送

事業内容

出版社

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る