【実用書のご案内】日中中日翻訳必携 実戦編Ⅲ 美しい中国語の手紙の書き方・訳し方

日中翻訳学院の武吉次朗先生推薦、「こんな良書にもっと早く出会いたかった」「懇切丁寧な解説すぐに使える用語と約束事」「これに沿って手紙を書けば中国の友人が驚くに違いない」 (武吉次朗)

【実用書のご案内】日中中日翻訳必携 実戦編Ⅲ 美しい中国語の手紙の書き方・訳し方

日中翻訳学院の武吉次朗先生推薦、「こんな良書にもっと早く出会いたかった」「懇切丁寧な解説すぐに使える用語と約束事」「これに沿って手紙を書けば中国の友人が驚くに違いない」 (武吉次朗)

-------------------------------------------

書名:日中中日翻訳必携『実戦編Ⅲ』

著者:千葉明

出版:日本僑報社

判型:A5判 202頁

定価:1900円+税

発行:2017年12月1日

ISBN:978-4-86185-249-7 C0036

注文先 http://duan.jp/item/249.html

-------------------------------------------

【内容紹介】

この本は、「尺牘」と呼ばれる中国語手紙の構造を分析して日本人向けに再構成し、テーマ別に役に立つフレーズを厳選して、パーツとして活用できるように配置したものです。パズルを組み立てる要領で社交文ができあがるよう工夫を施してあります。近年再び評価が高まってきた文語表現に対応しており、読み解くための中日翻訳はもちろん、自在に書ける日中翻訳にも活用できます。

-------------------------------------------------------

マスコミに取り上げられたこの本の 書評はこちらhttp://jp.duan.jp/gaikou.html

-------------------------------------------------------

【著者略歴】

千葉明(ちばあきら) 1959年生まれ。東大法学部卒。外務省中国課勤務後、北京大学、カリフォルニア大学バークレー校(修士)に留学。二回の在中国大使館勤務、国際報道官、法務省入国管理局登録管理官等の後、在米大使館公使、在イラン大使館公使、日本学術会議事務局次長を経て在ロサンゼルス総領事。この間東大教養学部講師(中国語作文)。通訳案内士(英、仏、中)、中国政府ビジネス中国語検定BCTレベル5。

著書「日中体験的相互誤解」(日中対訳版、2005年)、訳書「何たって高三!」(2006年)ほか。


■翻訳必携シリーズのご案内■

★日中中日翻訳必携『基礎編』http://duan.jp/item/055.html

★日中中日翻訳必携『実戦編』 http://duan.jp/item/160.html

★日中中日翻訳必携『実戦編Ⅱ』 http://duan.jp/item/211.html

★日中中日翻訳必携『実戦編Ⅳ』 http://duan.jp/item/259.html
 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 日本僑報社
代表者名 段躍中
業種 新聞・出版・放送

コラム

    日本僑報社の
    関連プレスリリース

    日本僑報社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域