マーチオークシー、富山県初の「地域おこし企業人」として朝日町に社員2名を派遣、広告事業のノウハウ活かし過疎地域の活性化を目指す

合同会社マーチオークシーは、富山県初の「地域おこし企業人」として富山県朝日町に社員2名を派遣する協定を締結。本日、派遣協定締結式が行われました。「地域おこし企業人交流プログラム」制度とは、三大都市圏に勤務する企業等の社員を市町村に一定期間派遣してもらい、民間で培われたノはウハウや知見、人脈を活かしながら、地域独自の魅力や価値の向上などにつながる業務に従事してもらうもの。マーチオークシーでは、派遣期間中、同町の商工観光課、地域振興課地に所属し、域特産品の開発および販売促進に係るプロモーション、観光振興に係る情報発信、地 域経済循環に係る分析・研究事業のサポートなどに従事します。

 

合同会社マーチオークシー(本社:神奈川県藤沢市、代表:真弓幸久、以下「マーチオークシー」) は、総務省が実施する、地域の活性化に向けた「地域おこし企業人交流プログラム」制度により、社 員2名を富山県朝日町に派遣、2月1日に朝日町の町長及び当社代表出席のもと、派遣協定締結式が行 われました。 

 

 

朝日町は富山県の東端に位置する人口12,204人(平成30年4月1日現在)の町で、マーチオークシー では、これまでに観光イベントへの協賛や運営補助、広告プロモーションなどを通じて同町の観光振 興を支援して参りました。 

 

当制度を活用した人材の派遣は、朝日町及びマーチオークシーにとって初の試みであり、また、富山 県下でも初の制度利用事例となります。 マーチオークシーでは、これを機​に地域との連携を更に強化し、観光振興・特産品の販路拡大・雇用 の促進に取り組んで参ります。 

 

【派遣概要】

1.所属課室:商工観光課および地域振興課

2.期間:平成31年2月1日委嘱

3.業務内容:地域特産品の開発および販売促進に係るプロモーション、観光振興に係る情報発信、地 域経済循環に係る分析・研究事業のサポートなど 

 

「地域おこし企業人交流プログラム」とは 少子高齢化や人口減少対策として、大都市圏から地方圏に人の流れを創出することを目的に総務省が 推進している取り組みです。三大都市圏に所在する企業等の社員が、そのノウハウや知見を活かし、 地方自治体において地方創生につながる業務に従事することで地域活性化を図ります。 

 

マーチオークシーについて 社名は「町おこし」に由来します。「日本の過疎をなくす」を経営理念に掲げ、地元に人を集める 施策として新しいビジネスを創出するのではなく、既存の各種メディアを活用し、今すでに存在す るヒト・モノ・コトを輝かせる仕組み作りを行っています。 

 

【会社概要】

社名:合同会社マーチオークシー

ブランド名:地元法人マーチオークシー®

URL:https://mokoshi.jp/

所在地:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4 ビーチサイドビジネスセンター内

設立:2015年4月10日

代表:日本代表 真弓 幸久(まゆみ ゆきひさ)

事業内容:

1.広告代理店事業

2.WEBサイト制作事業

3.前各号に附帯または関連する一切の業務 

 

■本件に関するお問い合わせ

合同会社マーチオークシー:広報担当

TEL:070-4164-5793

e-mail:mokoshi@mokoshi.jp 

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 合同会社マーチオークシー
代表者名 真弓 幸久
業種 広告・デザイン

コラム

    合同会社マーチオークシーの
    関連プレスリリース

    合同会社マーチオークシーの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域