第8回世界盆栽大会の開催地さいたま市の新名物 さいたま大宮「盆栽煎餅 松・茸(竹)・梅」発売のお知らせ

さいたま市のお土産品の販売やコスプレイベントを手がける彩の国ブランドフォーラム株式会社(所在地:埼玉県さいたま市浦和区上木崎4-2-19、代表取締役:菩提寺由美子)は、彩の国優良ブランド品認定「ナポリタン煎餅」に続き 第8回世界盆栽大会へ向けてさいたま大宮新名物「盆栽煎餅 松・茸(竹)・梅」を発売致します。

2017年4月、第8回世界盆栽大会の開催地にも選ばれました さいたま市の新名物として「盆栽煎餅 松・茸(竹)・梅」を発売致します。

さいたま市の伝統産業にも認定されている 「大宮の盆栽」は 長い歴史を育み今では世界に広まり、日本の文化として「BONSAI」という国際語に定着しました。

 

「大宮の盆栽」の起源は一説には 関東大震災で被災した東京の盆栽業者が、盆栽づくりに適した広い土地、新鮮な水と空気を求めて移住したのが始まりとされ、世界にも例の少ない行政上の『盆栽町』と言う町名に 5軒の盆栽園があり、それぞれ特色ある盆栽を、繊細な手入れを施しながら仕立てて見る人の心を楽しませてくれます。

 

盆栽と言えばイメージされるのは「松・竹・梅」の縁起物。

松の代表でもある黒松・五葉松・赤松は盆栽では親しまれており、埼玉県最初の県営公園[大宮公園」には樹齢百年を超える[赤松]がそびえ、赤松の木の根元には「松茸」も生息します。

 

そこで独自の醤油ダレに「松と竹」をかけ「松茸粉末」を加え、「梅」をかけたシソ梅粉末を加え 醤油煎餅とは一味違った煎餅に致しました。

国産うるち米を100%使用し 表面には盆栽を育てる職人のように、青々しい盆栽をイメージして 国産の大葉を手仕事で一枚ずつあしらい ほのかな大葉の香りと 松茸と梅のお味が特徴です。

製造は さいたま市の鎌田米菓 箱詰め作業等も さいたま市内の心身障がい者地域支援センターの通所者と関係者が 心を込めて手仕事で担っております。

4月中旬 さいたま市内のイトーヨーカドー、イオン他で販売予定。

 

【今後の展望】

世界盆栽大会終了後も 盆栽の街大宮のPR商品として販路開拓致します。

 

彩の国ブランドフォーラム株式会社HP

http://www.yokoso-saitama.com

 

 

 

【彩の国ブランドフォーラム株式会社について】

 

本社:〒330-0072 埼玉県さいたま市浦和区領家7-17-10

ショップ旅彩ぷらざ:〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎4-2-19

代表者:代表取締役 菩提寺 由美子

設立:2010年5月10日

資本金:400万円

Tel:048-834-5030

Fax:048-762-6111

URL:http://www.yokoso-saitama.com

事業内容:土産品製造販売・コスプレイベント企画・木目込み人形作り体験講座開催

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 彩の国ブランドフォーラム株式会社
代表者名 菩提寺由美子
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    彩の国ブランドフォーラム株式会社の
    関連プレスリリース

    彩の国ブランドフォーラム株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域