アイキャッチ画像

応募・採用活動においてWeb化・オンライン化のニーズ高まる:株式会社ブレインアカデミーが私学教員採用における認識差を調査②

株式会社ブレインアカデミー(本社:東京都千代田区・代表取締役:今井 茂)は、私立学校教員(小・中・高)の採用・応募活動の実態及び活動に関して私立学校教員採用担当者・教員志望者(35歳以下の教員採用.jp登録者)・大学教職課程(就職・キャリアセンター)の3者を対象にアンケートを実施した。4月13日配信のニュースリリース第一弾【私学教員の人材要件として重要視していること】について(タイトル=志望者は「主体性」、採用側は「柔軟性」:株式会社ブレインアカデミーが私学教員採用における認識差を調査①)に引き続き、本リリースでは教員志望者が望ましいと考える応募方法やオンラインを活用した採用選考の状況等について報告する。応募~採用選考活動について、教員志望者からはWeb化・オンライン化へのニーズの高まりを感じる一方で、私立学校においては従来と同じ方法で実施している学校が多く、今後の対応が注目される。

■調査方法 : WEB回答フォームを利用した質問調査

■調査期間 : 2021年3月

■回答数:

35歳以下の「教員採用.jp」登録者(※1) 389名

私立学校     25校

教職課程を設置する大学   34大学

※1 株式会社ブレインアカデミーが運営する私学の教員採用支援・私学教員就職

に関するWEBサイト(私学の教員採用支援・私学教員就職のインフラ)

 

 

【応募方法について】教員志望者の第一希望はWEBフォームによる応募

■応募方法の実施状況と応募者の希望
・教員志望者が最も望ましいと思う応募方法はWEBフォームで45.5%となっており、電子メールと合わせると64.3%となる。しかしながら、私学が現状行っている応募方法は82.6%が郵送によるものであり、応募者の希望と差が大きい。

私立学校が実施している方法・教員志望者が希望している方法の比較【単位=%】

 

【オンライン選考について】「望ましくない」と思ったのはわずか9.4%

■オンライン選考
・オンラインでの選考を経験した教員志望者の内、45.3%は選考方法として「望ましい」と回答し、「望ましくない」と思ったのはわずか9.4%に留まっている。一方、私学において昨年度何らかの形でオンライン選考を実施した学校はわずか26%であり、今後の選考のオンライン化について十分検討の余地はあるものと思われる。

 

教員志望者:オンライン選考経験者の認識 【単位=%  / n=63】

 

【公開してほしい情報】教員志望者が欲しい情報は給与と待遇

■勤務したい学校を選ぶ際に、もっと学校に公開してほしいと思う情報
・もっと学校に公開してほしい情報として教員志望者が挙げた内容をみると「給与に関する情報」が特に多いことが見て取れる。また、教職課程の担当者からも、給与・契約・処遇面の情報についてもっと情報を公開してほしいとの声が寄せられた。
 

教員志望者:公開してほしい情報 自由記述頻出単語 【単位=回(記載回数)/ n=205】

 

※協力校以外については、大学・専修学校・高等学校を対象に有償で​頒布を実施

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社ブレインアカデミー
代表者名 今井 茂
業種 教育

コラム

    株式会社ブレインアカデミーの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域