アイキャッチ画像

第四回「世界の日本語学習者≪日本語作文コンクール≫」・「俳句」テーマに募集スタート!

【日本僑報社発】日本語教材の発行・寄贈活動などを通して、長年にわたり草の根の日本語交流活動を続ける大森和夫・弘子夫妻の国際交流研究所(東京・立川市)はこのほど、第四回「世界の日本語学習者≪日本語作文コンクール≫」の応募要項を発表した。

第四回「世界の日本語学習者≪日本語作文コンクール≫」・「俳句」テーマに募集スタート!

 

【日本僑報社発】日本語教材の発行・寄贈活動などを通して、長年にわたり草の根の日本語交流活動を続ける大森和夫・弘子夫妻の国際交流研究所(東京・立川市)はこのほど、第四回「世界の日本語学習者≪日本語作文コンクール≫」の応募要項を発表した。

 

 今回のテーマは「俳句」。

応募者は、日本語の「五・七・五の17音」で綴る定型詩「俳句」1句と「30字前後の説明文(季節・場所など)」をまとめて応募する。俳句の「題」は自由で、自然、社会、文化、日本・日本人、日本語学習といった幅広い対象から自由にテーマを選んで創作する。

俳句の決まりである「季語」がなくてもOKで、一人3句まで応募できる。

日本語を勉強・研究している外国籍の人であれば、誰でも応募可能だという。

 

一等賞受賞者(2人)には賞状のほか「海外在住者には日本招待8日間」「日本在住者には学習奨励金20万円」が授与される。

また二等賞(5人)、三等賞(15人)、努力賞(30人)にもそれぞれ賞状と学習奨励金が授与されるなど、豪華な賞品が用意されている。

 締め切りは、2020年12月31日(木)必着。

発表は、2021年4月、「国際交流研究所」ホームページで。

http://www.nihonwosiru.jp/

 

日本語を勉強・研究する外国籍の皆さんは、どしどしご応募ください!

 

■第四回「世界の日本語学習者≪日本語作文コンクール≫」

主催=大森和夫・大森弘子

後援=国際交流基金、朝日新聞社

協力=笈川幸司(中国在住・日本語教師)、段躍中(日本僑報社) (敬称略)

 

※ 応募要項やお問い合わせ先は、以下の公式サイトを参照のこと。

 ・国際交流研究所 公式サイト http://www.nihonwosiru.jp/

 

【主催者略歴】

◆大森和夫(おおもり・かずお)

1940年東京都生まれ。

東京都・九段高校卒。早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒。

朝日新聞記者(大分支局、山口支局、福岡総局、大阪・社会部、政治部、編集委員)を経て、1989年1月、国際交流研究所を開設。

 

◆大森弘子(おおもり・ひろこ)

1940年京都府生まれ。

京都府・西舞鶴高校卒。京都女子大学短期大学部家政学科卒。

京都府・漁家生活改良普及員(地方公務員・3年間)。

 

■「『日本』って、どんな国? 初の【日本語作文コンクール】世界大会 101人の入賞作文」

大森和夫・弘子(国際交流研究所)編著、日本僑報社刊

http://duan.jp/item/248.html

■『「日本」、あるいは「日本人」に言いたいことは?』 第二回・「世界の日本語学習者『日本語作文コンクール』」

大森和夫・大森弘子 主催・編著、日本僑報社刊

http://duan.jp/item/280.html

 

※ 大森和夫・弘子夫妻の著書、編著書、関連書籍(日本僑報社刊)

http://jp.duan.jp/214.html

http://duan.jp/item/oomori.html



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 日本僑報社
代表者名 段躍中
業種 新聞・出版・放送

コラム

    日本僑報社の
    関連プレスリリース

    日本僑報社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域