アイキャッチ画像

【注目】日本コロナ低被害の理由|亜種に感染し免疫獲得済でX発現? |BCGは無関係?|清潔・自粛・日本モデル成功は、いずれも根拠薄い?

ー消費者経済総研ー

■日本の新コロナ犠牲率(致死率)が、少ない理由 とは?        ファクターXは何か?

 

◆亜種のコロナ・ウイルスに感染済みで、免疫獲得した?

 ⇒これが最も有力か? 理由はアジアはxが多いから?

 

◆「BCG説」「衛生意識が高い」「まじめに自粛」「日本モデルが成功」

 ⇒ いずれも、根拠薄い? その理由 とは ?

 

◆2003年SARS流行などで、亜種コロナを、アジア人は経験済み?

 

◆アジア諸国と日本の比較では、日本の犠牲率が高い

 ⇒ SARSが、日本へ、上陸しなかったから?

 

◆新コロナは、想定よりも、脅威では、なかった?

 

◆アジアの被害は、イタリアの100分の1。アクセルとブレーキの見直しも検討?

 

◆アクセルは、社会活動・経済活動を活発化することで、ブレーキは、自粛等での感染警戒

 

◆基礎疾患のある方や高齢者には、引き続きケアを。一方で、若年等は社会活動を?

 

■本件テーマに関する「詳細編」は、≪下段記載URL≫をクリックして、ご覧下さい。

■消費と経済の「消費者経済総研」が、コロナ問題を連載する理由

  ー「ウイルス対策」は、「最高の経済対策」ー  

新型肺炎から、人々の健康・生命を守るため、コロナ・ウイルス対策は、重要なテーマです。  
同時に、経済を守るため、ウイルス対策は、同じく重要です。  

「ウイルスの制御や制圧」がされれば、激しく落ち込んだ「景気はV字回復」でしょう。  
つまり「ウイルス対策」は、「最高の経済対策」でもあります。  

消費と経済の消費者経済総研では、「経済対策」は、主たるテーマの一つであります。  
コロナ問題を、公衆衛生の問題としてのみではなく、経済問題として連載していきます。  

そのため、消費者経済総研は、コロナ関連テーマを、連載で、お届け致しています。

 

新型コロナウイルスに、罹患された患者さま、

被害に遭われた皆さま、影響を受けられた皆さま、

またその関係者の皆さまに、心より、お見舞い申し上げます。

 

■取材・出演の依頼  
番組での解説・出演・コメント、執筆・寄稿、講演・セミナー、取材等のご依頼は、  
お電話・メールにて、お願いします。  
(メディア関係者・企業・法人様への対応ですので、一般個人の方はご遠慮下さい。)

 

■【詳細の内容は?】  
消費者経済総研の公式サイト内に、本件の特設ページを掲出中です。  
詳細は、下記URLをご覧下さい。

http://retail-e.com/syouhisya-keizai-covid-factor.html

 

■当総研が提供する情報は、正確性・完全性・有効性・真実性・最新性等、何らの保証もなく、利用・活用は、利活用者の自らの判断・責任であり、損害が生じても当方は一切の責任を負いません。  

■【筆者プロフィール】  
松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント)  
 

*1986年 私立 武蔵高校 卒業  
*1987年 慶応大学 経済学部 入学  
      経済学部で、  
      ・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)  
      ・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済を専攻        経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究  
*1991年 慶応大学 卒業  
*現 在 消費者経済総研 チーフ・コンサルタント  (52歳)  
     <資格> ファイナンシャル・プランナー他



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 消費者経済総研
代表者名 松田優子
業種 その他サービス

コラム

    消費者経済総研の
    関連プレスリリース

    消費者経済総研の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域