冷感マスク第2弾。1枚240円で新発売。夏マスクで熱中症予防対策として対応。高齢者向け商品

法人向けの記念品を販売する株式会社スリーズコム。夏マスクが注目されておりますが、第1弾は完売となり、別商社の冷感マスクを新販売します。単価は1個240円。接触ナイロン地を使った布マスクで、不織布マスクと比較して冷たく感じるタイプです。6月から規制解除でも「マスク着用」がマナーとなっており、特に体力が乏しい高齢者などの施設などには最適なプレゼント品となります。

商品紹介

涼感マスク・冷感マスク1枚(接触ひにやり夏向け)第2弾

https://www.3scom.com/item/22003.html

 

 

<第1弾の夏マスク3万枚は3日間で完売>

5月中旬に販売した第1弾の夏マスクは、合計3万枚が1週間で即売するほどの人気。不織布マスクが在庫となり、次の衛生用品として夏マスクが注目された時に、ちょうど入荷の情報があったため、予約販売であったが、多くの業者が殺到し、たった3日間で完売。

 

しかし、夏マスクは季節商材という流れもあり、不織布マスクのように「在庫余り」となってしまう可能性があるため追加輸入がなく完売となりました。

 

 

 

<第2弾の冷感マスク。10円下げて240円で販売>

こうした中、別の輸入商社が決定。1個240円で販売可能。同じ程度の品質の冷感マスクを1個240円で6月末予約納品で販売スタートします。

 

基本は日本製の優れた1000円近い夏マスクと比較して、機能や品質では劣化しますが、単価相応としての価値は、少なからずあると判断します。

 

 

 

<コロナウイルス感染予防対策品ではなく、熱中症予防対策品へ>

記念品ストアーでは、今のマスク余りの流れから、7月からはコロナ感染予防対策品としての価値よりも、熱中症予防対策品の価値が上がると予想します。

 

その最大の理由が、「マスク義務着用」が、まだまだ、どの施設でもマナーとしてあり、特に高齢者などは、感染リスクが高いため、暑くても基本はマスク着用のまま、動くことが多いと予想します。

 

このため、学生や大人などは、それほど必要がないと思いますが、高齢者施設などを中心とした夏のプレゼント品としての価値が、急速に価値を持ち始めると判断します。

 

 

 

【スリーズコムとは】

埼玉県川越市で2001年に創業。企業向けのネット通販で、周年記念品や卒業記念品などを販売。専門店「記念品ストアー」にて販売中。従業員3人の零細企業。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社スリーズコム
代表者名 角田和司
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社スリーズコムの
    関連プレスリリース

    株式会社スリーズコムの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域