アイキャッチ画像

迷惑電話検索サイトのブログにてお役立ち情報を随時更新中!

インターネット上での電話番号検索ツールを手掛ける、tellows(所在地:Germany, Leipzig、代表取締役:Stefan Rick)では、ブログにて迷惑電話に関する記事を随時掲載しています。迷惑電話や詐欺対策にお役立てください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

米国で問題視されてきたロボコールの取り締まりを強化する法案が成立

-各機関が通信会社と連携しロボコールによる被害拡大を防止-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【記事の内容】

テーマ:「米国のロボコール遮断法案」

この法律は、連邦通信委員会(Federal Communications Commission以下FCC)が国民にロボコールから身を守る権利があることから、各通信会社が課金なしでロボコールを認識、ブロックできるサービスを顧客に提供するよう呼び掛けています。

■そもそも、ロボコールとは?

昨年の暮れに、特に話題となっていた米国でのロボコール関連の議論ですが、12月30日付でトランプ大統領が急増していたロボコール遮断を施す法律案に著名しました。ロボコールとは、電話を取ると自動メッセージが流れる手口の詐欺で、電話に出ると、詐欺グループが通話料金の一部を外国の通信会社から受け取ることで成り立っています。また、この自動メッセージが悪質で詐欺につながる場合がほとんどです。

■新法にあたる注意事項

しかしながら、この法律は、固定電話に対応できないため、異なる対策が急務であることや、政府や公共機関の電話番号に酷似する番号への対策も必要と考えられています。また、薬局からの処方箋の備念や学校からの天候による休校通知など、迷惑でないロボコールを識別できることも重要です。

FCC当局はこれでも抜け道を見つけ、詐欺を横行する業者があると見ていますが、消費者の迷惑電話についての認識、知識を広め、各キャリアのサービスによりロボコールの被害減少を試みています。

 

【まとめ】

世界的に迷惑電話は増加の傾向にあり、日本も例外ではありません。

日本では、昨年から目立ったワン切り詐欺に自動メッセージが流れ、通話時間を引き延ばし、通話料金をだまし取る手口が目立ちました。ロボコールのような手口はこの先、各国で増加と考えられており、対応に追われることが問題視されると予測できます。これにより、より危険にさらされる機会も増え、複雑化しています。日本では被害件数と金額ともに、減少傾向にありますが、凶悪な特殊詐欺が目立ちました。今一度迷惑電話についての情報や特殊詐欺の種類を認識いただき、対策を提案していきます。

 

【tellowsについて】

本社:Germany, Leipzig

代表者:代表取締役 Stefan Rick

URL:http://www.tellows.jp

事業内容:インターネット上での電話番号検索ツール



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 Netzberater UG
代表者名 Stefan Rick
業種 ネットサービス

コラム

    Netzberater UGの
    関連プレスリリース

    Netzberater UGの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域