2年の集大成を飾る広告が「信毎広告賞」特別賞を受賞!宝塚大学東京メディア芸術学部と伊那バス株式会社が行う産学連携事業で共同デザイン制作

宝塚大学東京メディア芸術学部が伊那バス株式会社との産学連携事業で制作した新聞周年広告が信濃毎日新聞の「第49回信毎広告賞」2019年10月特別賞を受賞いたしました。これまで、伊那バス株式会社の創業100周年記念事業の一環として、ラッピングバスなどの様々なデザイン制作を行い、今回が集大成となりました。広告は10月8日(火)、長野県内の新聞3紙に掲載。昭和30年頃の懐かしい写真と同社の感謝の思いを込めたキャッチコピーが評価されました。

宝塚大学東京メディア芸術学部が伊那バス株式会社(長野県伊那市)との産学連携事業で制作した新聞周年広告が信濃毎日新聞に掲載され、「第49回信毎広告賞」2019年10月特別賞を受賞いたしました。

 

本学と伊那バス株式会社は包括的連携協定を2017年12月に締結。渡邉哲意研究室はこれまで、同社の創業100周年記念事業の一環として、ラッピングバス、100周年記念ロゴマーク、記念グッズ、LINEスタンプなど、様々なデザイン制作を行ってまいりました。今回の新聞周年広告は、約2年に渡る取り組みの集大成となり、最後を飾りました。

 

広告は2019年10月8日(火)、長野県内の新聞3紙(信濃毎日新聞、長野日報、南信州新聞)に掲載。昭和30年頃の様子を切り取った1枚の写真をメインに、伊那バス株式会社のはじまりからこれからの思いを込めたコピーの作成やレイアウトを担当いたしました。

 

信毎広告賞は、消費者の暮らしと文化に貢献する清新で優れた広告活動を顕彰し、新聞広告の発展向上を図ることを目的に表彰を行っています。受賞広告は新聞一面を飾る15段・カラーが多い中、一面の三分の一にあたる5段・モノクロでの受賞となり、懐かしさや感謝の思いが伝わるキャッチコピーが評価されました。

■講評

創業100年を迎えた同社の「地域への感謝」を、東京の大学生たちが表現。

昭和30年ころの懐かしい写真に「お客様の思い出とともに歩んだ百年」というキャッチコピーがぴったりとはまっています。

 

■伊那バス株式会社 概要

・会社名:伊那バス株式会社

・代表者:藤澤 洋二

・所在地:長野県伊那市西町5208番地

・創業 :大正8年10月15日

・主な事業内容:高速バス・定期バス・貸切バス運行・OA機器販売・アグリ事業

・Webサイト :https://www.ibgr.jp/

 

< 宝塚大学 東京メディア芸術学部 概要 >

・所在地 :東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

・学部長 :北見隆

・アクセス:JR新宿駅西口から徒歩約5分

・設立  :2007年4月

・学科  :メディア芸術学科

・専門分野:イラストレーション、マンガ、アニメーション、ゲーム、メディアデザイン

・Webサイト   :https://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/

・メールアドレス:tokyo@takara-univ.ac.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)
代表者名 南部 英幸
業種 教育

コラム

    宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)の
    関連プレスリリース

    宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域