【参加無料・特典あり】『オフショア開発国「徹底比較」セミナー』 ベトナム、インド、バングラの人月単価・スキルセットは ?@DIGIMA BASE(10/15)

各国のオフショア開発企業が登壇!『オフショア開発白書』のデータと各社の実績から徹底比較! 日本企業のオフショア先・人気No.1の「ベトナム」…欧米企業のオフショア先として歴史と技術力のある「インド」…エンジニア人口が急増し、IT立国を目指す「バングラデシュ」…御社にピッタリのこれからのオフショア開発国を導き出します!

▼【80名限定】オフショア開発国「徹底比較」セミナー

https://www.digima-japan.com/seminar/offshore_hikaku_10_15/

 

単純なコスト削減手法ではなく、逼迫する国内エンジニアの代替リソース確保先として、ますます注目を集める「オフショア開発」――。 ほとんど全ての日本企業が何らかの形で「オフショア開発」を利用する未来は目の前まで来ています。

そんな「オフショア開発」の成功を担う重要なファクターとして、「どの国で行うか」があります。

近年、中国の人件費上昇やカントリーリスクの問題から、オフショア開発先の国はシフトが始まっています。なかでも注目されているのは「ベトナム」。国家としてITに力を入れ、優秀なエンジニアの数も豊富です。そして、日本IT企業の進出も急増し、ローカルのベトナム資本企業も日本の開発市場を開拓し始めており、ここ数年で急激に活性化しています。しかし、その反面、エンジニア単価の上昇なども目立ち始めてきました。

一方、国内リソースの減少から、COBOLやSAPなどを扱う案件のオフショア開発需要も増加しています。その担い手の急先鋒は「インド」といった欧米企業の案件を受けてきたオフショア開発国となっています。

そして、人件費がまだまだ安い「バングラデシュ」といった新興国への需要も起こり、ポストベトナムの動きも出始めています。

こうした中、「どの国で行うか」の選択肢は拡がり、各企業ごとの「最適」が出てきています。

そこで、今回は『「オフショア開発国」徹底比較セミナー』と題し、ベトナム、インド、バングラデシュについて解説いたします。各国の人月単価やスキルセット、エンジニアの特徴からオフショア開発成功の秘訣まで、余すところなくお伝えするプレミアムセミナーです。ぜひ奮ってご参加ください。

▼プログラム

14:30〜 受付開始
15:00〜15:20 はじめに 『オフショア開発白書』から読み解く日系企業の開発事情

      (株式会社Resorz)
16:15〜17:00 第2部 世界のR&Dセンター インドオフショア開発の魅力と成功のポイント     (株式会社エージェント)
17:05〜17:50 第3部 ポストベトナム最右翼! 

      バングラデシュオフショア開発の魅力と成功のポイント(株式会社BJIT)
18:00〜18:20 まとめ/質疑応答
18:20〜19:00 名刺交換/ネットワーキング

▼セミナー講師

■株式会社ハイペリオン

代表取締役瀬川 英則

経歴

PWCコンサルティング株式会社(現日本IBM株式会社)入社後経営分析及び、戦略作り、ITの導入コンサルティングの実施及びIBMとの合併に伴い営業効率向上を目的としたプロポーザルキット『Win Room Serviceの情報活用度診断』を構築そして、このモデルをビジネス特許申請。2006年ハイペリオンを設立、2017年ベトナムオフィスを開設。事務系BPOやシステムの開発等のサービスを提供する。

 

■株式会社エージェント

八並 嶺一

経歴

VR系スタートアップ創業後、株式会社エージェントへ入社。2019年にAGTECHLAB(インド)を設立。現在は、国内のオフショア開発責任者を担当している。 インド、ベトナム、ミャンマー、韓国でエンジニアの外国人採用事業の経験がある。

 

■株式会社BJIT

和島 健一

経歴

26歳の時にインドにバックパッカー旅行し、海外ビジネスに興味を持つ。2010年、JICA青年海外協力隊員としてバングラデシュ国に赴任し、IT講師として職業訓練学校にて勤務。2015年4月、株式会社BJITに入社し、バングラデシュエンジニア向け海外就業サイト「Global Jobs」を立ち上げ、現在は日本国内向けのITエンジニア人材派遣・オフショア開発・人材紹介サービスの営業マネージャーとして活動中。

▼セミナー詳細

【開催日時】:10月15日(火) 14時30分開場、15時00分~19時00分

【会場】  :DIGIMA BASE

                        東京都新宿区市谷八幡町2-1大手町建物市ヶ谷ビル3階

                        (JR総武線、東京メトロ南北線・有楽町線、都営新宿線 市ヶ谷駅より徒歩2分)

【定員】  :80名

【参加費】 :無料

【主催】  :オフショア開発.com

【参加方法】:下記ページからお申し込みください。

       https://www.digima-japan.com/seminar/offshore_hikaku_10_15/

▼「オフショア開発.com」とは?

各国優良オフショア開発企業を紹介オフショア開発に特化したマッチングサービスを提供しているサービスです。オフショア開発とは、ソフトウェア開発やWebシステム開発、また今流行りのスマホアプリ開発、Facebookアプリ開発、ソーシャルゲーム開発から、運用保守管理などを海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることで、開発コストを削減する手法のことを言います。 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の調べでは、日本企業の約45.6%が導入していると言われており、近年注目を集めている開発手法になります。

http://www.offshore-kaihatsu.com/

 

▼「DIGIMA BASE」とは?

「DIGIMA BASE」は、海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima~出島~」のリアル版サービスとして、東京市ヶ谷にて運営している海外ビジネス特化型コワーキングスペースです。海外ビジネスに必要な「情報/サービス(学び)」「ネットワーク(出会い)」そして「ワーキングスペース(仕事場)」を提供いたします。

https://base.digima-japan.com/

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

<お問い合わせ先>

株式会社Resorz(http://www.resorz.co.jp

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町2-1大手町建物市ヶ谷ビル3階

担当:オフショア開発.com 鷲澤

TEL:03-6228-1801 (平日10:00〜18:00)

Email:Press@resorz.co.jp

---------------------------------------------------------------------------------------------

<商標について>

「Digima〜出島〜」のロゴ、および「海外ビジネス支援プラットフォーム」の名称は、株式会社Resorzの登録商標、または商標です。なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。

登録商標番号(「Digima〜出島〜」のロゴ):5918017

登録商標番号(「海外ビジネス支援プラットフォーム」の名称):5918016

---------------------------------------------------------------------------------------------



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社Resorz
代表者名 兒嶋裕貴
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社Resorzの
    関連プレスリリース

    株式会社Resorzの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域