人工知能による希少難病の解明を目指す研究会を設立します

希少難病「脳脊髄液減少症」のメカニズム解明を促進

人工知能を用いて脳脊髄液減少症のメカニズム解明を目指す、脳脊髄液減少症データサイエンス応用研究会(所在地:埼玉県さいたま市、代表者:堀越 将)を2019年9月より設立します。

 

「脳脊髄液減少症データサイエンス応用研究会」

http://csfproject.dousetsu.com/

 

 

脳脊髄液減少症は患者数が少ないマイナーな難病です。病気のメカニズムは解明されておらず、2019年現在安全で有効な治療法はありません。

脳脊髄液減少症は2002年に医学会にて論文が発表されていますが、それ以来根本的な治療法が確立されていません。その背景には、患者数が少ないため研究を行う医師がほとんどおらずメカニズムの解明が進展しないと言う事実があります。その結果、患者たちは症状に苦しみつつも治療法の確立が望めない状況に置かれています。

 

そこで本研究会は、研究に必要な人員と予算を大幅に削減できる人工知能を開発しました。データサイエンスの立場から病気を分析、メカニズム解明へ貢献できる取り組みを行います。

 

本研究会は現在、9月中の正式な設立に向けて人工知能システムのテストを行っています。また、患者さんの参加を募集しています。

 

 

 

 

 

「脳脊髄液減少症データサイエンス応用研究会」

http://csfproject.dousetsu.com/

 

 

【脳脊髄液減少症データサイエンス応用研究会について】

 

代表者:堀越 将

設立:2019年9月1日(予定)

URL:http://csfproject.dousetsu.com/

事業内容:応用データサイエンスによる難病研究



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 脳脊髄液減少症データサイエンス応用研究会
代表者名 堀越 将
業種 医療・健康

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域