ナンキダイさん制作のホラーアドベンチャーゲーム『キミガシネ ─多数決デスゲーム─』が「少年エース」にてコミカライズ!宝塚大学東京メディア芸術学部卒業生の活躍

宝塚大学東京メディア芸術学部マンガ領域の2013年卒業生ナンキダイさんが制作しているホラーアドベンチャーゲーム『キミガシネ ─多数決デスゲーム─』の漫画連載が、3月26日(火)発売の月刊漫画雑誌「月刊少年エース」2019年5月号より始まります。今回の漫画化は「第20回えんため大賞×RPGアツマール」で同ゲームが大賞を受賞し、その副賞として実現いたしました。原作者ナンキダイさんはシナリオ作成からネームまでを担当しており、ゲーム本編にはないエピソードやキャラクターも登場予定です。

宝塚大学東京メディア芸術学部マンガ領域の2013年卒業生ナンキダイ(ペンネーム)さんが制作しているホラーアドベンチャーゲーム『キミガシネ ─多数決デスゲーム─』の漫画連載が、2019年3月26日(火)発売の月刊漫画雑誌「月刊少年エース」2019年5月号より始まります。

 

『キミガシネ ─多数決デスゲーム─』は、ゲーム投稿コミュニティサービス「RPGアツマール」で現在第2章前半まで公開されており、ランキング上位に立ち続けている大人気ゲームです。

 

今回の漫画化は「第20回えんため大賞受賞作品」として始動。2018年に実施された株式会社Gzブレイン・株式会社KADOKAWA主催「第20回エンターブレインえんため大賞」における新部門「えんため大賞×RPGアツマールPRESENTS えんため大賞 自作ゲームの部」で同ゲームが大賞を受賞し、その副賞として実現いたしました。

 

原作者であるナンキダイさんはシナリオの作成から、キャラクターのセリフや表情、漫画のコマ割りなど物語の大筋を決めるネームまでを担当しています。ゲームの世界観やキャラクターの個性はそのままに、ゲーム本編には出ていないエピソードやキャラクターも登場予定です。

 

 

■ゲーム概要 『キミガシネ ─多数決デスゲーム─』

多数決で選ばれた者が死ぬ。

集められた11人の人間が自分の生存をかけて舌戦を繰り広げるトークアクション・レトロホラー。

・RPGアツマールにて公開中。ダウンロード不要で、PCやスマホでプレイ可能。

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm3584

 

■ナンキダイ プロフィール

宝塚大学東京メディア芸術学部マンガ領域2013年卒業。

漫画家。ギャグ漫画『まじめ系クズの日常』が、講談社より第3巻まで発売中。

 

▼Twitter | ナンキダイ

https://twitter.com/nannkizum

 

▼月刊少年エース

https://web-ace.jp/shonenace/

 

< 宝塚大学 東京メディア芸術学部 概要 >

・所在地 :東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

・学部長 :北見隆

・アクセス:JR新宿駅西口から徒歩約5分

・設立  : 2007年4月

・学科  :メディア芸術学科

・専門分野:イラストレーション、マンガ、アニメーション、ゲーム、メディアデザイン

・Webサイト   :https://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/

・メールアドレス:tokyo@takara-univ.ac.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)
代表者名 北見隆
業種 教育

コラム

    宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)の
    関連プレスリリース

    宝塚大学 東京メディア芸術学部(新宿キャンパス)の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域