平成最後のお正月を寿ぐ「新春長唄囃子」を開催 平成31年1月6日(日) 三田屋本店―やすらぎの郷―(兵庫県三田市)

世界で初めての能舞台を持つステーキレストランである三田屋本店―やすらぎの郷―。新年最初のイベントとして、平成最後のお正月を寿ぐ「新春長唄囃子」を開催します。出演は杵家弥久輔氏ほか。長唄は歌舞伎の舞台音楽として始まり、明治以後には音楽として独立して演奏される機会も増え、音楽的に向上しました。この催しは弊社が目指す「地域の文化発信基地として三田屋本店」の中の一つです。新年ならではの特別な三田屋本店をお楽しみください。

世界で初めての能舞台を持つステーキレストランである三田屋本店―やすらぎの郷―。新年最初のイベントとして、平成最後のお正月を寿ぐ「新春長唄囃子」を開催します。

 

長唄は歌舞伎の舞台音楽として始まり、明治以後には音楽として独立して演奏される機会も増え、音楽的に向上しました。

 

この催しは弊社が目指す「地域の文化発信基地として三田屋本店」の中の一つです。新年ならではの特別な三田屋本店をお楽しみください。

 

【概要】

日時:平成31年1月6日(日)

12:00~12:45

13:15~14:00

18:00~18:45

19:15~20:00

会場:三田屋本店―やすらぎの郷―(兵庫県三田市武庫が丘7-5)

レストラン内ステージ

 

【出演者】

杵家弥久輔(きねいえ・やくすけ)

大阪芸術大学演奏学科邦楽長唄科 卒業

在学中は今藤長十郎に師事

昭和54年 杵家弥久輔名を許される

以来現在に至るまで、六世家元杵家弥七に師事

現在、長唄杵家派師範名取、社団法人長唄協会関西支部演奏委員、邦楽教育推進会関西支部委員

 

【料金】

「新春長唄囃子」には特別料金はいただいておりません。

三田屋本店―やすらぎの郷―でのお食事代金のみでお楽しみいただけます。

 

【三田屋本店-やすらぎの郷-について】

3万6千平方メートルの敷地に広がる落ちついた日本建築。250席を超すレストランの正面には本格的な能舞台「有馬能楽堂」を備え、夏から秋にかけて、薪能を定期的に上演しております。

こだわりのロースハムのオードブル、上質の和牛ステーキ。器は三田青磁、そして生演奏。充実したやすらぎの時間をお届けします。

 

【主催】

株式会社三田屋本店

 

【ご予約・お問合せ先】

三田屋本店―やすらぎの郷―

〒669-1544 兵庫県三田市武庫が丘7丁目5番

フリーダイヤル 0120-711-863(受付時間10:00~18:00)

TEL:079-564-4151

FAX:079-564-4152

https://www.sandaya-honten.co.jp/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社三田屋本店
代表者名 廣岡 賢治
業種 食品関連

コラム

    株式会社三田屋本店の
    関連プレスリリース

    株式会社三田屋本店の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域