一日だけの小さな町が実現する。職業体験から買い物までが出来る「ぷらっとほうむ」開催

ぷらっとほうむ実行委員会(実行委員長:今村裕司、事務局:大野町商工会 岐阜県大野町)は、地域商店や企業が提供する職業体験(はたらく)と地域通貨ぷらっとコインと買い物体験によって社会の仕組みを体験できる「第5回ぷらっとほうむ」を黒野駅レールパーク(岐阜県大野町)で開催します。来場者は500円のチケットを購入することでクレーン車の運転、水道屋や電気屋体験、そしてモノづくり体験など、地域商店や企業の提供する体験を2回体験する(はたらく)することが出来る。はたらくの後にはイベント内で使える地域通貨(100円相当の通貨)が給料として発行され、町の中で買い物の体験が出来る。

 

【イベント概要】

開催日程:2018年11月17日(土)

開催時間:展示ゾーン 10:00~16:00

開催場所:黒野駅レールパーク(岐阜県大野町黒野560-4)

駐車場は大野町役場周辺

開催内容:職業体験「はたらく」

名産品購入「かいものする」

各地から集まるフード「たべる」

参加料金:入場無料(体験は有料・チケット購入は当日券のみ)

http://plathome.me/

 

ぷらっとほうむ実行委員会(事務局:大野町商工会 ぷらっとほうむ実行委員会)

TEL:0585-32-0667 緊急:070-1610-0316 mail:wakuhoko@gmail.com

 

【取り組みの背景と狙い】

「自分たちにとって魅力的だと感じる事を追加して行こう。」その思いから集ったメンバーによって、ぷらっとほうむは年々入るメンバーによって思いを成長させ、「一日限りの小さな町を作ろう」というコンセプトへと成長しました。若手メンバーが中心になって「子どもたちが将来に夢を見られるように」「小さな子どもをもつ親御さんも安心して来られる場所」をと、小さな子どもも体験できるはたらく体験ができ、ぷらっとコインという独自通貨が生まれた。

なお、ぷらっとほうむには「つながろう ミライ広がる まちの駅」というコンセプトを併せ持っており、地域の資源や魅力、ヒトが数多く行きかい、つながり、広がって成長していくまちの拠点(プラットホーム)作りを目指します。

 

 

 

【今後の展開】

日本では今後地域の活性化は必要不可欠な課題です。ぷらっとほうむでは来場者も出店者も主催者も、みんなが楽しめるイベントを作る事で、全国でも同じ問題の解決を出来る答えを出せる可能性を大いに秘めていると考えております。業界や地域の垣根を超えた拠点(プラットホーム)が出来上がっていきつつある第5回ぷらっとほうむの開催に、ぜひご期待ください。

 

<カメラマンによるカメラ体験>          <前回の会場の様子>

 

主催:ぷらっとほうむ実行委員会

後援:大野町・大野町商工会・大野町教育委員会・NPOくろの

 

ぷらっとほうむ実行委員会(事務局:大野町商工会 ぷらっとほうむ実行委員会)

TEL:0585-32-0667 mail:wakuhoko@gmail.com

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社ミホロ
代表者名 今村裕司
業種 その他サービス

コラム

    株式会社ミホロの
    関連プレスリリース

    株式会社ミホロの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域