世界を騒がせた高速水着、あれから早8年・リオに向けて進化し続けた2016年の高速水着事情

日本中の注目が高い世界大会での水泳。そこで使用される高速水着が2016年各社からその新作が発売される中で、その違いをまとめたページをリリースいたします。

2016年は4年に1度開催されるスポーツの祭典(リオ)の年ということもあって各社が技術の粋を集めた高速水着を結集します。それだけに新しい高速水着の購入に頭を悩ませることも思います。

2008年の北京五輪のころを境に、身体を締め付けて体積を小さくすることによって水中での抵抗を減らすことが一番とされてきました。その当時の次々と世界記録を量産したレーザーレーサーの衝撃を今も記憶されている方も多いと思います。高速水着という言葉が生まれたのもこの時です。

フィルムを貼り付けた水着や、ラバー素材など、色んな水着が生まれましたが、選手ではなく水着に過度な注目が行き過ぎた事から、水着への規制が入り、それまでの高速水着がほとんど使えなくなりました。その規制によって、これまで量産された記録の更新は難しいとされてきました。

ですが、今も世界記録に始まり、さまざまな記録が次々と更新されています。これは選手の日々の積み上げ、そして選手の潜在能力を補助したメーカーの弛まぬ努力が隠れています。

 

さて、2016年の高速水着への傾向としては、各社ほぼ全社がソフトタイプを発売し始めたことが特徴的です。一昔前は高速水着の生地(布帛)は硬くてシャカシャカした紙のような生地感が特徴的でした。ですが、2016年発売される高速水着の多くは最初触った時に、それが布帛素材かニット素材かの区別がつかないことがあるのです。

それぐらいにハイパワーで着心地の良い生地を各メーカーが本気で開発しました。

 

一昔前は身体を少しでも締め付けた方がよい結果が出るとして、なるべく小さな水着を着用する傾向も見られましたが、各社の技術革新によって締め付け以上の結果を導きだす事に注力されたのです。

 

水泳選手へのサポート機能は、足の動きをコントロールしやすくする機能、バックキックをサポートするもの、潜在的に速い泳ぎを引き出す機能など、各競泳メーカーによって機能は多彩です。

 

今の高速水着は、各競泳水着メーカーが水泳選手の思いや研鑽に寄り添い、研究開発を続けてきたことによって生まれています。

 

 

 

2016年各社から販売される高速水着比較

http://www.rakuten.ne.jp/gold/proudswimmer/kousokumizugi.html

 

 

会社概要

株式会社ミホロ

〒501-0514 岐阜県揖斐郡大野町西方1120番地1

代表取締役:今村明治

水泳専門店MIHOROなど、水着ブランドの取り扱い販売

 

問い合わせ先

担当者:今村裕司



このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社ミホロ
代表者名 今村裕司
業種 その他サービス

コラム

    株式会社ミホロの
    関連プレスリリース

    株式会社ミホロの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域