薬草を、日々の暮らしに手軽に活かそう! 飛騨市薬草フェスティバル 開催(H30,9/8,9) ー250種以上もの薬草が自生する飛騨市でワークショップ、商品販売ー

聖徳太子の時代からあった、日々の暮らしに薬草を取り入れるという文化。今でいえば、仕事の合間に珈琲を入れて一息ついたり、家事をひと段落させて紅茶を飲んだり、私たちにリラックスや元気を与えてくれる大切な時間。そんな日々の余白に先人の知恵を借りて、自然の力である薬草を取り入れてみるのはいかが? ハーブティづくり等各種ワークショップと薬草ランチ(数量限定)、森の散策、美味しい楽しいプログラムを揃えた2日間です。

 岐阜県飛騨市に自生する薬草は実に250種以上、日本でも有数の

薬草の宝庫です。

この自然からの贈り物“薬草”の手軽な活かし方を紹介するワークショ

ップや薬草を使ったスイーツ試食や野草茶、花飴などの商品を揃えた

『飛騨市薬草フェスティバル』を、9月8,9日(土、日)、市内飛騨市

文化交流センターをメイン会場に開催致します。

(主催:飛騨市薬草フェスティバル実行委員会)

 

◇聖徳太子の時代から人々の暮らしに活かされていた薬草が、

楽しく美味しく身近になる2日間!

 『飛騨市薬草フェスティバル』1日目(9/8)では、薬草を日々の生活

に手軽に取り込める7つのワークショップを予定しています。

 みんな大好きな餃子に元気になれる薬草を加えた「薬草ぎょうざづ

くり」、日常でも馴染み深い“松葉”が変身!?「松葉サイダーづくり」

や、複数の薬草をブレンドして「お肌が喜ぶハーブティを作ろう♪」

ほか、リラックス効果ある薬草こけ玉づくり」など、意外に簡単な

薬草の取り入れ方をご紹介します。

 加え、Mother’s Houseの薬草ベーグルの販売、オリジナルジン

ジャードリンクやスイーツの試飲試食が出来るブースも出展します。

メイン会場近くの<蕪水亭おはこ>では、飛騨自生の薬草を使った

当フェス限定スペシャルランチ(限定20食)を提供、また、「メディ

カルハーブナイト」は、蕪水亭オーナーが長年の試行錯誤を重ねて

作り上げた美味しい薬草料理を堪能しつつ、さらに深く薬草の魅力に

触れられる特別企画(会場:蕪水亭)です。

 

 2日目は、地元で人気 Mother’s Houseの薬草ベーグルの手作り体

験や、薬草コンシェルジュと朝霧の森を薬草スイーツとハーブティの

おもてなし付で散策(朝霧の森散策)を開催。薬草を美味しく楽しく

体験できる2日間です。

 

<参考> 飛騨市薬草プロジェクトについて

 聖徳太子の時代から生活に活かされていた薬草を、

 薬草の宝庫であるこの地で活かそう!

飛騨市では、市内自生する薬草の調査をH13-H15に実施、

結果、250以上もの薬草が自生し薬草の宝庫ともいえる地で

あることがわかりました。これを活かし、日々の生活をもっ

と健康に、そして地域の活性化にもつなげていこうと、

薬草の取組みをスタートさせました。

古くは聖徳太子の時代から生活に活かされていた薬草ですが、

“苦い”“えぐい”“難しい”を払拭するために、市内有志が薬草の

権威に学びながら“美味しく”“やさしい”薬草料理やお茶、スイー

ツ、商品の開発を進めてきました。2014年にはNPOを立ち上げ、

国内の数地域で開催している<全国薬草シンポジウム>も本市で

2014年に開催されています。 『飛騨市薬草フェスティバル』は、

この活動をさらに浸透させ、薬草をもっと身近に取り入れて頂く

ために、2015年から毎年開催。美味しく楽しく、気軽に薬草を

知って戴く機会としています。

 

ー 飛騨市薬草フェスティバル 開催概要 ー

名称 : 飛騨市薬草フェスティバル 

    (ひだしやくそうふぇすてぃばる)

URL: https://www.city.hida.gifu.jp/soshiki/8/8086.html

期日 : 平成30年9月8日(土)、9日(日)

会場 : 飛騨市文化交流センター、飛騨市図書館、ほか

概要 : 9/8(土)

ワークショップ 

(会場表記がないWSは飛騨市文化交流センターホワイエで実施)

‐水戸黄門が愛用したクズの花玉づくり

 10:30/15:00 参加料 500円 ※定員 各10名

‐薬草と温泉の手ごね石鹸づくり

 10:00-16:00 ※最終受付 参加費 500円

‐薬草こけ玉づくり

 10:30/13:30 参加費 500円 ※定員 各10名

‐松葉サイダーづくり

 10:00/11:00/15:00 参加費 300円 ※定員 各10名

‐お肌が喜ぶ ハーブティを作ろう♪

 11:00/13:00

‐薬草ぎょうざづくり

 10:30/11:30/14:30 参加費 300円 ※定員 各10名

 -よもぎ団子づくり

   10:00-16:00 ※最終受付 参加費 500円

 

ワークショップ以外の催事

‐村上先生の映像上映会(故村上光太郎教授=元崇城大学教授 薬学博士)

   10:30/13:30 ※飛騨市で開催された教授の講演映像を上映   

   会場:飛騨市文化交流センターホワイエ

 ‐Medical Harb Night(交流会)

 18:00-20:30 参加費 5,000円 定員 50名(要予約)

 ※村上教授監修のもと、

  蕪水亭オーナーがこだわり作り上げた薬草料理を堪能しつつの会

 会場:蕪水亭

‐体に優しい薬草ランチ

 11:00-14:30 料金 1,000円 20食限定 

 会場:蕪水亭おはこ

‐ジンジャーシロップ試飲 無料※アンケート協力あり

  10:00-16:00  ※無くなり次第終了

  会場:飛騨市文化交流センターホワイエ

‐薬草スイーツ試食 

   ※過去の薬草スイーツコンテスト優勝作品の試食

    11:00/15:00 無料※アンケート協力あり 各100食

  会場:飛騨市文化交流センターホワイエ

 

物販ブース 10:00-16:00

 会場:飛騨市文化交流センターホワイエ

‐薬草ショップ

‐薬草ベーグル販売 無くなり次第終了

 

展示ブース  

‐アルプス薬品工業生薬標本展示 10:00-16:00

 会場:飛騨市文化交流センターホワイエ

‐葛草写真コンテスト結果発表 10:00-16:00

 会場:飛騨市文化交流センターホワイエ

‐薬草で元気! 9:00~20:00  

 会場: 飛騨市図書館

 

9/9(日)

‐薬草を使った手ごねベーグルづくり 会場 Mother’s House

   10:00/14:00/18:00 参加費 2,000円 

 定員 各5名 要予約(TEL090-6942-2880)

‐朝霧の森散策 薬草コンシェルジュが案内するウオーキングイベント

   10:00-12:00 参加費 1,000円 

 定員 20名 要予約(TEL0577-73-2531)

 

- 本件に関する、一般の方から、及び、報道関係からのお問合せ先 ―

岐阜県飛騨市総合政策課     TEL0577-73-2111(代)

                                     9:00~17:00(土、日・祝日、年末年始休)



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 飛騨市
代表者名 北村 和弘
業種 国・自治体・公共機関

コラム

    飛騨市の
    関連プレスリリース

    飛騨市の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域