"心が折れない英会話アプリ"でインバウンド誘致 ECC「おもてなCityへようこそ! 」自治体向けサービス開始

AI技術とオリジナルシナリオで"おもてなし英語力"養成

プレスリリースPDF版:http://www.ecc.co.jp/newsrelease/2018/20180330.pdf

 

 総合教育・生涯学習機関の株式会社 ECC(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山口勝美、以下 ECC)は、自社開発したAI(人工知能)搭載英会話アプリ「おもてな City へようこそ!」の自治体向けサービスを 2018 年 3 月に開始いたします。外国人観光客に地元の名所を英語で案内するオリジナルシナリオを提供するもので、ECC では本サービスを通じて「英語対応力向上を目指す自治体支援」と「アプリユーザー獲得」を目指します。

 

 

【本件のポイント】

・ECC は自社開発※した英会話アプリで「地方自治体へのインバウンド対策サービス」を始める

・英語が苦手な日本人の発音でも認識できる AI(人工知能)技術を生かして「英語のおもてなし力」を養成する

・第一弾として、日本一小さい町忠岡町(大阪府泉北郡)のオリジナルシナリオを公開(2018 年 3 月 24 日)

※ECC ICT 教育技術研究所で開発

 

【開発の背景】

グローバル人材の育成や増加する外国人観光客への英語対応力向上のために、「初心者でも楽しみながら実践力を身につけられる」自学用コンテンツのご提供希望があり、今回の開発にいたりました。地方自治体によるインバウンド対策の取り組みは活発化しており、実際の対話シーンに最適化したコンテンツにより、本アプリを課題解決の新しい選択肢としてご提案できればと考えております。

 

【心が折れない英会話アプリ「おもてな City へようこそ!」とは】

日本を訪れた外国人観光客の方を、英語で案内するシミュレーション型ゲームアプリ。“英語が得意でない日本人の発音でも認識できる対話エンジン”を搭載していることが特長で、英語学習初心者や発音に自信がない方でもスムーズに会話を進行でき、ストーリーを楽しみながら自然に対話力を身につけることができます。診断で弱点を確認しながら、自学が難しい「発話」のアウトプット量を確保できる点も学習者にはうれしいポイントです。(対応 OS:iOS10.0 以上、Android 4.4 以上)

公式ホームページ : https://omotena-city.com/

 

 

【サービス概要】

■商品名  

英会話アプリ「おもてなCityへようこそ!」自治体向けシナリオ

■内容

外国人へ地元の観光地を案内する英語対応力を養成するオリジナルコンテンツ(台本・画像)の提供

■対象

・インバウンド誘致、国内外への観光PRを促進したい自治体

・英語教育を充実させたい自治体

■公開

2018年3月 ※3月24日大阪府忠岡町シナリオを公開発表

■受付

ECC法人渉外事業部

TEL:06-6354-0023  (受付:平日 10:00~19:00)  

WEB:https://www.biz.ecc.co.jp/youji/youji_pr/

※自治体向けサービスを選択ください

■関連

忠岡町との取り組み

https://www.biz.ecc.co.jp/download/ app_ecc_tadaoka.zip

https://www.biz.ecc.co.jp/youji/case/case06/

 

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社ECC
代表者名 山口勝美
業種 教育

コラム

    株式会社ECCの
    関連プレスリリース

    株式会社ECCの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域