岐阜県飛騨市で400年の伝統を繋ぐ「古川祭」今年もいよいよ間近に! 男たちがぶつかり合う勇壮な“起し太鼓”と雅な“祭屋台”が見どころ<H30年4/19,20>

飛騨市古川町では、4月19日20日、江戸時代から伝統をつなぐ祭「古川祭」が行われます。“古川やんちゃ”な半股引の男たちが勇壮な攻防を繰り広げる<起し太鼓>に鼓動を揺さぶられ、豪華絢爛そのものの雅な<祭屋台>に目を奪われる2日間です。(於:飛騨市古川町市街地)

 飛騨市古川町では、4月19日20日、江戸時代から伝統をつなぐ

祭 古川祭が行われます。“古川やんちゃ”な半股引の男たちが勇壮

な攻防を繰り広げる<起し太鼓>に鼓動を揺さぶられ、豪華絢爛

そのものの雅な<祭屋台>に目を奪われる2日間です。

 

◇江戸時代を起源とする気多若宮神社の例祭 古川祭

 古川祭は飛騨市古川町にある気多若宮神社の例祭であり、神社で

執り行われる神事、古式ゆかしい<神輿行列>と雅な<屋台行列>、

そして、その勇壮さで知られる<起し太鼓>、これら“静”と“動”の

行事で構成される 400 年もの伝統を受け継ぐ祭です。「起し太鼓・

屋台行事」は2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録、また、

祭として国の重要無形文化財に指定されており、文化的にも高い評

価を受けています。

古川祭<起し太鼓>

 

気多若宮神社 鳥居

 19日20:30頃、主事組の総代による祝い唄をきっかけに、古川祭

の華<起し太鼓>が満を持して執り行われます。

<起し太鼓>は、20日の本楽祭の開始を告げるため、19日深夜から

太鼓を打ち鳴らし、氏子地内を巡ったことに由来する行事です。

“起し太鼓主事※1”と称される主事組に担がれた大太鼓をのせた櫓は

厳かな”祝い唄”と太鼓の乱れ打ちによる「打ち出し」ののち(於:

まつり広場)、太鼓と「よいしょーっ」という掛け声と共にまつり

広場を出発します。

※1=起し太鼓の櫓を担ぐ「主事組」は 慣例の抽選祭で決められる

 

  主事組の高張提灯と、丸子提灯を手にした同組の老若男女・子供

総出の賑やかな提灯行列に先導された櫓に、通りの辻々から突っ

込んでくるのが、“付け太鼓”と呼ばれる小太鼓を担いだ各組の半

股引姿の男たち。男たちで担ぐ“付け太鼓”を我先に櫓の真後ろに

つけようと、他の組の男たちや主事組の櫓を守る後衛(こうえい)た

ちと激しい攻防を繰り広げ、男たちのぶつかり合いと観客の盛り上

がりに起し太鼓の熱気が最高潮に達します。この勇壮な競り合いは、

数ある日本の祭のなかでも迫力ある祭行事として知られ、飛騨古川

の男性の気質を表わす“古川やんちゃ”にちなみ「やんちゃ祭り」

とも称されています。

 

◇美しく精巧に進化し、独自の屋台芸術を築いた飛騨祭屋台

 <起し太鼓>と双璧をなす古川祭の見どころは、絢爛豪華な<祭屋

台>です。“飛騨の匠の技の結晶”“動く陽明門”とも評されるその美し

さは、京・江戸、東西文化の見事な融合によって生まれました。

当初、江戸から単層で移入された原型が飛騨の匠たちの技によって

高められ、のち、京からからくり人形の文化が伝えられると重層と

なり、さらに飛騨独自の三段構造へと進化。ここに塗師の技術と京

からの金具と織物の美が加えられ、芸術の域に達するほどの雅な祭

屋台がつくられました。

時代絵巻を彷彿とさせる<屋台曳行>

 19日の朝、全9台の屋台はそれぞれの屋台蔵から曳き出され、

それぞれの町内を巡ります。翌20日は、早朝から祭り広場に曳揃え

られ、獅子舞・からくり人形・子供歌舞伎が奉納されます。その後

全ての屋台が屋台が大横丁に移動し、その様はまるで時代絵巻を紐

解いているかのように艶やかです。そして、夕刻になると、屋台は

提灯を灯しながら厳かに町内を曳行され、宵闇に照らし出される豪

華なその姿は、日中とは違った幽玄さを感じさせます。

 

 

<神事>、<御神輿巡行>、<起し太鼓>、<屋台曳行>、二日間に渡っ

て様々に繰り広げられる古川祭は、飛騨の地に受け継がれてきた文

化の重みを感じさせます。

「古川祭」の概要については、別紙をご参照ください。

 

古川祭について-

◎古川祭の起源

江戸時代、現在の古川の中心街の礎を築いた金森可重(かなもり

ありしげ)が城の鬼門の鎮護をする神として、杉本社、高田神社を

現在地に遷座合祀したのが起源と伝えられています。

 

◎起し太鼓の花形“太鼓打ち”

櫓の上で大太鼓を打つ、起し太鼓の花形ともいえる太鼓打ち。

一生に一度しか経験できない大変名誉あるこの役には、地域に

貢献した若者10名が抜擢されます。太鼓を叩くバチは太鼓打ち自

らが柳でつくり、当日に臨みます。

 

◎9台の祭屋台

東西の屋台文化と飛騨の匠の技が融合された祭屋台は、各町(各

組)でそれぞれに特徴があり、約250年前に創建されたと伝えら

れる<金亀台>が古川祭屋台の最古とされています。

現存する<神楽台><青龍台><白虎台><清曜台><麒麟台>

<龍笛台><三光台><鳳凰台><金亀台>の9台の屋台のうち、

<青龍台>と<麒麟台>はからくりを披露、<白虎台>では子供歌舞

伎が行われ、子供たちが「橋弁慶」を舞います。

飛騨古川の風情ある町並みを巡行する屋台曳行は、まさに時代絵

巻を思わせる絢爛さです。

古川祭 祭屋台(9台)

◎屋台蔵

屋台と共にこの地の価値ある文化財であるのが屋台蔵。

町内に点在する各蔵は、江戸からの技術が駆使された造りで、

高さ6,7メート幅1,6メートルもの重厚な土扉を2か所の

蝶番だけで支えています。100年以上経った現在でも、

くるいも生じず、秀逸な当時の職人技が活きた建物です。

 

◎古川やんちゃ

「人情味がありがむしゃらで、ひたむき。一度決めたらとことん

までやり通す。そして、古川祭を通して培われたその共同体意識で

古川の町を支える」男たちをしめす。

古川祭のように力強さと繊細さを持ち合わせた、魅力的な古川の男

たちの総称

 

「古川祭」概要

「古川祭」(ふるかわまつり)   

公式HP URL= https://www.hida-kankou.jp/event/15/article/

開催日    :平成30年4月19,20日(木,金)

会  場  :岐阜県飛騨市古川町市街地 (岐阜県飛騨市古川町)

問合せ先 :(一社)飛騨市観光協会 TEL0577-74-1192  ※一般・報道関係とも

概  要  : 4月19日(木)【試楽祭】

        8:00   屋台曳行※ 9台の屋台がそれぞれの町内で曳行

        9:30   奉幣祭 気多若宮神社にて神事執行

                   12:00   神幸祭 (獅子舞と闘鶏楽の奉納)

                   13:00   ・御神輿巡行 気多若宮神社大鳥居から出発

                                          (各町内を回り、夕刻にまつり広場内の御旅処へ)

                   15:00頃  各屋台が屋台蔵へと帰還

 

                   19:30    夜祭

                                           -御旅所内で、神楽、お祓い、祝詞を奉上

                    20:00   起し太鼓 出立祭

                    20:30   起し太鼓 打ち出し

 

                    00:30   起し太鼓 打ち収め

 

                   4月20日(金)【本楽祭】

                      8:00   御神輿行列

                                          -町内を巡行し、14:00頃御旅所へ帰還

                                          屋台曳揃え(まつり広場に9台すべての屋台曳揃え)

                                          獅子舞、からくり、子供歌舞伎奉納

                    10:30頃    屋台行列(まつり広場から大横丁へ移動)

                    12:00頃    真宗寺付近に曳揃え 順次、獅子舞、からくり、子供歌舞伎奉納

                    14:00頃    夜祭(よまつり)の準備のため各屋台蔵へ解散

                    16:00頃    御神輿が気多若宮神社に帰還

                                         -神遷しが執り行われ、獅子舞・闘鶏楽を奉上

                    17:30          夜祭(曳揃え)

                    18:00頃  提灯を灯し、屋台曳行

                    19:30頃  曳別れ

                   ※時刻はいずれも予定時刻です

 

- 本件に関する、

一般の方から、及び、報道関係からのお問合せ先 ―

 

(一社)飛騨市観光協会 ℡0577-74-1192

または、

   岐阜県飛騨市観光課    ℡0577-73-2111㈹

     8:30~17:15(土、日・祝日、年末年始休)

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 飛騨市
代表者名 北村 和弘
業種 国・自治体・公共機関

コラム

    飛騨市の
    関連プレスリリース

    飛騨市の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域