プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都府舞鶴市万願寺地区の「万願寺」から命名した「万願寺甘とう」が「地理的表示(GI)」に登録されました!

舞鶴市

! 2017年8月1日 14時

京都府舞鶴市は、万願寺とうがらしの発祥の地であり、大正末期から続く一大生産地で、大型・肉厚で“辛くない”とうがらし「万願寺甘とう(まんがんじあまとう)」の主産地です。舞鶴市万願寺地区の「万願寺」から命名した「万願寺甘とう」が、先ごろ、国が知的財産として保護し、地域ブランド産品の品質を保証する「地理的表示(GI)」に、京都府内で初めて、また野菜としては近畿圏で初めて登録されました。

平成29年8月1日

舞鶴市観光まちづくり室観光商業課

###############################

《海の京都・舞鶴》

舞鶴発祥の“辛くない”大型とうがらし「万願寺甘とう」

国が知的財産として保護し、地域ブランド産品の品質を保証する

「地理的表示(GI)」に登録されました!

###############################

 京都府北部に位置し、日本海に面する舞鶴市(市長:多々見良

三)は、万願寺とうがらしの発祥の地であり、大正末期から続く

一大生産地で、大型・肉厚で“辛くない”とうがらし「万願寺甘とう

(まんがんじあまとう)」の主産地として、現在も舞鶴市内生産者

による年間出荷量は全体の約5割を占めています。

 先ごろ、舞鶴市万願寺地区の「万願寺」から命名した「万願寺

甘とう」京都府内で初めて、また野菜としては近畿圏で初めて

「地理的表示」(GI:Geographical Indication)に登録され

ました。登録日は平成29年6月23日、「地理的表示」の登録番号は

第37号です。

「地理的表示」に登録された舞鶴発祥の万願寺甘とう

 今回、産品名称である「万願寺甘とう」が「地理的表示」に登録

されたことによって、国は「万願寺甘とう」を知的財産として保護

し、地域で長年培われた生産方法や気候・風土・土壌などの生産地

の特性により、高い品質と評価を獲得した地域ブランド産品として

の品質を保証すると共に、不正な地理的表示の使用を取り締まり

ます。

 また「万願寺甘とう」には、地理的表示産品であることを

証する「GIマーク」の使用が認められ、国がその品質等を保証する

産品として、消費者は安心して購入することができます。

 

 舞鶴市は、舞鶴特産の「万願寺甘とう」が「地理的表示」に登録

されたことを契機に、全国に向けて「万願寺甘とう」の認知向上

活動を積極的に展開すると共に、類似品との差別化を図り、より

一層のブランド価値を高めてまいります。

万願寺甘とうのPRキャラクター「あまとくん」

●「万願寺甘とう」とは‥‥

 舞鶴市万願寺地区を発祥の地とする「万願寺とうがらし」は、

京都の在来品種である「伏見とうがらし」と北米原産の大型の

ピーマン「カリフォルニア・ワンダー」の自然交配によって誕生し

たと考えられており、気候・風土・土壌などの生産地の特性に

よって、万願寺地区特有の在来種として認知されるようになり

ました。

 昭和58(1983)年、舞鶴中筋農協(現JA京都にのくに)は

「甘とう部会」を発足させ、栽培や出荷のルール、共同選果の

仕組み、品質の基準づくりを行い、平成元(1989)年には、それ

まで品種(万願寺とうがらし)で呼ばれていた商品名を「万願寺

甘とう」と命名し、本格的な生産・出荷をはじめました。

 栽培エリアは、生産がはじまった大正末期は舞鶴市万願寺地区の

約30戸ほどでしたが、戦後は舞鶴市全域に広がり、平成16

(2004)年~18(2006)年にかけて綾部市と福知山市に拡大

しました。

 全国に普及した大型とうがらしの中でも、辛いものが混ざら

ない優良品種「万願寺甘とう」を、本年度(平成29年度)は

422戸で栽培を行っており、出荷は11月下旬まで続きます。

作付面積と生産量は、昭和58(1983)年度が86a(0.86ha)で

約16トン、平成28(2016)年度には1,662a(16.62ha)で

約560トンに拡大して生産しています。

 なお、現在の出荷先はJA京都にのくに管轄地区を含む京都市場

が8割、首都圏1割、その他が1割です。

 

 「万願寺甘とう」は、平成元(1989)年、公益社団法人京の

ふるさと産品協会(所在地:京都市南区東九条西山王町)が京野菜

類の全国的普及を目指し、京都の伝統野菜類のうち比較的量産が

可能で市場対応ができる野菜を京ブランド野菜として指定する

「京のブランド産品」の第1号に認証されました。

 また、平成20(2008)年7月には「地域団体商標」(登録:

第5150710号、権利者:全国農業協同組合連合会)に登録され、

JA京都にのくに(名称:京都丹の国農業協同組合、本店所在地:

綾部市宮代町、管轄:舞鶴市・綾部市・福知山市)管内で生産・

出荷するものだけが「万願寺甘とう」を名乗ることができ、

他産地に同じものは存在しない産品と認められました。

 

●「地理的表示」とは‥‥

 地理的表示(GI:Geographical Indication)とは、「万願寺

甘とう」のような農林水産物・食品等の名称であり、その名称から

産品の産地を特定でき、品質等の確立した産品の特性が産地と結び

ついていることが特定できる産品の名称表示のことです。

 地理的表示に登録されると、日本の地理的表示産品であることを

証する「GIマーク」の使用が認められると共に、基準を満たす生産

者だけが登録された名称を使用できます。

GIマーク

●地理的表示保護制度とは‥‥

 地理的表示保護制度とは、品質や社会的評価その他の確立した

特性が産地と結びついている産品について、その名称を知的財産

として保護する制度で、国際的に広く認知されており、

世界100か国以上の国で導入されています。

 日本でも「地理的表示保護制度」を創設するため、地理的表示

(GI)が付されている産品について、その地理的表示を知的財産

として保護する「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律」

(通称:地理的表示法)が、平成26(2014)年6月18日に成立

されました。

 農林水産省は、平成27(2015)年5月1日から施行された「地理

的表示法」に基づき、全国から申請受付を開始。同年12月22日

から平成29(2017)年6月23日までに、「万願寺甘とう」(京都

府)を含む26道府県の38産品を登録しました。

 

【地理的表示に登録された「万願寺甘とう」の概要】

名 称

 万願寺甘とう(まんがんじあまとう)

登録年月日

 平成29年6月23日

登録番号

 第37号

生産地

 京都府舞鶴市、綾部市、福知山市

   ※京都府内で初の登録

区 分

 第2類 野菜類 その他果菜類(とうがらし(青とう))

   ※野菜類として近畿圏で初の登録

登録生産者団体

 全国農業協同組合連合会

生産方法

 〔品種〕

   「京都万願寺2号」を用いる。

 〔栽培の方法〕

   京都府舞鶴市、綾部市、福知山市において、上記の品種を

   用いて促成栽培、半促成栽培、雨除け栽培、露地栽培により

   栽培する。

 〔出荷規格〕

   生産者は出荷時に外見を特に重視し、長さが10cm~23cm

   あり、「万願寺甘とう」の特徴である肩部のくびれと

   やや湾曲した果形であるものを選別し、出荷する。

参 考

 農林水産省 地理的表示保護制度(GI)の登録産品一覧

 (更新日:平成29年6月23日)

 http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gi_act/register/

一般の方からの問い合わせ先

 舞鶴市 産業振興部 農林課

 電話:0773-66-1023(直通)

 

※参考1:

「万願寺甘とう」のお取り寄せ、注文などのお問い合わせ先

 JA京都にのくに(京都丹の国農業協同組合)営農経済部

   所在地:京都府綾部市宮代町前田20番地

   電話:0773-42-1814

   公式HP: http://www.ja-kyotoninokuni.or.jp/

※参考2:舞鶴市の紹介

 舞鶴市は、縄文時代から交易の要所として繁栄し、明治34

(1901)年の舞鶴鎮守府(旧海軍の統括機関)の開庁以来、日本

海側で唯一の軍港都市として発展してきました。

 市内は、戦国武将・細川幽斎が築いた田辺城の城下町として

古い町並みが残る「西地区」。平成28年度の「日本遺産」に認定

された旧海軍ゆかりの「赤れんが倉庫群」など、近代化遺産が

数多く残る「東地区」を中心に形成されています。

 現在、市内沿岸部には海上自衛隊舞鶴地方総監部、第八管区

海上保安本部が設置され、「海上自衛隊」と「海上保安庁」の拠点

が同一の市に設置されている《全国で唯一》の都市です。

 また、舞鶴は戦後13年間にわたり、海外から約66万人の引揚者

を迎え入れた「引き揚げのまち」でもあります。平成27(2015)

年10月、舞鶴引揚記念館が所蔵するシベリア抑留と引き揚げに

関する資料570点がユネスコの「世界記憶遺産」に登録されました。

 人口:82,417人(平成29年7月1日現在推計人口)

 面積:342.12㎢(平成28年4月1日現在)

 市長:多々見良三(たたみ・りょうぞう)

舞鶴市地図

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

舞鶴市

代表者名

多々見良三

業種

国・自治体・公共機関

プレスリリース情報

ジャンル

農林水産

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

京都府舞鶴市は、11月12日(日)10時から「まいづる赤れんが地場産市場」を舞鶴赤れんがパークで開催!地元食材を使ったご当地グルメや新鮮な農水産物が大集合!
! 2017年11月9日 18時
京都府舞鶴市は、10月21日(土)から「旧軍港四市 日本遺産WEEK」を開催!舞鶴鎮守府にまつわる施設を特別に一般公開します!
! 2017年10月19日 15時
京都府舞鶴市に新たなご当地グルメ「まいづる海自カレー」が誕生!市内12店舗で販売を開始しました!
! 2017年8月30日 16時
京都府舞鶴市の人気スポット・舞鶴赤れんがパークでは、7月28日(金)~8月16日(水)までの毎日、「舞鶴赤れんがサマーイルミネーション2017」が開催されます!
! 2017年7月28日 15時
京都府舞鶴市は、大連市友好都市提携35周年を記念した企画展『中国の塼』を7月20日から開催。「万里の長城」のれんがなど、通常は非公開の24点を含む28点を展示。
! 2017年7月3日 13時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る