プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

K 農林水産に関するプレスリリース

農林水産のプレスリリースが805件見つかりました。このページでは「JA、就農、農業法人、森林、漁村、産地直送、食育、スローフード、無農薬、有機野菜、農業ベンチャー」など、農林水産に関する最新プレスリリースを47000社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された農林水産のプレスリリースを探すことができます。

日本国内初となる『オリーブ人工授粉実験』の経過について

京都府宮津市で国内では初となる『オリーブの人工授粉実験』が5月から行なわれている。今年早くも変化が現れ始めた。

オリーブオイル宮津

  • !2017年10月13日 16時
  • a農林水産
  • a研究・調査報告

アミタ、青森県立五所川原農林高校が管理する森林にて、FSC® FM認証審査を実施(10/12.13)。高校生による国内初事例となる当審査を、メディア公開します

アミタ株式会社は、青森県立五所川原農林高等学校(以下、同校)が管理する森林(所有者は一般財団法人大東農園勤学会)に対し、責任ある森林管理を認証する「FSC®森林管理(FM)認証審査」を、2017年10月12日(木)13日(金)に実施します。 国内では高校生による初審査事例となる(世界初となる可能性もあり、現在調査中)この認証審査の模様を、メディアの皆様へ公開(10月13日)します。審査現場への立ち会いの他、認証当事者である同校の先生・生徒さんおよび認証審査員へのご取材が可能です。

アミタホールディングス株式会社

  • !2017年10月6日 16時
  • a農林水産
  • a企業の動向

「アグリノート」と「NEC GAP認証支援サービス」の連携について

ウォーターセル株式会社とNECソリューションイノベータ株式会社は、ウォーターセルが提供する農業ICTツール「アグリノート」とNECソリューションイノベータが提供する「NEC GAP認証支援サービス」の連携を、2017年内の提供開始に向けて取り組むことを発表しました。ふたつのシステムの連携により、生産者は「アグリノート」に記録した農作業記録や農薬・肥料の使用記録等を「NEC GAP認証支援サービス」上でも活用できるようになります。ウォーターセルとNECソリューションイノベータは、生産者により効率よく、農業生産活動とGAP認証の取得に取り組んでいただけるよう、連携サービスの提供を進めていきます。

ウォーターセル株式会社

  • !2017年10月4日 10時
  • a農林水産
  • a提携

アグリノート 日本GAP協会推奨システムに!~マップ上で圃場、作業場所をわかりやすく管理。作業履歴は各種トレーサビリティにも対応~

クラウド型農業支援サービス「アグリノート」を中心に農業に関するシステムを開発・運営するウォーターセル株式会社の主力サービスである「アグリノート」が、このたび一般財団法人日本GAP協会より、同協会が推奨する農場管理システムの決定をいただきました。アグリノートをご利用いただくことでJGAP/ASIA GAPの導入および継続の負担が軽減され、基準に則した適切な農場管理を実践する、食の安全や環境保全に取り組む農場として、消費者や食品流通関連より信頼の獲得に繋がることが期待されます。

ウォーターセル株式会社

  • !2017年10月4日 9時
  • a農林水産
  • aサービス

マルハニチロ調べ パートナーが幻滅してしまう魚の食べ方 1位は「骨や皮がお皿に散乱」

10月10日は「魚(とと)の日」です。そこで、マルハニチロ株式会社(https://www.maruha-nichiro.co.jp/)(所在地:東京都江東区豊洲3-2-20 代表取締役社長 伊藤 滋)は、2017年9月9日~9月11日の3日間で、全国の20歳~59歳の男女に対し、「魚の日に関する調査2017」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

ネットエイジア株式会社

  • !2017年10月3日 15時
  • a農林水産
  • a研究・調査報告

メディアで話題!?青森初の特A米「青天の霹靂」と「つがるロマン」「まっしぐら」にちなんだ「青天のロマンにまっしぐら」キャンペーン開始!

JA全農あおもりは、10月7日(土)から、平成29年産の青森米「青天の霹靂」の新米発売に合わせて、「青天のロマンにまっしぐら」キャンペーンを実施致します。

JA全農あおもり

  • !2017年10月3日 11時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

農業領域でのIoT・人工知能活用を牽引するファームノート、福岡市に「西日本支社」を開設〜酪農・畜産が盛んな西日本地域に向けて、農業ICTの提供をさらに強化〜

ファームノートは2017年10月2日、福岡市博多区に西日本支社を開設いたしました。これまでファームノートは北海道・東日本を中心に運営を行ってまいりましたが、IoTや人工知能などの先端技術を農業に利活用することに注目が集まる昨今、西日本全域の農家からのお問い合わせが急増していることから今回の支社開設にいたりました。地域の酪農・畜産農家に対して更なる生産性向上や効率化のお手伝い、地元での積極採用による雇用創出にて、微力ながら地域活性に貢献したいと考えております。

株式会社ファームノート

  • !2017年10月2日 11時
  • a農林水産
  • a企業の動向

2020年東京オリンピックでの食材供給も視野に国際規格「GLOBAL G.A.P.」「Asia GAP」認証同時取得

石坂産業株式会社(本社:埼玉県入間郡、社長:石坂典子)の農業部門・石坂ファームは、「安全・安心でおいしい農産物」を皆さまに提供していくため、「GLOBAL GAP」、「ASIA GAP」を同時認証取得いたしました。「環境保全」と「食の安全」に関わる持続可能な生産管理を実践することで、取り組みのレベルを上げていくことを目指します。

石坂産業株式会社

  • !2017年9月30日 15時
  • a農林水産
  • a企業の動向

10月1日は「日本酒の日」!「全国一斉 日本酒で乾杯!」を開催

日本酒造組合中央会(東京都港区:会長 篠原成行)は、10月1日(日)に日本酒の美味しさや乾杯の楽しさを味わっていただくイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!」を開催します。また本年は、東京会場となる明治記念館でのイベントにおいて、日本酒の魅力を同世代に伝え、一緒に乾杯していただける20代の方を先着で100名募集します。(URL:https://kampai-sake.jp/main/index/ )

日本酒造組合中央会

  • !2017年9月13日 16時
  • a農林水産
  • a告知・募集

<千葉県内初>温泉熱を利用した環境配慮型ハウスにて高糖度トマトハウス栽培  ~大蓉ホールディングス株式会社 新規農業参入のお知らせ~

農業未参入法人向けに農業参入支援をしている銀座農園株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:飯村 一樹、以下銀座農園)は、土木建築事業・運輸事業・環境事業を行っている大蓉ホールディングス株式会社(本社:埼玉県川口市、代表取締役社長:西田 喜代子、以下大蓉ホールディングス)に対し、農業参入オールインワンシステムのサービス提供するに至りましたので、下記にお知らせします。

銀座農園株式会社

  • !2017年8月30日 16時
  • a農林水産
  • a企業の動向

カラスの目には光って見える!特殊塗料を使用したカラスの忌避プレート「カラスこないDE!」を株式会社サンライフ(大阪市鶴見区)が提供開始

ゴミ置き場のカラス…気になりませんか?カラスの目には光って見える特殊塗料でカラスを忌避するプレート「カラスこないDE!」を株式会社サンライフ(大阪市鶴見区)が提供開始

株式会社サンライフ

  • !2017年8月29日 16時
  • a農林水産
  • a製品

農業×ITで農家の課題解決を図る「できる.agri」プロジェクト開始~川崎市、マイクロソフトら9社・団体で実行委員会を結成、啓発活動を展開~

アグリテック企業である株式会社ルートレック・ネットワークス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:佐々木伸一、以下 ルートレック)はこの度、ITを活用した農業の新しい姿を紹介することで、農業および生産者が抱える課題をITの力で解決するための取り組み「できる.agri」(できるドットアグリ)プロジェクトを開始いたします。

株式会社ルートレック・ネットワークス

  • !2017年8月29日 15時
  • a農林水産
  • a提携

地図を活用して獣害の悩みを解決!「やるシカない!」 ~GISのマップクエスト~

野生動物による農作物や森林の被害問題を解決する 獣害対策支援アプリ「やるシカない!」はシカの出現予測、罠の設置に役立ち、被害防止に活用されています。

株式会社マップクエスト

  • !2017年8月23日 15時
  • a農林水産
  • a製品

復活を遂げた幻の地鶏!噛んでも噛んでも旨みが尽きない会津地鶏が700円で!?

じゅわ~っと滴る「幻の会津地鶏をつかったネギソース弁当」を8/21(月)100食限定で販売-in神田駿河台のお弁当屋-。肉の臭みがなく、パサつきがなくジューシー、旨みの溢れ出てくる「会津地鶏」は、近年まで絶滅寸前の危機にありましたが、本来持った生命力と奥会津の自然と匠に支えられ、会津地方では復活を遂げた幻の地鶏としてブランド化に成功しました。そんな会津地鶏を販売まで一社ですべて行なう「会津地鶏みしまや」は、会津の地鶏だけに留まらず野菜や米などを大消費へ販売、販路拡大する方法を模索しています。比内鶏、名古屋コーチン、宮崎地頭鶏など日本三大鶏といわれている地鶏を超えるような地鶏を育てていきたいと強く語る、東京農大卒の同社社長は、神田駿河台という東京のど真ん中で日本の食と農を応援している「NPO法人食農研センター」と協力し、限定100食で「会津地鶏のネギソース弁当」を特別価格にて販売PRします。

株式会社みんなの農業

  • !2017年8月15日 13時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

国際基督教大学の学生とコラボ「三鷹の農作物を使ったオリジナルドリンクを学生と開発」~第1弾は第50回みたか阿波おどりで「みたかベリー」を販売~

Code for Mitaka/Musashinoが運営するまちなか農家プロジェクトは、三鷹の農家が生産した農作物を使ったオリジナルドリンクを開発し、第50回みたか阿波おどりおよび国際基督教大学のICU祭に出店・販売します。

Code for Mitaka / Musashino

  • !2017年8月12日 17時
  • a農林水産
  • aサービス

京都府舞鶴市万願寺地区の「万願寺」から命名した「万願寺甘とう」が「地理的表示(GI)」に登録されました!

京都府舞鶴市は、万願寺とうがらしの発祥の地であり、大正末期から続く一大生産地で、大型・肉厚で“辛くない”とうがらし「万願寺甘とう(まんがんじあまとう)」の主産地です。舞鶴市万願寺地区の「万願寺」から命名した「万願寺甘とう」が、先ごろ、国が知的財産として保護し、地域ブランド産品の品質を保証する「地理的表示(GI)」に、京都府内で初めて、また野菜としては近畿圏で初めて登録されました。

舞鶴市

  • !2017年8月1日 14時
  • a農林水産
  • a企業の動向

「とっとRichキン」レストランフェア開催や駅弁の発売、「とっ鶏年のとり鉄列車」の運行(募集開始)について

2017年が酉年(とっ鶏年)であることにちなみ、鳥取県産鶏肉等の販路拡大を進めるとともに、「とり」にちなんだご当地グルメの開発等を進めるため、「今年はとっ鶏年!とっとRichキン」として鳥取県産の鶏肉の魅力を発信します。この中で、7月28日(にわとり)から、鳥取県内の飲食店22店舗で「とっとRichキン」レストランフェアを開催するとともに、鳥取県産の鶏肉や卵を活用した駅弁を発売します。また、若桜鉄道及び智頭急行で、イベント列車「とっ鶏年のとり鉄列車~鳥鉄・鶏鉄・撮り鉄の旅~」を運行し、車内や到着地で鳥取や鶏にまつわるイベントを開催します。

鳥取県市場開拓局食のみやこ推進課

  • !2017年7月24日 11時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

~「アグリノート」に収支管理機能が加わり大幅にバージョンアップ~コスト計算と出荷記録による収支管理機能を公開

クラウド型農業支援サービス「アグリノート」を中心に、農業に関するシステムを開発・運営するウォーターセル株式会社は、主力サービスである「アグリノート」のコスト計算機能を大幅にバージョンアップした「収支管理機能」を、2017年7月20日(木)に公開致しました。収支管理機能は、農作業記録に付随する「コスト計算機能」と、従来の収穫記録に基づいた「出荷記録機能」を追加し、農場経営の指標となる収入と支出を『見える化』するものです。作業実績に紐づいたコスト計算による支出の管理と、新たに追加された出荷記録による収入の管理がアグリノート上で行われることで、事務作業を軽減や出荷管理の明確化を実現。収支をわかりやすく確認していただけます。ウォーターセルでは今後も農場経営の改善に寄与するシステムを開発、提供していきます。

ウォーターセル株式会社

  • !2017年7月21日 12時
  • a農林水産
  • aサービス

福岡ぶどうフォトコンテスト2017「大好きなあなたと福岡ぶどう」開催中!

福岡ぶどう(JA全農ふくれん)では現在、福岡ぶどうフォトコンテスト2017「大好きなあなたと福岡ぶどう」をインスタグラムにて開催中です(~8月31日迄)。応募作品の中から優秀作品に選ばれた10名様には福岡ぶどう(巨峰)をプレゼント。また応募総数が500件を超えた場合は、抽選で5組10名様にホテル日航福岡総料理長プロデュース「オリジナル福岡ぶどうスイーツお食事券」を進呈いたします。

福岡ぶどう販売促進委員会

  • !2017年7月21日 10時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

稲わらや地域の草刈りで出た雑草、山林の木々や放置竹林等の未利用資源から低コストで可燃性ガスを回収する革新技術

稲わらや地域の草刈りで出た雑草、山林の木々や放置竹林等が有効利活用でき、環境や里山保全問題の解決にもなる新しい革新技術で地域を活性化します。

株式会社ヨネクニ

  • !2017年7月10日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

c地域特集

ï開く è閉じる

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る