プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

K 農林水産に関するプレスリリース

農林水産のプレスリリースが915件見つかりました。このページでは「JA、就農、農業法人、森林、漁村、産地直送、食育、スローフード、無農薬、有機野菜、農業ベンチャー」など、農林水産に関する最新プレスリリースを53000社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された農林水産のプレスリリースを探すことができます。

食と農のワークショップ-農家と栄養士のトークショーin太陽のマルシェ勝どき-

11/10,11(土日)に行われる太陽のマルシェですが、太陽のマルシェを運営している代官山ワークス様からご提案があり、メルカード東京農大と関係者、また東京農大卒業の関連会社(生産者や醸造家など)を中心とした「農大マルシェ」を行うことになりました。同イベントでは管理栄養士で福島県観光大使の食のワークショップなどを企画しております(ブースはW3です)。

株式会社みんなの農業

  • !2018年11月9日 10時
  • a農林水産
  • aその他

セイノーHD×ファームシップ:中京地方で複合機能型植物工場稼働へ

株式会社ファームシップは、セイノーホールディングス傘下の東海西濃運輸株式会社との包括的業務提携に基づき、岐阜県土岐市での新規植物工場の運営を開始します。1階部分が物流センター、2階部分が植物工場として新規に建設される、大規模植物工場としては世界初の複合機能型植物工場で、2019年6月に稼働開始を予定しています。

株式会社ファームシップ

  • !2018年11月7日 10時
  • a農林水産
  • a企業の動向

森づくりに取り組む各地の森林ボランティア団体を応援できるチャリティーアイテムを11月5日(月)から1週間限定販売

 京都発のチャリティー専門ファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』(京都)は森林ボランティア団体・森林所有者・市民・行政関係者・企業とをつなぎ、新しい社会システムとしての「森とともに暮らす社会」の創出を目指して活動する「NPO法人森づくりフォーラム」(東京)と提携し、オリジナルデザインを製作。チャリティー付きのアイテムとして、11月5日(月)から11月11日(日)まで、JAMMIN ECサイト(jammin.co.jp)で1週間限定にて販売いたします。

JAMMIN合同会社

  • !2018年11月5日 18時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

【オリザ鹿児島ファーム・ファームフェス・太陽ガス・鹿児島こども食堂ネットワーク】鹿児島のこども食堂のこども達が地元企業の協力を受け、芋掘りとバーベキューを体験

オリザ鹿児島ファーム株式会社(本社:鹿児島県いちき串木野市、代表取締役:小平勘太、以下オリザ鹿児島ファーム)と、かごしまこども食堂・地域食堂ネットワーク(鹿児島県鹿児島市 代表:園田愛美) は、太陽ガス株式会社(本社: 鹿児島県日置市、代表取締役小平竜平)がオリザ鹿児島ファーム内に契約する太陽ガスファームにて、鹿児島市の「森の玉里子ども食堂」を利用しているこども達と、その近隣にある母子生活支援施設の小中学生とお母さん、職員さん約20名を招待して、農業収穫祭のイベントを実施しました。

オリザ鹿児島ファーム株式会社

  • !2018年11月1日 9時
  • a農林水産
  • a企業の動向

伊勢桧を使用した木製品mo-ku(モーク)

三重県飯高町で材木業を営むマルゴ株式会社が、伊勢の木を使用した小物や家具などの新ブランド「モーク」を立ち上げました。木のぬくもりを感じる幸福感を伝えたくて、ひとつの小物から大切に職人が手作りしています。

マルゴ株式会社

  • !2018年10月31日 10時
  • a農林水産
  • a製品

JAISAスマートアグリシンポジウム in 松江 開催のお知らせ

農業の課題をITで解決する「スマートアグリ」に取り組む企業が、最先端のスマートアグリ事例紹介と最新ソリューションの展示を行います。

日本農業情報システム協会

  • !2018年10月30日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

どのMY漁師に私の牡蠣を託そう??宮城県石巻の漁師直送で送られてくる牡蠣大満喫のメンバーシップ制度「カキの環」、Makuakeで第3期メンバー募集開始

一般社団法人ピースボートセンターいしのまき(代表理事:山元崇央)は、2018年10月24日(水)より、クラウドファンディングサイトMakuakeにて、専任漁師を選べる牡蠣メンバーシップ制度「カキの環(わ)」でメンバーの募集を開始いたします。

一般社団法人ピースボートセンターいしのまき

  • !2018年10月25日 9時
  • a農林水産
  • a告知・募集

「paditch summit 2018」 開催のお知らせ

この度、株式会社笑農和(本社:富山県滑川市、代表取締役:下村豪徳、以下 笑農和)は、2018年11月14日(水)、富山市インテックスカイホールにて「paditch summit 2018」を開催する事をお知らせ致します。 今回初開催となる、「paditch summit 2018」は実際にIoTを活用した機器に触れていただき、未来の農業を一緒に創造し、多くの農家が抱える悩みについて解決の糸口を探るイベントです。 農業に関わる全ての皆様、ご参加をお待ち申し上げております。

日本農業情報システム協会

  • !2018年10月24日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

人と野生のクマとの共存を図るための啓発・調査活動を応援できるチャリティーアイテムを10月22日(月)から1週間限定販売

 京都発のチャリティー専門ファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』(京都)は、日本における人間とクマとの共存を図るために、クマ分布の実態調査や、クマによる農業被害・人身事故を減らすための調査、情報交換などを行う『日本クマネットワーク』と提携し、オリジナルデザインを製作。チャリティー付きのアイテムとして、10月22日(月)から10月28日(日)まで、JAMMIN ECサイト(jammin.co.jp)で1週間限定にて販売いたします。

JAMMIN合同会社

  • !2018年10月22日 13時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

築地市場の海老専門仲卸「佃林」、豊洲市場に移転。

創業116年、老舗海老仲卸の佃林が豊洲市場に移転。築地市場場内の水産仲卸業者「(株)佃林(つくりん)」は2018年(平成30年)10月11日、東京都中央卸売市場築地市場の閉場と豊洲市場正式開場に併せて店舗及び事務所をそれぞれ豊洲市場場内に移転しました。 「佃林」は、活クルマエビ、生甘エビ・生ボタンエビを中心に飲食店などに配送、納品する水産仲卸で、明治35年に当時の日本橋魚河岸で開業しました。2度の市場移転を経験した数少ない老舗仲卸業者のひとつとして、最新鋭設備を備えた新市場でも築地で培った目利きの業を活かし、得意先様に対し変わらぬ丁寧な応対を心掛け邁進して参ります。

株式会社佃林

  • !2018年10月15日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

24歳新規就農若手農家、野菜で本当に肌に優しい石鹸をつくる!

自分自身アトピーやアレルギーに悩み、自分で作った有機野菜を使う農家レストランをやりたい!とH29年4月に就農しました。野菜作りはもちろん、加工品作りにも挑戦するなか市販のボディソープが肌に合わなかったことがきっかけで子どもも私も安心して使える本当に肌に優しい石鹸を作りたい!

うるう農園

  • !2018年10月15日 10時
  • a農林水産
  • a製品

【小さな出版社の夢…】「農業」と「発電事業」を1箇所で行う新しい農業スタイル「ソーラーシェアリング」を全国に広めたい!1冊の本を出版する応援をしませんか?

農業人口の平均年齢は66歳。高齢化は進み、後継者候補である若者たちは、農業から離れて、耕作放棄地の増加が続いています。実際に高齢の農家の方に話を聞くと「うちの子には、農家なんてキツくて儲からない家業は継がずに、別の仕事に就いてほしい」とおっしゃる方が多いです。そこで、私たちはこの状況を解決する方法を見つけました。それが「ソーラーシェアリング」です。 「ソーラーシェアリング」は、農地の上で太陽光発電を行うことで、安定した収入が得られるという画期的な取り組みなのですが、まだ農家さんに知れ渡っていないため、まずはその魅力を広める必要があります。 そこで、我々はソーラーシェアリングの全てを詰め込んだ1冊の本を制作し、全国の農家さんに届けたいと考えています。しかし、私たちは、'小さい'出版社です。皆様の協力なしには、制作が難しい状況です。もし、我々の理念にご賛同いただける方は、ぜひご支援お願いします!

株式会社アクセスインターナショナル(アースジャーナル編集部)

  • !2018年10月15日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集

〜食の課題解決へ~漁業、飲食などのストアビジネスを展開する株)ゲイトが食品ロス削減を支援するフードシェアリングプラットフォームたべるーぷと包括協力協定を締結

東京都内で飲食店やヘルスケアなど14店舗のストアビジネスを展開するとともに、三重県尾鷲市にて漁業に取り組んでいる株式会社ゲイト(所在地:東京都墨田区、代表取締役CEO 五月女圭一、以下ゲイト)は、バリュードライバーズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:佐治 祐二郎)が運営する食品ロスの削減を支援するフードシェアリングプラットフォーム「たべるーぷ」と包括協力協定を締結しました。

株式会社ゲイト

  • !2018年10月9日 10時
  • a農林水産
  • a提携

4産地7品種の新米食べくらべ会開催 参加者募集(神奈川県茅ヶ崎市)

提携米研究会(代表 橋本明子、黒瀬正 神奈川県)は、第5回の新米食べくらべ会を開催する。同会に参加する秋田、山形、新潟の有機農家グループ4団体より7品種を持ち寄り、今年の新米のできばえ、味のちがいなどを確かめながら、有機農業や食について語り合う交流の場。昨年まで東京都目白区で開催していたが、今回は事務局のある茅ヶ崎市で開催。日時は、2018年11月11日(日)11:00~14:00、場所は、ハマミーナまなびプラザ調理室(神奈川県茅ヶ崎市浜見平11-1)、参加費500円で申込み制。新米の試食のほか、みそ汁、お総菜なども供される。

提携米研究会

  • !2018年10月5日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集

自社出荷拠点「UUUO Base(ウーオベース)」開設のお知らせ~鳥取港の仲買として自らがプレイヤーとなり鮮魚の出荷販売をスタート~

株式会社ウーオ(本社:広島市、代表取締役:板倉一智)は2018年10月1日、鳥取市南安長3丁目63番に自社出荷拠点「UUUO Base」を開設いたしました

株式会社ウーオ

  • !2018年10月3日 9時
  • a農林水産
  • a企業の動向

エイブルコンピュータがドローンの写真画像からAIを用いて森林境界や材積等を推定するなど、林業の活性化を目指す産官学共同研究を開始

深層学習(ディープラーニング)を用いた画像認識AIエンジンの開発と、AIエンジンにより得られた森林に関する推定結果に基づき、各種地理情報等を用いてより広範囲でかつ精度よく、森林境界や「スギ」「コナラ」等有用樹種の材積等を推定するための手法の開発及び森林組合員等が使いやすいクラウドアプリの開発等に取り組みます。 本研究は国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターが公募した平成30年度「イノベーション創出強化研究推進事業」に選定され、2020年度までの3年計画で実施されます。

株式会社エイブルコンピュータ

  • !2018年9月28日 0時
  • a農林水産
  • a研究・調査報告

「農大マルシェ in 道の駅八王子滝山」-東京農大OBと関連地域が醸す新たな食文化-

東京唯一の道の駅八王子滝山で「農大マルシェ in 道の駅八王子滝山」を開催します。農大マルシェでは、道の駅八王子滝山と協業し、2018年9/22~24(土日月)9:00~16:00にて、東京農業大学発の学生ベンチャー企業である「メルカード東京農大」の人気商品であるカムカムドリンクやハチミツ、その他関連地域の商品などを、生産者支援として商品開発や販促支援を行う1986年生まれの東京農大OB「農大ハチロク会」が販売PRします。尚、農大ハチロク会メンバーに関しては、福島県にて浅漬けや珍しいピクルスを製造する八島食品(農大ハチロク会)、今や大ブームの麴のみの甘酒を祖母の代からコツコツと販売している味噌蔵たかむら(農大ハチロク会)、八ヶ岳高原の農家など大規模若手農家集団みんなの農業(農大ハチロク会)が出展し、東京は八王子市の皆様に全国の食材や伝統食品を販売PRします。

株式会社みんなの農業

  • !2018年9月17日 10時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

北海道に生息する絶滅危惧種「シマフクロウ」の保護を応援できるチャリティーアイテムを9月10日(月)から1週間限定販売

 京都発のチャリティー専門ファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』(京都)はシマフクロウの保護・保全や啓発活動に取り組む『特定非営利活動法人シマフクロウ・エイド』(北海道)と提携し、オリジナルデザインを製作。チャリティー付きのアイテムとして、9月10日(月)から9月16日(日)まで、JAMMIN ECサイト(jammin.co.jp)で1週間限定にて販売いたします。

JAMMIN合同会社

  • !2018年9月10日 10時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

中部食品・飲料・設備総合展2018(FBFE-EXPO)にブース出展、展示・商談会を実施 =「お米で育った畜産物」の普及のために =

 一般社団法人 日本養豚協会(所在地:東京都渋谷区代々木2-27-15、会長:香川 雅彦)では、飼料用米を活用した畜産物のブランド化推進のため、国の補助事業「米活用畜産物等全国展開事業」により、飼料用米で育てた畜産物のブランド化の取組を全国に広く普及・啓発する取組を行っています。  その一環として、国産飼料用米で育った畜産物等(豚肉・鶏肉・鶏卵・牛肉等)の販路開拓・販売促進のため、平成30年10月17日(水)から19日(金)まで、ポートメッセなごやで開催される「中部食品・飲料・設備総合展2018(FBFE-EXPO)」に専用ブースを設け、展示、商談会を実施します。

一般社団法人 日本養豚協会(JPPA)

  • !2018年9月6日 16時
  • a農林水産
  • a告知・募集

★自然栽培(無農薬・無肥料)★ 県内随一の柚子の作付面積と生産量を誇る、静岡県川根本町産! 寒暖差の大きい標高630mの山あいで育った、皮が厚く香り高い柚子♪♪

『川根本柚子の青柚子(無農薬・無肥料) 1kg / 3kg / 5kg』を提供開始いたします。県内随一の柚子の作付面積と生産量を誇る、静岡県川根本町産の、無農薬・無肥料、自然栽培の川根本柚子(木頭系・山根系)です。標高が高く、寒暖の差が大きい山間地で育った柚子は、皮が厚く、香り高いのが特徴です。

樽脇園

  • !2018年9月4日 13時
  • a農林水産
  • a企業の動向
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

c地域特集

ï開く è閉じる

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る