プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数44,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

K農林水産に関するプレスリリース

農林水産のプレスリリースが731件見つかりました。このページでは「JA、就農、農業法人、森林、漁村、産地直送、食育、スローフード、無農薬、有機野菜、農業ベンチャー」など、農林水産に関する最新プレスリリースを44,000社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された農林水産のプレスリリースを探すことができます。

みやざきブランド 完熟きんかん“たまたま”出荷解禁!

今シーズンの完熟きんかん“たまたま”の出荷が平成29年1月16日より始まります。

みやざきブランド推進本部

  • !2017年1月15日 8時
  • a農林水産
  • a告知・募集

ドレスコードは完熟きんかん「たまたま」色♪『きんかんヌーボー2017』でたまたま解禁をお祝い!

生で皮ごと食べられる宮崎産完熟きんかん「たまたま」が1月16日(月)からいよいよ解禁!今シーズンの完熟きんかん「たまたま」の出荷解禁をみんなで祝うパーティー『きんかんヌーボー2017』を開催します。

みやざきブランド推進本部

  • !2017年1月14日 8時
  • a農林水産
  • a告知・募集

野生動物管理クラウドサービス「ファームキャプチャー」を提供開始

ファームキャプチャーは、赤外線式カメラで検知した画像をクラウドで管理し、地図による確認・グラフ化などが瞬時に行われ、野生動物管理のツールとして自治体、交通関係、研究機関が簡単に生かすことができる日本発のサービスです。

ファームエイジ株式会社

  • !2017年1月13日 11時
  • a農林水産
  • a製品

蓮と渡り鳥の聖地 宮城県伊豆沼に食農体験ファームを創るプロジェクトを開始しました!

当社は農村の「場」で、農村で生産した「もの」と農村で暮らす人たちの「こころ」を組み合わせた物語性豊かな商品・サービスを実現させるために活動を行なっています。その想いを「食農体験ファームの構築」という手段で社会へ広げていきたいという想いから、ファームの開発に関する費用の一部をクラウドファンディングにより資金調達するプロジェクトをスタートさせました。当プロジェクトのサポーターになってくれた方には、リターンとして当社が提供する商品・サービスの中からオリジナルギフトをお渡しします。

有限会社伊豆沼農産

  • !2016年12月28日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

日経ビジネス「次代を創る100人」にファームノート代表の小林晋也を選出いただきました

株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市)代表取締役 小林 晋也が、「次代を創る100人」(日経ビジネス2016年12月19日号:株式会社日経BP発行)に選出いただきました。日経ビジネス「次代を創る100人」とは、リーダーやクリエーター、アントレプレナー、スポーツプレーヤーなど、各界で次代に影響力がある100人を日経ビジネスが独自に選出する特集企画です。

株式会社ファームノート

  • !2016年12月19日 15時
  • a農林水産
  • a企業の動向

【東大みかん愛好会】「おふろdeみかん」企画開催のお知らせ

「日本のみかんの消費量を増やす」ことを理念に掲げる、東大みかん愛好会は東大温泉サークルOKRと共同で、都内の2軒の銭湯のご協力のもと12月17日(土)、同18日(日)に一日限定の「みかん×銭湯」の企画を行います。

東大みかん愛好会

  • !2016年12月14日 18時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

マルハニチロ調べ モテ活では魚をさばく練習が効果的? 「魚を自分でさばける人はカッコいい」20代女性では約9割

マルハニチロ株式会社(http://www.maruha-nichiro.co.jp/)(所在地:東京都江東区豊洲3-2-20 代表取締役社長 伊藤 滋)は、2016年11月9日~11月11日の3日間で、月に1回以上魚を食べる、全国の20歳~59歳の男女を対象に、「マグロと魚料理に関する調査2016」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答サンプルを集計しました。

ネットエイジア株式会社

  • !2016年12月8日 15時
  • a農林水産
  • a研究・調査報告

【ウッドプララスチックテクノロジー】農業用敷板ディバン新発売。お買い物チャリティー実施、アグリビジネス創出フェア出展

株式会社ウッドプラスックテクノロジーは、農業用敷板「ディバン」を本年10月に新発売し、農業ハウス周辺の養生資材などの用途として全国に販売を拡大しております。11月より、農業用敷板ディバンの売上の一部を鳥取県中部地震の被災地支援に寄付する「お買い物チャリティー」も実施しております。2016年12月14日から16日に東京ビックサイトで開催される「アグリビジネス創出フェア2016」に出展しますので、ご来場ください。

株式会社ウッドプラスチックテクノロジー

  • !2016年12月8日 12時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

【愛媛県東温市】第3回すし米コンテスト・国際大会ダブル受賞!!

米の産地として知られた愛媛県東温市(とうおんし)の山あいの三内地区(河之内、井内、則之内)で生産された2種類の棚田米が、「第3回すし米コンテスト・国際大会」(米・食味鑑定士協会主催)で、大賞をダブル受賞しました。

東温市

  • !2016年12月8日 10時
  • a農林水産
  • a業績報告

たらみかんシンボルマークが決定しました

2016年8月-10月に開催していた「たらみかんシンボルマークコンテスト」の大賞作品が、12月3日(土)に発表されました。今後このシンボルマークとともに、たらみかんの豊かな未来を切り開きます。

東大みかん愛好会

  • !2016年12月3日 11時
  • a農林水産
  • a業績報告

農業界専門の2018新卒者向け就職情報サイト『第一次産業ネット2018』が12月1日オープン/就活イベント『Agri-Business Career』も開催決定

農業を事業フィールドに人材サービスから栽培テクノロジー開発まで幅広く事業を展開する株式会社Life Lab(東京都港区、代表取締役社長:西田裕紀)は、2018年卒業予定の大学・大学院・短大・高専・専門学校・高校の学生、及び第二新卒者を対象とし、農系企業・農業生産法人の採用・インターンシップに関する最新情報を提供する『第一次産業ネット2018』を2016年12月1日(木)よりオープンします。併せて、就活イベント『Agri-Business Career』を2017年3月4日(土)に開催することも決定致しましたので、ご案内いたします。

株式会社Life Lab

  • !2016年12月1日 15時
  • a農林水産
  • aサービス

JA・JFグループ近畿商談会の開催について(ご案内)

JA・JFグループ近畿商談会は「産地の魅力を皆様のもとへ」をコンセプトに、産地の魅力である「安心・安全」な農水産物を国内外の様々な方へ”繋ぎ”、”届ける”場所を提供して会員・農林水産業者と企業が相互に利益を共有できる関係の構築をめざしております。本年度は近畿・四国の10府県から過去最大となる113団体のセラー(農業法人,農協,漁協等等)が参加いたします。また,今回新たな取組みとして,輸出促進の一環として,ジェトロと連携し,海外留学生による出展商品のモニター調査等も実施いたし、マスコミ向け試食もご用意しております。

株式会社協同宣伝

  • !2016年11月30日 21時
  • a農林水産
  • a告知・募集

【ウッドプラスチックテクノロジー】エコプロ2016に出展。ウッドプラスチック製品が勢ぞろい。

株式会社ウッドプラスチックテクノロジーは、2016年12月8日から10日に東京ビックサイトで開催される「エコプロ2016環境とエネルギーの未来展」に出展します。当社は、東京大学で開発されたウッドプラスチックの製造技術を事業化する目的で2008年に設立された大学発ベンチャー企業であり、岡山県津山市、鳥取県倉吉市に工場を立地し、物流資材「ウッドプラスチックパレット」、工事現場用敷板「Wボード」を中心に製造、販売しております。最近も、玉砂利固定具「せきそうフィット」や、農業用敷板「ディバン」などを新発売しております。本展示会では、現在販売中の製品の他、開発中の新製品も発表する予定です。ますます用途の拡がるウッドプラスチック製品をこの機会に是非ご覧ください。

株式会社ウッドプラスチックテクノロジー

  • !2016年11月27日 14時
  • a農林水産
  • a製品

北海道最大級の農業カンファレンス「ファームノートサミット2016」に “ミスターどうでしょう” 鈴井 貴之氏がゲスト登壇決定

〜人工知能の専門家や上場企業社長などを迎え、北海道帯広市で開催〜株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市、代表取締役:小林 晋也)は、北海道最大級の農業カンファレンス「ファームノートサミット2016(URL:http://farmnote.jp/events/summit2016.html)」を2016年11月30日(水)に北海道ホテル(北海道帯広市)で開催します。今回、基調講演「Be Connected.」にスペシャルゲストとして“ミスターどうでしょう”こと鈴井 貴之氏(※1)の登壇が決定しました。ファームノート代表 小林 晋也と強い地方造りの可能性について対談します。

株式会社ファームノート

  • !2016年11月16日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

クリスマス気分を盛り上げる!三豊園芸が「ポインセチア リース」の予約受付を開始いたします。

香川県三豊市で独自性の高い花を栽培する、株式会社 三豊園芸(所在地:香川県三豊市高瀬町比地2632 代表:前川 茂)では、11月20日より、クリスマスの飾りにぴったりな「ポインセチア リース」の予約受付を開始します。他ではなかなか見ることができない、「ポインセチア リース」で一気にクリスマスムードを盛り上げましょう!URL:http://www.mitoyoengei.com/

株式会社 三豊園芸

  • !2016年11月14日 16時
  • a農林水産
  • a製品

『パーカー インジェニュイティ』がリニューアル“第5世代のペン”『パーカー インジェニュイティ』がギフトにもオススメな7つのワケ

年末シーズンがやってきました。店頭にはプレゼント商品が並び始め、メディアでは最新のギフト情報が飛び交っています。ちょっとしたプレゼントから勝負ギフトまで、目的別にも贈り物はさまざまですが、高級筆記具ブランド『パーカー』を展開するニューウェル・ラバーメイド・ジャパン株式会社(代表取締役社長:松尾昌典)は、デジタル全盛であるこのご時世に、あえてペンをオススメします。昨今は手書きの機会がぐっと減り、デジタルでのコミュニケーションが当たり前なのに、どうしてペンがプレゼントに向いているのか?その理由を解き明かしたいと思います。

ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン株式会社

  • !2016年11月11日 14時
  • a農林水産
  • a製品

株式会社Life Labが日本の大規模農業生産現場へ向けて新サービス・未来を耕す農業特別派遣「農のハケン」開始

農業を事業フィールドに、技術・サービスを創造する株式会社Life Lab(東京都港区、代表取締役社長:西田裕紀 資本金57,400,000円 http://www.life-lab.co.jp/)が、農業界専門としては初となる人材派遣サービス「農のハケン(http://nounohaken.jp/)」(許可番号:派13 - 306886)を2016年10月1日にリリースしましたので、ご案内いたします。

株式会社Life Lab

  • !2016年11月10日 10時
  • a農林水産
  • aサービス

中国地方初生産!弱アルカリ性・豊富なミネラル・残留農薬ゼロの「ピロール米」を、米屋 治郎兵衛が発売開始しました。

米屋 治郎兵衛(所在地:岡山県津山市加茂町物見172 代表:金尾 文正)は、「水の郷百選」(旧国土庁。平成7年度)の地で、ピロール農法で育てたピロール米「加茂の郷」の販売を、平成28年11月1日から専用サイトにて開始しました。標高1,200m級の中国山地から湧き出る地下水を利用し、標高200mから300mの水田で栽培します。朝夕の寒暖差が大きく、とても美味しいお米ができます。三度のご飯を変えるだけで健康になれるピロール米「加茂の郷」を全国の皆様にお届けします。URL:http://jirobeokayama.jp/

米屋 治郎兵衛

  • !2016年11月9日 16時
  • a農林水産
  • a製品

【今、最もHOTな農業施策】昨年、世界中で話題になった歯科検診機能付きりんご「Dentapple」、“3本の矢”を掲げ大きく再展開!

松本りんご協会(概要:長野県産りんごの活性化を目的とし、長野県松本市のりんご農園の有志により設立された協会 代表:上條 英一郎)は、2016年11月8日(いい歯の日)より、手軽に歯の健康リスクを診断できるデンタルりんご『Dentapple』(デンタプル)を、税込300円で再販致します。(公式サイトURL :http://dentapple.jp/)

松本りんご協会

  • !2016年11月8日 10時
  • a農林水産
  • a製品

ASCは11月1日にブリ・スギ類のASC養殖場認証の監査規格を完成させ、同認証の対象魚種に追加しました。アミタは2017年中のブリ・スギ類審査開始を目指します。

「ASC(Aquaculture Stewardship Council: 水産養殖管理協議会)」は、2016年11月1日に水産養殖場の国際認証制度「ASC養殖場認証」におけるブリ・スギ類の審査規格の完成を発表しました。日本は、世界のブリ類養殖の9割を占める重要な市場です。アミタホールディングス株式会社(本社:京都市中京区 東証JASDAQ市場上場:2195 代表取締役会長兼社長:熊野 英介)の事業会社であるアミタ株式会社(以下、アミタ)は、ASC養殖場認証審査機関として、2017年内にブリ・スギ類の審査開始を目指します。(ACC-MSC-020)

アミタホールディングス株式会社

  • !2016年11月2日 16時
  • a農林水産
  • a企業の動向
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

c地域特集

ï開く è閉じる

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る