プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数52,000社の実績で国内NO.1

詳細検索

K 農林水産に関するプレスリリース

農林水産のプレスリリースが899件見つかりました。このページでは「JA、就農、農業法人、森林、漁村、産地直送、食育、スローフード、無農薬、有機野菜、農業ベンチャー」など、農林水産に関する最新プレスリリースを52000社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された農林水産のプレスリリースを探すことができます。

「農大マルシェ in 道の駅八王子滝山」-東京農大OBと関連地域が醸す新たな食文化-

東京唯一の道の駅八王子滝山で「農大マルシェ in 道の駅八王子滝山」を開催します。農大マルシェでは、道の駅八王子滝山と協業し、2018年9/22~24(土日月)9:00~16:00にて、東京農業大学発の学生ベンチャー企業である「メルカード東京農大」の人気商品であるカムカムドリンクやハチミツ、その他関連地域の商品などを、生産者支援として商品開発や販促支援を行う1986年生まれの東京農大OB「農大ハチロク会」が販売PRします。尚、農大ハチロク会メンバーに関しては、福島県にて浅漬けや珍しいピクルスを製造する八島食品(農大ハチロク会)、今や大ブームの麴のみの甘酒を祖母の代からコツコツと販売している味噌蔵たかむら(農大ハチロク会)、八ヶ岳高原の農家など大規模若手農家集団みんなの農業(農大ハチロク会)が出展し、東京は八王子市の皆様に全国の食材や伝統食品を販売PRします。

株式会社みんなの農業

  • !2018年9月17日 10時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

北海道に生息する絶滅危惧種「シマフクロウ」の保護を応援できるチャリティーアイテムを9月10日(月)から1週間限定販売

 京都発のチャリティー専門ファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』(京都)はシマフクロウの保護・保全や啓発活動に取り組む『特定非営利活動法人シマフクロウ・エイド』(北海道)と提携し、オリジナルデザインを製作。チャリティー付きのアイテムとして、9月10日(月)から9月16日(日)まで、JAMMIN ECサイト(jammin.co.jp)で1週間限定にて販売いたします。

JAMMIN合同会社

  • !2018年9月10日 10時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

中部食品・飲料・設備総合展2018(FBFE-EXPO)にブース出展、展示・商談会を実施 =「お米で育った畜産物」の普及のために =

 一般社団法人 日本養豚協会(所在地:東京都渋谷区代々木2-27-15、会長:香川 雅彦)では、飼料用米を活用した畜産物のブランド化推進のため、国の補助事業「米活用畜産物等全国展開事業」により、飼料用米で育てた畜産物のブランド化の取組を全国に広く普及・啓発する取組を行っています。  その一環として、国産飼料用米で育った畜産物等(豚肉・鶏肉・鶏卵・牛肉等)の販路開拓・販売促進のため、平成30年10月17日(水)から19日(金)まで、ポートメッセなごやで開催される「中部食品・飲料・設備総合展2018(FBFE-EXPO)」に専用ブースを設け、展示、商談会を実施します。

一般社団法人 日本養豚協会(JPPA)

  • !2018年9月6日 16時
  • a農林水産
  • a告知・募集

★自然栽培(無農薬・無肥料)★ 県内随一の柚子の作付面積と生産量を誇る、静岡県川根本町産! 寒暖差の大きい標高630mの山あいで育った、皮が厚く香り高い柚子♪♪

『川根本柚子の青柚子(無農薬・無肥料) 1kg / 3kg / 5kg』を提供開始いたします。県内随一の柚子の作付面積と生産量を誇る、静岡県川根本町産の、無農薬・無肥料、自然栽培の川根本柚子(木頭系・山根系)です。標高が高く、寒暖の差が大きい山間地で育った柚子は、皮が厚く、香り高いのが特徴です。

樽脇園

  • !2018年9月4日 13時
  • a農林水産
  • a企業の動向

「第1回 高校生未来サミット」の開催について

 本サミットは、福島県における震災、原発事故の現状を学び、またそれに立ち向かう 福島県で活動をする高校生の活動を通じ、大阪府吹田市周辺の同じ高校生たちが、 「新たなベクトル」=「ニッポンの未来への方向性」を生み出すきっかけ作りを提供する企画です。 是非、取材をお願いいたします。なお、台風などの荒天で、搭乗予定の飛行機が決行した場合は延期となります。

米流通評論家 常本 泰志

  • !2018年9月3日 10時
  • a農林水産
  • aその他

【富山発・最高の発酵食づくり!】 「日本一ちいさな村」から「日本一お米に合う」みそをあなたへ。 舟橋村のクラウドファンディングプロジェクトが目標達成!

~開始3日で100%達成、さらなる目標に向け支援を再募集~ 「日本一ちいさな村」で農業の6次化に挑戦している農事組合法人東和 (住所:富山県中新川郡舟橋村東芦原34-2、以下「東和」)は、2018年7月27日より「富山人のお国自慢」をテーマにし、開始3日で達成したクラウドファンディングプロジェクト『「日本一ちいさな村」から「日本一お米に合う」みそをあなたへ。』につき、さらなる目標に向け支援を再募集することをお知らせします。

農事組合法⼈東和

  • !2018年8月30日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集

「CAMPFIRE」にておばあちゃんが育てた野菜が消化しきれず、廃棄してしまっている現状を打破するため、孫一同がクラウドファンディングの募集を開始いたしました。

茨城県で、10年以上、新鮮野菜の直売所をしていましたが、去年祖父が他界してから直売所をたたみました。祖父が亡くなってからも、祖母が毎日丹精込めて手入れしているお野菜を全国各地にお届けしたい、また、祖母や孫一同愛してやまない桜川市の魅力についてお伝えしたい、そんな思いで孫一同立ち上がりました。

Nozomi

  • !2018年8月30日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集

福岡の苺「あまおう」農園、100万円を4日で達成!CAMPFIREでのクラウドファンディングで「いちご狩り」環境改善へ〜8月30日まで〜

楽農ファームたけした(所在地:福岡県大川市、販売責任者:武下浩紹)は、2018年8月16日 現在、クラウドファンディングでの目標金額を再設定し「感動体験工房」創設を目指しています。なお、当初の目標金額100万円を、2018年8月1日(水)開催より4日で達成いたしました。 ■4日で100万円。90名の支援により達成。次の目標へ 16年に渡って「あまおう」をお届けしている楽農ファームたけした。8月1日(水)より、クラウドファンディングのプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、「『あまおう』で苺一愛®︎(いちごいちえ)、みんなで創る、感動の体感型農業への挑戦」プロジェクトを開催しています。 プロジェクトページ https://camp-fire.jp/projects/view/78742 当初の目標金額を達成し、新たに支援金額300万円を掲げて「感動体験工房」創設を目指します。

楽農ファームたけした

  • !2018年8月16日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

中国人技能実習生向け「農業技能実習生eラーニング」発売開始

日本語能力試験学習サイト「オンライン日本語」運営、外国人向け技能実習生eラーニング運営のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表本多成人、資本金1億1470万円)は、中国人技能実習生向けに「農業技能実習生eラーニング」9月上旬に提供・発売開始します。

アテイン株式会社

  • !2018年8月13日 10時
  • a農林水産
  • a製品

SoBiC自動栽培システムをテーマパークに設置、エコで健康的な経済活性両立モデルを提起

ネイチャーダイン株式会社(本社所在地:東京都文京区 代表取締役社長 中島 啓一、以下:ND社)は、独自の無電源自動植物栽培システムSoBiC(ソビック:Solar pneumatic Bio-Cycleの略)を搭載した様々な形態の栽培システムを関西地方の大型テーマパークの一つである「関西サイクルスポーツセンター」に設置し、来場者へのサービス向上と、新たな付加価値を創って行く事を目的として7月中旬より試験的に導入が始まりました。

ネイチャーダイン株式会社

  • !2018年8月10日 14時
  • a農林水産
  • a告知・募集

猛暑による農産物への被害を軽減する栽培支援機能を提供~ゼロアグリ~

株式会社ルートレック・ネットワークス(代表取締役社長 佐々木 伸一、神奈川県川崎市、以下ルートレック)は、自社開発製品である AI 潅水施肥システム「ゼロアグリ」の新機能として、施設栽培生産者の猛暑による作物の被害を軽減する、高温対策制御機能を提供開始いたしました。ゼロアグリは、AIを使って潅水と施肥(水やりと肥料やり)を自動化することのできるスマート農業システムですが、夏の高温時には作物が水分を吸収しやすいように肥料の濃度を自動調整することが可能になります。これにより、高温ストレスを軽減し、農作物の品質低下を防止することが可能です。ルートレックは、今後も気象変動がもたらす栽培への影響をできるだけ減らし、安定的な農産物の生産に貢献してまいります。

株式会社ルートレック・ネットワークス

  • !2018年8月10日 12時
  • a農林水産
  • a製品

グリーンリバーホールディングス、日本最大級のバジル生産植物工場の稼働を開始 2018年9月より国産加工用バジルを全国に安価で提供

独自開発した縦型水耕栽培装置・3D高密度栽培技術を推進するグリーンリバーホールディングスは、7月より日本最大級のバジル植物工場(スマートファーム)の稼働を開始しました。初出荷は 2018年9月の予定で、バジルの生産量は年間160t(㌧)を目標としており、主に国産加工用原料として供給を行います。 また、同社は岡山県や栃木県でもスマートファームの建設を予定しており、そちらの稼働が開始するとバジルの生産量は合わせて年間200t(㌧)を超え、日本一の生産圃場を有する企業となります。

グリーンリバーホールディングス株式会社

  • !2018年8月8日 7時
  • a農林水産
  • a企業の動向

農研機構生研支援センターの支援事業 「革新的技術開発・緊急展開事業」の中間報告の場にて、 現場農家の声をヒアリング

株式会社ルートレック・ネットワークス(代表取締役社長 佐々木 伸一、神奈川県川崎市、以下ルートレック)は、2017年4月より受託している農研機構生研支援センターの支援事業「革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)」において、ルートレックの自社開発製品であるゼロアグリをご活用いただいている生産者を集め、その活用効果について意見交換を行う会を、8月2日(木)に熊本県農業研究センターアグリシステム総合研究所(熊本県八代市)にて実施いたしました。九州の生産者7名が集まり、農業へのICT活用のメリットや今後の課題について、熱い議論を交わしました。

株式会社ルートレック・ネットワークス

  • !2018年8月6日 14時
  • a農林水産
  • a研究・調査報告

誰でも、どこでも、簡単に、「果樹園」が造れるモバイル樹木栽培システムを開発

ネイチャーダイン株式会社(本社所在地:東京都文京区 代表取締役社長 中島 啓一、以下:ND社)は、独自の無電源自動植物栽培システムSoBiC(ソビック:Solar pneumatic Bio-Cycleの略)を活用して簡単に大規模な「果樹園」を造れるSoBiC果樹園システムを開発、8月8日から受注を開始する。

ネイチャーダイン株式会社

  • !2018年8月6日 9時
  • a農林水産
  • a製品

農業センシングデータと気象データの分析事業で協業を開始

YuMake合同会社(本社:大阪府大阪市、代表:佐藤拓也、以下YuMake)と株式会社IT工房Z(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:座光寺勇、以下IT工房Z)は、IT工房Zが提供する農業向けIoT気象センサー「あぐりログ」で取得したビニールハウス内観測データと、気象データを活用した分析事業について協業を開始したことをお知らせいたします。

YuMake合同会社

  • !2018年8月6日 8時
  • a農林水産
  • a提携

ダイヤサービス、「ドローンを活用した害獣対策の実運用に向けた狩猟方法確立およびビッグデータ化」事業において2018年上期ひまわりベンチャー育成基金の助成金採択

株式会社ダイヤサービス(本社:千葉県千葉市、代表取締役:戸出 智祐、以下「ダイヤサービス」)はドローンを活用した運用サービスを中心に手がけている企業です。このたび弊社が進める「ドローンを活用した害獣対策の実運用に向けた狩猟方法確立およびビッグデータ化」事業において、2018年上期の公益財団法人ひまわりベンチャー育成基金より助成金の採択を受けましたのでご案内申し上げます。

株式会社ダイヤサービス

  • !2018年8月1日 11時
  • a農林水産
  • aサービス

「ナゾ」の海産物!?で作るカレー、ピクルス作りで知る野菜の「ナゾ」のパワー。自由研究にも!食材のナゾを解きあかし、触れて・作って・食べる学校、永田町に開校

2018年8月10日(金)10時より、屋内で楽しめる「食」の学びイベントを開催します(親子向けと大人向けの2コース)。親子コースでは、学びながらカレーとピクルスを作って食べる実践型の授業を実施します。大人コースでは、農業や漁業に携わる人々が登壇し、食材がどのように育ち収穫され、食卓にやってくるのかを解きあかすトークセッションを行います。“食材”というテーマを囲み、大人も子どもも学べる1日限定の学校、開校です。明日からきっと、食材を “見る目” が変わります。 日時:2018年8月10日(金)10:00〜14:00(受付9:30〜) 場所:LODGE(ヤフー株式会社)東京都千代田区紀尾井町1-3 17F

株式会社坂ノ途中

  • !2018年7月31日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集

「千鳥」の大悟さんの故郷で知られる、北木島の「喜多嬉かき」がCAMPFIREのクラウドファンディングで世界へ羽ばたきます!

北木島の勇和水産が生産する生食用殻付き牡蠣「喜多嬉かき」が、2018年10月10日~12日に開催される展示会「”日本の食品”輸出EXPO」に出展することとなりました。 当展示会への出展に併せ、CAMPFIREのクラウドファンディングにて「世界の喜多嬉かき応援プロジェクト」を立ち上げ、出展の応援やこれからの北木島振興の為、皆様からの応援を募っております。 リターンには喜多嬉かきをお味見戴ける大変お得なリターンをご用意しております! 是非当プロジェクトページをご参照いただければ幸いです!

勇和水産

  • !2018年7月31日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集

AI潅水施肥システム「ゼロアグリ®」を活用した ボックス式果樹栽培の共同研究開始

株式会社ルートレック・ネットワークス(代表取締役社長 佐々木 伸一、神奈川県川崎市)は、東洋インキSCホールディングス(代表取締役 北川克己、東京都中央区)および東洋ビーネット株式会社(代表取締役社長 高木 新、東京都中央区)のアグリ事業にて、AI潅水施肥システム「ゼロアグリ®」を使用し、ICTを活用した果樹のボックス栽培の技術確立に関する共同の実証試験を、2018年8月より本格的に開始いたします。 ゼロアグリを使った果樹のボックス栽培は、国内外で初めての取組みとなります。今回の共同研究により、ゼロアグリにてデータに基づいた潅水施肥管理と土壌環境の制御を行うことで品質の安定化を図り、マンゴーをはじめとした果樹のボックス式栽培のパッケージ化を目指します。

株式会社ルートレック・ネットワークス

  • !2018年7月26日 10時
  • a農林水産
  • a企業の動向

スマート農業を実現する「ゼロアグリ」、特別栽培支援機能を発表

株式会社ルートレック・ネットワークス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐々木伸一、以下 ルートレック)は、自社開発製品であるAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の新機能として、農産物の特別栽培を支援する機能を発表いたします。 特別栽培は、地域の慣行栽培レベルに比べ、節減対象農薬(※1)の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物のことを指します。ルートレックは、安心・安全な農産物の生産に、ICTやAI技術を活用することで省力化につなげ、付加価値のある農産物生産に貢献してまいります。

株式会社ルートレック・ネットワークス

  • !2018年7月19日 12時
  • a農林水産
  • a製品
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

c地域特集

ï開く è閉じる

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る