プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行者の潜在的なニーズを発掘する観光プロモーション動画制作のために、専任パイロットが操縦する「ドローン空撮サービス」を開始【株式会社ファナティック】

株式会社ファナティック

! 2016年10月20日 16時

株式会社ファナティックのドローン事業部では、プロモーション映像撮影のための「ドローン空撮サービス」を10月より提供。手軽な空撮から、高解像度と長時間飛行による撮影まで、多種の用途に応じた機体を用意しました。ドローンの操縦は熟練のパイロットが担当し、万が一の問題に備えて2機体制で撮影をサポートします。

 

宮城県仙台市にてドローン空撮・三次元サービスを行う、株式会社ファナティック(所在地:宮城県仙台市、代表取締役:石田一浩)では、観光プロモーション動画には欠かせない高解像度カメラによる空撮サービスを10月1日に開始。経験豊富なドローン操縦者が、トラブルに備えた2機体制でサポートいたします。

 

▼ドローン空撮サービス(動画・静止画の撮影):https://www.timiddroneteam.com/service/shooting/

 

 

■用途に応じたさまざまな機体を、トラブルに備え2機体制でご用意

 

新しくスタートした「ドローン空撮サービス」では、災害調査で使われる軽量な機体や、各種センサーにより安定した長時間飛行が可能な機体など、用途に合わせた多種のドローンをご用意し、空からのベストポジションでの撮影をサポートします。

 

早朝や夜間飛行など、さまざまな環境下でドローンの操縦を行ってきたパイロットが、最高の撮影スポットまでカメラを案内します。また、当サービスでは万が一のトラブルに備えて2機体制で撮影に備えています。自社所有のドローン練習場で撮影前のテストも可能です。

 

観光施設や旅館・ホテルの魅力を伝えるためには、建物だけでなく周囲の景色を取り入れたプロモーション素材が必要。空撮であれば、鳥の視点から全体を俯瞰した写真や、建物の周囲をぐるりと回るようなムービーなど、従来の三脚では得られなかった画角から撮影することが可能です。

 

 

■オンライン・オフラインともにプロモーションをサポート

 

弊社ではドローン事業の以外に、販売促進をサポートするメディア事業を展開してまいります。商品やイベントをアピールする中で重要なのは「ほかにはない見せ方」や、商品・サービスを「違った角度から紹介する」といった、新鮮な視点です。

 

たとえば、企業側の売り込み一辺倒ではない「オウンドメディア」のライティングにおいては、商品をユーザー視点から新しい言葉にしてまいります。同じように今回のドローン空撮でも、施設や観光スポットの魅力を伝える新しい角度を用意しています。

 

また、観光地やイベント紹介などプロモーション事業の支援に関しては、空撮による宣材資料の撮影だけでなく、サイトリニューアル後の集客やアクセスアップなど、総合的にWebコンテンツのサポートが行えるのも弊社の強みです。

 

 

■今後の展開

 

一口に「ドローンによる空撮」といっても、単に空中に静止した機体から撮影するだけでなく、建物の周囲を回り込むような角度や、高度を変えたダイナミックなパンニングなど、空中飛行ならではの撮影があります。

 

「ドローン空撮サービス」では、このようなカメラマンの要望に応えるドローン操縦のプロであるために、自社所有によるドローン・マルチコプターの練習場「ブーメラン」(宮城県黒川郡大和町)にて、常に最新機の飛行実験を行っています。

 

弊社では、潜在的な旅行者に対して観光スポットを紹介する自治体や、観光業のプロモーション動画に高い付加価値を持たせるため、今後とも進化するドローンに合わせた研究を継続してまいります。

 

 

【サービス概要】

名称:ドローン空撮サービス

用途:観光スポットのプロモーション素材の撮影、人が立ち入れない場所の調査・撮影

 

 

<主な機体の紹介>

 

DJI INSPIRE 1 Pro

【実飛行時間】約10分(弊社規定)

【主な用途】この機体は搭載するカメラを交換することで幅広い用途に対応することが可能です。4K撮影ではZenmuse X3を搭載します。さらにプロモーション撮影などの高画質を求める場合にはミラーレスマイクロフォーサーズカメラX5もご用意しております。

 

 

DJI PHANTOM 4

【実飛行時間】約15分(弊社規定)

【静止画】4000×3000

【動画】HD、2.7K、4K

【主な用途】災害調査、プロモーション撮影など。PHANTOM 3の後継モデルで映像のクオリティも上がり空撮で活躍します。障害物検知システムを搭載し、より安全に飛行することができます。

 

3D Robotics SOLO

【主な用途】精密農業、災害調査、森林調査、測量、3Dマッピング

【実飛行時間】約15分(弊社規定)

この機体はカメラ以外にも各種センサーを搭載することができます。弊社ではマルチスペクトルカメラを搭載し、精密農業の実験を続けています。搭載するカメラを交換することで各種調査や測量などにも活用することができます。

 

※ほか、CM撮影向けの「DJI Matrice 600」や、長時間飛行が可能な「DJI Matrice 100」など、用途に応じた多様な機体をご用意しています。

 

 

<主な料金設定>

基本料金:150,000円〜

カメラオペレーター兼撮影アシスト:30,000円 / 1名

ロケハン:30,000円 / 2名

フライト付きロケハン:75,000円(PHANTOM3)

移動費:弊社から30km範囲までは無料。片道100km範囲までは30,000円

※すべて税別の料金

 

 

【株式会社ファナティックについて】

所在地:〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目9-13 アソルティ仙台北目町ビル6階A

代表者:代表取締役 石田一浩

設立日:2011年10月26日

Tel:022-738-7828

URL:https://www.timiddroneteam.com/

Email:info@timiddroneteam.com



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社ファナティック

代表者名

石田一浩

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

広告・デザイン

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

3次元データー収集の新技術も期待されている産業用ドローンの専門会社が4月20日より仙台で運営開始。導入相談から販売、サポートまでトータルサービスを展開
! 2017年5月10日 8時
水中調査が今より少し容易に。仙台でドローンサービスを提供する「エアボックス」が、水中ドローン専門サイト「ROVファン」をオープン
! 2017年2月10日 12時
実際に飛ばすことで分かった最新の知見をシェア。ドローン・UAV研究の株式会社ファナティック「Timid Drone Team」がドローンメルマガの配信を開始
! 2016年10月20日 13時
プロのカメラマン向けにドローン空撮体験会を無料で開催。宮城県大和町のドローン練習場「ブーメラン」にて、最新の産業用ドローンの安定性やスピードを確かめてください
! 2016年10月4日 7時
今後、産業分野で機体される大型ドローン、精密農業の可能性を秘めたマルチスペクトルカメラ無料体験会を開催します。
! 2016年10月3日 17時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る