【グルーヴプロモーション(旧 ナノプロ)MRR事業部】「iPhoneの最新動向と今後の展望」販売を開始

IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR (運営会社:グルーヴプロ モーション 【旧 株式会社ナノプロ】 代表取締役 森田裕行)は、携帯 市場のレポートで定評のあるエムレポートが制作した「iPhoneの最新動向と 今後の展望」の販売を開始しました。

報道関係各位

2007年8月10日
グルーヴプロモーション株式会社(旧株式会社ナノプロ)
MRR事業部
http://www.marketing-research.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――
グルーブプロモーション(旧ナノプロ)MRR事業部、

「iPhoneの最新動向と今後の展望」販売を開始

〜2011年に3,000万台の予測 米で話題のiPhone、国内向けにも期待集まる〜


詳細はこちら⇒ http://www.marketing-research.jp/page/000235.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■概要■■
IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR (運営会社:グルーヴプロ
モーション 【旧 株式会社ナノプロ】 代表取締役 森田裕行)は、携帯
市場のレポートで定評のあるエムレポートが制作した「iPhoneの最新動向と
今後の展望」の販売を開始しました。


詳細はこちら⇒ http://www.marketing-research.jp/page/000235.html


本レポートは、モバイルマーケティングマガジンに掲載した記事をもとに
加筆・修正をしたものです。
モバイルマーケティングマガジン(無料)へのお申し込みは、以下のURL
からお願いします。
http://www.nanopro.jp/promotion/magazine/index.html?=mrr




■■要約■■

米国市場でiPhoneが販売開始
米Appleと米AT&Tが2007年6月29日の午後6時から、全米で「iPhone
(アイフォン)」の販売を一斉に開始しました。すでに両社は1月の
「Mac Expo」でiPhoneを発表しており、販売開始までにiPhoneは大きな注目を
浴びてきました。実際の販売開始には「Apple Store(164店舗)」「AT&T
store(1,800店舗)」の直営店舗に行列ができるなど、米国の携帯電話市場
でも例をみないほどの人気がありました。

また、iPhoneの販売は従来の携帯電話端末販売とは異なる方式を採用して
います。iPhoneでは店頭で端末を購入し、米AT&Tとのサービス契約手続きには
ユーザ自らがパソコンと「iTunes」を介したアクティベート(初期起動)を
必要。なお、アクティベートの採用により、ユーザは店頭で待つことなく、
iPhoneを購入することができるようになっていました。

国内向けiPhoneの投入には課題が山積み
すでに米国市場で米Appleの「iPhone」の販売が開始され、国内でも盛況ぶり
が伝わっています。そうした中、国内事業者各社は自社へのiPhone導入に強い
関心を持ちつつ、米Appleとの交渉を進めているものとうかがえます。


【キーワード】

◆お祭り騒ぎのiPhone販売開始!!
「iPhone」販売開始時には、「Apple Store」ニューヨーク店2店舗では600名
以上が行列を作ったとされ、サンフランシスコ店には徹夜組を含めて1,000名
前後が並んだと言われています。

◆2008年には1,000万台の販売目標!!
米Appleは2008年までに全世界で1,000万台の「iPhone」販売を目指しています。
ただ、米AppleによるiPhone発表当初、この計画は無謀とみられていましたが、
現在では米Appleの目標達成は容易だとみられています。

◆アジア市場には2008年に投入!!
米Appleによれば、「iPhone」の海外展開は2007年中に欧州市場、2008年には
アジア市場で販売を開始する計画だと推測されています。


【2.iPhoneの出荷/販売台数予測(2007〜2011年)】

2007年は400〜450万台の出荷台数
すでに「iPhone」の出荷や販売台数については、多くの世界的な調査会社が
予測を行っています。米iSuppliによれば、2007年のiPhone出荷台数を450万台、
2011年の出荷台数を3,000万台に達すると推察されています。


【目次/図表】

要約
キーワード

1.市場概況
 米国市場でiPhoneが販売開始
 国内向けiPhoneの投入には課題が山積み

2.iPhoneの出荷/販売台数予測(2007〜2011年)
 2007年は400〜450万台の出荷台数
  図:iPhoneの出荷台数推移と予測(米iSuppli推定)
  表:iPhoneの出荷台数推移と予測
 販売台数は2007年で300万台の予測

3.米Appleと米AT&Tなどの動向
 米Appleの動向
  販売開始2日間で27万台の販売台数
  07年7月2日にバッテリ交換に関するサービス方針を発表
  07年6月29日の午後6時に全米で一斉販売開始されたiPhone
  iPhoneは高額な携帯電話端末ではない
  07年6月29日に従業員全員へiPhoneの無料配布を発表
  Whoopi GoldbergやSpike Leeさんも並んだ
  当初から10,000本のYouTube動画に対応
  販売日前日に販売体制などを発表
 米AT&Tの動向
  販売開始2日間で約15万台のアクティベートを記録
  07年6月26日にiPhone専用料金プランを発表
  表:iPhone専用料金プランの概要(59.99/79.99/99.99ドル)
  表:iPhone専用料金プランの概要(119.99/169.99/219.99ドル)
  07年6月22日にAT&T store各店舗へ2,000名の従業員を追加採用
  iPhone販売前に万全を期す米AT&Tと米Apple
  iPhoneでシェア拡大を期待
 他事業者各社の対応
  サービスに重点を置いて対抗する米Verizon Wireless
  薄型の廉価版音楽再生端末で対抗する米Sprint Nextel
 端末メーカ各社の対応
  iPhoneに警戒感を示す米Motorola
  強気な姿勢のNokia
 海外におけるアンケート調査の結果
  iPhoneユーザの約70%は35歳未満
  Web閲覧とテキスト入力に課題
  iPhoneで動画視聴が増加傾向
  iPhone購入者の85%が満足と回答
  米国モバイル・ワーカーの15%がiPhoneに興味あり

4.iPhoneの主な仕様
 タッチ・パネル操作が特長のiPhone
  表:iPhoneの主な仕様
  図:iPhone(表面/側面/裏面)
 薄くても大画面/大容量のiPhone
  表:主な海外市場向けスマート・フォンの機能比較

5.iPhoneの課題など
 アクティベートで遅延問題が発生
 外部メモリ非対応の理由
 EDGE方式の低速なデータ通信速度
 紛失しても認証失敗で充電不可能に

6.国内事業者の動向
 各社とも導入を望むもNTTドコモとソフトバンクモバイルが有利
 NTTドコモの動向
  ソフトバンクモバイルと同様にiPhone導入に前向きな姿勢
  iPhone導入は国内最大手が有利
  表:2007年6月末における国内市場の累積ユーザ数と市場シェア
  自社導入によってユーザの囲い込みや流入を期待
  表:契約事業者がiPhoneを販売した場合、購入/機種変更するか?
  表:国内向けiPhoneが販売された場合、事業者変更してでも欲しいですか?
 ソフトバンクモバイルの動向
  NTTドコモと同様に導入に前向き
  消費者に期待されるソフトバンクモバイルからの導入
  表:国内におけるiPhone導入事業者予想
 iPhone導入の可能性が低いau
 国内市場向けスマート・フォンとの機能比較
  表:主な国内市場向けスマート・フォンとの機能比較
    (BlackBerry 8707h/hTc Z)
  表:主な国内市場向けスマート・フォンとの機能比較
   (SoftBank X02HT/SoftBank X01T)
  表:主な国内市場向けスマート・フォンとの機能比較
   (EM・ONE/Advanced/W-ZERO3[es])

7.国内市場への影響
 課題が山積みの国内向けiPhone投入
  国内導入の条件はiPhoneの3G対応
  国内事業者は押しの強い米Appleに対抗できるか
  国内向けiPhone販売は日本それとも米国方式?
  日本語表示は可能でも入力には非対応
 TwitterサービスでiPhoneの国内利用署名活動を実施

8.国内におけるアンケート調査の結果
 
9.欧州市場への展開
 

■■資料の仕様■■
商 品 名:「iPhoneの最新動向と今後の展望」
発 刊 日:2007年7月31日
判   型:A4版34頁〔PDF資料〕
発   行:エムレポート
販   売:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
頒   価:21,000円(税抜20,000円+消費税1,000円)


■■お申し込み方法■■

下記URLよりお申込みください。
⇒ http://www.marketing-research.jp/page/000235.html

■その他、現在、ご提供中の調査資料

【デジタルサイネージ最新動向と広告効果】

デジタルサイネージとは、一般家庭以外の場所にある電子看板/電子ポスターで
その主要視聴は20代以下の女性。また影響度は広告媒体の中で最高の伸び率とし
て、既存メディアを補完するメディアとなりうる可能性が高いと推察されます。
http://www.marketing-research.jp/page/000234.html


■モバイル・マーケティング・マガジン創刊

モバイル・マーケティング最前線のリサーチャー、コンサルタントが参加。
独自調査に基づく分析、最新情報を毎週無料配信!

お申込みはコチラから
http://www.nanopro.jp/promotion/magazine/index.html?=mrr



■■グルーヴプロモーション株式会社について■■
設立:2006年1月
会社名:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
所在地:
本社/東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイス18階
神南オフィス/東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
事業内容:
(1)ネットプロモーション事業
(2)デジタル・プラットフォーム事業
(3) メディア&コンテンツ事業
システム・プラットフォームの開発ならびに提供
関連コンテンツの制作・販売

代表取締役:森田裕行
URL: http://www.nanopro.jp


■■本件に関するお問い合わせ先■■
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
TEL:03-6379-9771 / E-Mail: info-mrr@nanopro.jp
担当:MRR事業部

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 グルーヴプロモーション株式会社
代表者名 森田裕行
業種 未選択

コラム

    グルーヴプロモーション株式会社の
    関連プレスリリース

    グルーヴプロモーション株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域