Dr.経費精算、PCA会計Xとのデータ連携を開始!

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒崎賢一)が提供する、クラウド型経費精算サービス「Dr.経費精算」が、この度ピー・シー・エー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:水谷学)の提供する財務会計ソフトウェア「PCA会計X」とのデータ連携を提供開始しました。

★ポイントをチェック!

(1) Dr.経費精算、財務会計ソフトウェア「PCA会計会計X」とのデータ連携を実現

(2) Dr.経費精算で集計した経費データを「PCA会計X」対応フォーマットで出力し、会計の処理と連携が可能

 

 

【概要】

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒崎賢一)が提供する、クラウド型経費精算サービス「Dr.経費精算」が、この度ピー・シー・エー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:水谷学)の提供する財務会計ソフトウェア「PCA会計X」とのデータ連携を提供開始しました。

 

Dr.経費精算のユーザーが財務会計ソフトウェアとして「PCA会計X」を利用している場合にはメニュー上でPCA会計Xを選択するだけで、Dr.経費精算で集計した経費データをPCA会計X対応フォーマットでの出力が可能となり、会計システムへの経費データの取り込みが容易になります。

Dr.経費精算はすでにfreee、弥生、A-SaaSなど複数の会計ソフトとの間でのデータ連携を実現しており、今回のPCA会計Xとの連携の実現により、より多くのお客様の環境において簡単に経費管理を実現していただく事が可能になりました。

今後とも、Dr.経費精算をより多くのユーザーに便利にご利用いただく為のサービスの拡張に努めてまいります。

 

 

【「Dr.経費精算」について】

「Dr.経費精算」は、クラウド型経費精算サービスです。企業内で紙やExcelで管理している経費管理を革新し、クラウド上で申請承認ワークフローを実現。ペーパーレス化を支援します。特に従業員の入力負荷を最小化する仕組みを用意しています。スマートフォンで領収書を撮影、送信するだけで、自動的に経費データ化、同時に仕訳も行います。クレジットカードやモバイルSuica 、SMART ICOCA等と連携し、利用明細を自動的に取り込み、経費に該当する項目を選択して経費申請ができます。

 

 

【PCA会計X製品紹介ページ】

http://pca.jp/area_product/prokai.html

 

 



企業情報

企業名 株式会社BearTail
代表者名 黒崎賢一
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社BearTailの
    関連プレスリリース

    株式会社BearTailの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域