TNKソフトウェア、レイアウトのデザインができるリモートデスクトップアプリ「デスクトップPCコントローラー for Windows 10」の販売を開始

パソコンやスマートフォン向けのアプリの開発・販売を手掛ける、TNKソフトウェア(所在地:大阪府高槻市、代表:田中佑典)は、ボタンやスクリーン、キーボードと言った、操作に必要なレイアウトのデザインが自由にできる、GPU支援による快適な転送を実現したリモートデスクトップアプリ「デスクトップPCコントローラー for Windows 10」を、2016年3月24日(木)よりGoogle Playおよびウィンドウズストアアプリにて提供を開始しました。また、アプリの公開を記念して、2016年4月15日まで半額で購入できるキャンペーンも同時に実施いたしております。

2016年3月25日(金)

報道関係各位

TNKソフトウェア

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

デスクトップPCコントローラー for Windows 10を提供開始

- 画面のデザインが自由にできる新感覚リモートデスクトップアプリ-

http://www.tnksoft.com/soft/util/deskcontroller/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

パソコンやスマートフォン向けのアプリの開発・販売を手掛ける、TNKソフトウェア(所在地:大阪府高槻市、代表:田中佑典)は、ボタンやスクリーン、キーボードと言った、操作に必要なレイアウトのデザインが自由にできるリモートデスクトップアプリ「デスクトップPCコントローラー for Windows 10」を、2016年3月24日(木)よりGoogle Playおよびウィンドウズストアアプリにて提供を開始しました。アプリの公開を記念して、2016年4月15日まで半額で購入できるキャンペーンも同時に実施いたしております。

 

■デスクトップPCコントローラー for Windows 10

http://www.tnksoft.com/soft/util/deskcontroller/

 

【背景】

TNKソフトウェアでは3年前から、VP8コーデックとCELTオーディオによる快適な画面転送を実現した「デスクトップPCコントローラー」を提供してまいりました。しかしながら、Windows XPなどの古いOSでも動作するように配慮した設計を行っていたため、操作性や利便性に不便な点が残ってしまい、多くのお叱りを受けてきました。

 

そこで、今回は古い環境では実現不可能だった、最新の技術を駆使し、これまでにない快適なリモートデスクトップアプリを作り直そうと考え、今回の開発に至りました。

 

【製品の特徴】

・ドライバーは不要です

旧バージョンでは必須だった入力や画面表示ドライバーのインストールがなくても、快適に動作するようになりました。従来通りのソフトウェアドライバーによる操作もサポートしており、ドライバーがインストールされた環境では、マルチタッチやゲームパッド、筆圧ペンにおいてより高い操作性が再現できます

 

・オリジナルコントローラーの作成

付属のスキン作成ツールを使って、オリジナルのコントローラーを作成することができます。スクリーン、ボタン、キーボード、トラックパッド、スティックなどを自由に組み合わせて配置してください。ほかの方が作成したスキンをインターネットからダウンロードしたり、オリジナルのスキンをアプリから公開することもできます。

 

・好みのサイズに変更可能

大きな画面のタブレットでは、全画面表示をしてしまうと操作をするためのボタンが大きくなりすぎて、かえって入力がしづらくなることがございます。当アプリではスキンを表示する領域をいつでも変更することができます。そのような端末でも、コンパクトにまとめて扱うことができます。

 

・GPUエンコーディングとデコーディングによる快適な表示

新版ではデスクトップ画面とオーディオの転送にGPU支援機能を採用しました。Intel® Quick Sync Videoを始めとした、プロセッサーが提供する機能を活用することで、CPUに負荷をかけること無く、遅延の少ない転送を実現しています。また、情報を受け取る端末でもGPUを利用したデコードが行われるため、端末での表示もスムーズです。

GPUエンコードの効果が薄い環境ではロスレスモードをお使いください。デスクトップ画面で更新された領域のみを抽出し、可逆圧縮し転送する技術により、少ないCPU負荷で劣化の無い画面を体感していただけます。

 

・マルチモニターに対応

スキンで複数のスクリーンを定義することで、複数の画面を同時に転送することができます。前述のGPUエンコーディングによる圧縮により、通信に大きな負担をかけることなく、サブモニターへの操作が行えます。

 

・Bluetoothによる通信

LANやWANによる通信に加え、Bluetoothによる送受信が使用できます。テンキーやショートカット一覧などの音声・映像を必要としない入力のみのデザインであれば、バッテリーの消費が緩やかになるでしょう。

 

・Androidからも使えます

デスクトップを操作するためのアプリは、ウィンドウズストアからだけでなく、Android 4.0以降に対応するアプリとしてGoogle Playからも入手できます。お手持ちのスマートフォンがテンキーやショートカット入力装置に早変わりします。

 

【半額割引キャンペーン実施中】

TNKソフトウェアでは、アプリの初回公開を記念して、2016年4月15日までの期間限定で、ウィンドウズストアアプリ、Google Playアプリともに、通常販売価格の500円の50%引きである250円で購入可能です。もちろん、サービスのアカウントの適用内であれば、キャンペーン終了後もそのままお使いいただけます。

 

 

(標準スキン使用例)

 

 



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 TNK Software
代表者名 田中佑典
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    TNK Softwareの
    関連プレスリリース

    TNK Softwareの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域