京都発 環境教育プログラム「こどもエコライフチャレンジ」~マレーシアでも京都市の取組が実践されています!~

京都市では、平成17年度から、地球温暖化対策を家庭からも着実に進めるた めの取組として、子ども版環境家計簿を家族で活用いただく「こどもエコライ フチャレンジ推進事業」を実施しています。

平成26年3月13日

京都市環境政策局地球温暖化対策室



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏



京都発 環境教育プログラム「こどもエコライフチャレンジ」

     ~マレーシアでも京都市の取組が実践されています!~



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏





 京都市では、平成17年度から、地球温暖化対策を家庭からも着実に進めるた

めの取組として、子ども版環境家計簿を家族で活用いただく「こどもエコライ

フチャレンジ推進事業」を実施しています。

 将来を担う子ども達が、地球環境に対する理解を深めるとともに、夏休みや

冬休みの期間中に、御家族や友達と相談しながら、子ども向けの環境家計簿で

ある「こどもエコライフチャレンジ」に取り組みます。

 それにより、子どもの視点からライフスタイルを見直し、省エネルギーをは

じめとする「環境に配慮した生活」(エコライフ)を実践しています。

(全市立小学校で実施)





1 活動内容



 (1)夏休み前・冬休み前

  各学校において、地球温暖化の現状等をスクリーンに映し出して、子ども

 達に分かりやすく解説。子ども達へのインタビューを交えた地球温暖化に関

 する「3択クイズラリー」等を通して、楽しい雰囲気の中で、地球温暖化防

 止の大切さや家庭でのエコライフの実践方法について学習します。



 (2)夏休み中・冬休み中

  各家庭で、子ども達がエアコン、テレビなど電化製品の省エネをはじめ、

 マイバッグの持参、自転車の利用など、様々な生活場面で身近なエコライフ

 にチャレンジ。その結果を子ども版環境家計簿「こどもエコライフチャレン

 ジ」に記入します。



 (3)夏休み後・冬休み後

  夏休みに取り組んだ結果をもとに作成した「エコライフ診断書」を用い、

 ワークショップ形式で、エコライフを続けるコツをわかりやすく学び、子ど

 も達の地球温暖化防止に向けた取組の定着を図ります。





2 マレーシア版「こどもエコライフチャレンジ」



 マレーシアのジョホール州イスカンダル開発地域(面積2217平方キロメート

ル、人口140万人)は、2025年までに2005年比で約40%の温室効果ガス削減を

目標に掲げ、環境保全と経済成長の両立を目指す経済特区であり、低炭素社会

の実現に向けた事業が、日本の研究機関も参加して進められています。

 同地域では、こどもの視点から家庭のライフスタイルを見直すため、京都市

立の全小学校(概ね4年生が対象)で実施している環境教育プログラム

「こどもエコライフチャレンジ」を基にして、マレーシア版「こどもエコライ

フチャレンジ」が開発され、本年9月から11月まで現地の小学校23校でモデル

実施されました。

 イスカンダル開発地域では、今年度のモデル実施の結果を踏まえ、2014年度

には80校で、2015年度には全小学校(198校)で実施する計画となっています。





本件に関するお問合せ先

京都市環境政策局地球温暖化対策室  担当:中谷、山下

電話:075-222-4555 FAX:075-211-9286

E-Mail: ge@city.kyoto.jp

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 京都市
代表者名 門川 大作
業種 国・自治体・公共機関

コラム

    京都市の
    関連プレスリリース

    京都市の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域