NTTデータ四国とユニオンソフトがでんさいネット管理 ソフトウエアの販売に関する契約を締結

株式会社NTTデータ四国は、ユニオンソフト株式会社と、ユニオンソフトのでんさいネット管理ソフトウエア「電子債権の達人」の販売について特約店契約を締結し、2013年9月17日より販売、導入コンサルティングサービスの提供を開始しました。

※本ニュースリリースは株式会社NTTデータ四国とユニオンソフト株式会社が共同で配信しています。重複して配信されることがありますが、ご了承願います。
2013年9月17日

NTTデータ四国とユニオンソフトがでんさいネット管理
ソフトウエアの販売に関する契約を締結
~NTTデータ四国がユニオンソフトの「電子債権の達人」の販売を開始~


株式会社NTTデータ四国(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:菅家 裕、以下 NTTデータ四国)は、ユニオンソフト株式会社(本社:長崎県長崎市、代表取締役:濱田 利夫、以下 ユニオンソフト)と、ユニオンソフトのでんさいネット管理ソフトウエア「電子債権の達人」の販売について特約店契約を締結し、2013年9月17日より販売、導入コンサルティングサービスの提供を開始しました。
2013年2月に業務を開始したでんさいネット(注1)は、指名債権および手形のデメリットを解消し、これらに代わるものとなることが期待されています。
電子債権の達人は、電子記録債権の発生、譲渡、決済を債権者・債務者それぞれの立場で管理できるソフトウエアです。本ソフトウエアを利用する企業は、すでに利用中の会計・販売システム等を大きく変更することなく、債権・債務の発生・消し込み状況等をシステム上で管理することが可能となります。
ユニオンソフトは、今後も電子債権の達人に新機能を追加し、ユーザーの利便性向上を目指します。NTTデータ四国は、電子債権の達人の販売を通じて、地域社会におけるでんさいネットの利用促進を図り、四国4県を中心に今後3年間で、200社への販売を目指します。


【概要】
全国銀行協会が設立した電子債権記録機関でんさいネットは、2013年2月に電子記録債権にかかる電子記録に関する業務を開始しました。
電子記録債権は、電子債権記録機関の記録原簿への電子記録をその発生・譲渡等の要件としており、売掛債権等の指名債権のデメリットおよび手形のデメリットを解消し、これらに代わるものとなることが期待されています。その一方で、でんさいネット利用企業にとって、電子記録債権の管理と、従来からの紙の手形、ファクタリングの債権・債務の管理、期日現金払いの管理を個別に管理することは容易ではありません。
ユニオンソフトの電子債権の達人は、金融機関のインターネットバンキングと連携して、電子記録債権の発生、譲渡、決済を債権者・債務者それぞれの立場で管理できるソフトウエアです。
また、電子記録債権、従来からの紙の手形、ファクタリング、期日現金払いをオールインワンで管理できるコストパフォーマンスに優れた管理ソフトウエアであり、紙の手形からの切り替え時にもスムーズな移行が可能です。
NTTデータ四国では、でんさいネットに対応した統合パソコンバンキングソフト「EBNext2 DX」の開発・販売を行っており、EBNext2 DXに加え、電子債権の達人を提供することで、企業の多様なニーズに応じた最適な債権・債務管理の仕組みが構築可能になることから、一般企業・団体等の電子記録債権の利用促進をより支援していくため、電子債権の達人の特約店契約に至りました。


【特長】
1.でんさいネット標準フォーマット形式に対応
電子債権の達人に登録された債権・債務データは、でんさいネット標準フォーマット形式で出力することができ、そのまま金融機関のインターネットバンキングで一括アップロードし、発生記録請求・譲渡記録請求が可能です。また、金融機関のインターネットバンキングよりダウンロードしたでんさいネット開示データを取り込み、債権の新規登録、決済更新を自動で行えます。
これらの機能により、電子記録債権にかかる事務作業の負担軽減、入力ミス等の事務リスク低減が図れます。
(※1)本機能は、2013年9月末頃提供予定です。


2.多様な決済方法を一元管理
電子債権の達人は、電子記録債権管理のみならず、手形、ファクタリング、期日現金払いの管理機能を搭載しており、多様な決済方法にオールインワンで対応しています。
これらの機能により、保有する債権・債務を一元管理することで、決済方法ごとに個別に管理する手間がなくなり、管理作業の負担削減、資金管理における迅速な判断に貢献します。



【価格】
本体標準価格は、スタンドアロン版24万円(税別)からです。

【今後について】
今後、ユニオンソフトは、電子債権の達人に会計ソフトウエアへの仕訳伝票データ出力機能を追加し、新たに会計システムとの連動を実現します。
NTTデータ四国では、電子債権の達人を、四国4県を中心に今後3年間で、200社への販売を目指します。また、EBNext2 DXや電子債権の達人の販売を通じ、電子記録債権利用時の会計業務を効率化し、でんさいネットの利用促進を図ることで、地域社会における業務IT化に貢献していきます。

  注1:でんさいネット…正式名称:全銀電子債権ネットワーク
*「電子債権の達人」は、ユニオンソフト株式会社の登録商標です。
*「でんさい」、「でんさいネット」は、株式会社全銀電子債権ネットワークの登録商標です。
*「EBNext」は、日本国内における株式会社NTTデータ四国の登録商標です。
*その他の商品名、会社名、団体名は各社の商標または登録商標です。

【参考】
電子債権の達人 紹介Webサイト http://www.tatujin.co.jp/

【株式会社 NTTデータ四国について 】
■本社: 〒790-0003 愛媛県松山市三番町4-9-6 NBF松山日銀前ビル7F
■代表電話: 089-947-6010、050-5556-3000
■設立年月日: 1991年1月21日
■商号の変更: 2003年7月1日
■資本金: 1億円(NTTデータ100%出資)
■主なサービス等: システム構築、 コンサルティンィグ教育運用支援に到るまでのトータソリュションの提供および文書 管理、販売・在庫システム等の「らく 2」シリーズ、電子記録債権対応バンキグソフト「EBNext2 DX」などのパッケージ販売。

【ユニオンソフト株式会社について 】
■本社: 〒852-8154 長崎県長崎市住吉町3-18 武生ビル2階
■代表電話: 095-848-7778
■設立年月: 1994年5月
■資本金: 7,500万円
■主な事業内容:財務会計分野のパッケージソフト開発・販売。

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 ユニオンソフト株式会社
代表者名 濱田利夫
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    ユニオンソフト株式会社の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域