プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数45,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

一般外来受診時に医師に最も望むことは「的確な診断とわかりやすいアドバイス」 ―患者意識調査

日本ストレス調査協会

!2011年5月9日 6時

共進社印刷株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:久保輝久)は、一般生活者(医療消費者)を対象にした一般外来受診時における患者意識調査を実施しましたので、お知らせ致します。

関西・関東在住の一般生活者(医療消費者)を対象に、外来受診時において医療機関や医師に対する感想や希望等の意識調査を実施致しました。


(意識調査概要)
 調査名 :医師に対する患者意識調査
 実施期間:2011年4月15日(金)〜4月30日(土)
 調査方法:WEB調査
 回答者数:200

(回答者属性)
 性別 :男性54.8% 女性41.9% 無回答3.2%
 年齢 :20代16.1% 30代42.0% 40代25.8% 50代16.1%
 居住地:関西地方67.7% 関東地方32.3%



■■
□主な設問と回答結果


‖よく通院する病院を選んだ理由(複数選択可)

自宅や職場・学校など生活環境に近いからという理由が圧倒的
―――――――――――――――――――――――――――――――――
圧倒的多数の83.9%の回答者が「自宅や職場・学校などに近い」が病院を選択する理由として回答しており、次いで「医師の態度が丁寧で親切だから」が38.7%、「看護師や職員(スタッフ)が丁寧で親切だから」が35.5%という結果になりました。逆に掛かりつけ医だからと回答したのは12.9%に過ぎず、持病を持たない一般外来においては各生活環境に物理的に「近い」という理由で、受診する病院や医院が選ばれているということが判明しました。


‖問診票について

大多数の患者が「問診票」について疑問
―――――――――――――――――――――――――――――――――
問診表の記入で病状を的確に伝えられていると感じますか?という設問に対しては74.2%の回答者が「思わない」と答え、問診票が診察にどのように参考にされているかを理解しているという回答者は38.7%に過ぎないという結果になりました。受診前の比較的不安定な体調・心理状態で記入を求められる問診票について、医療機関側と患者側の意識ギャップが生じていることがわかりました。


‖診察中に医師に感じること(複数選択可)

コミュニケーション面における課題が浮き彫りに
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「病状をどう説明していいのかかわからず困惑してしまうことがある」との回答は45.2%に上り、次いで「こちらから質問しないと詳しい診断結果の説明がないことが多い」が38.7%、「結局何の病気でどのように治るのかわからないことが多い」が35.5%と、診察・診断という本質部分に患者側の困惑や戸惑いが存在することが浮き彫りになりました。また「もう少しゆっくりと病状や話を聞いて欲しい(32.3%)」「診察だけでコミュニケーションがない(16.1%)」といった人間味のある対応を欲する意見も多く見られました。



■■
□総評

当調査からは、"素人"である患者と"専門家"である医療機関・医師側に数多くのギャップが存在し、双方に「伝える」という側面において問題・課題が生じていることが明確になりました。
昨今では「セカンドオピニオン」に対する理解の欠如や、「ドクターショッピング(自分に都合の良い診断結果をしてくれる病院・医師を探す外来の方法)」といった患者側の現象も増加しており、医療費や企業の健康管理費増加の大きな原因ともなっています。

当社は「伝えるをお手伝いする」をビジョンに、製薬会社向け文書管理システムパッケージ「Agate」の提供や印刷物の提供を通じコミュニケーションの総合支援に取り組んでおります。加えて今後は、「気持ちの良い医療」をテーマに医療現場に存在するコミュニケーションギャップの研究・解消に着手して参ります。


「気持ちの良い医療」プロジェクト
・・・慢性的な医師不足や財政的に厳しい環境にある医院経営の実情を踏まえ、医療の一参加者でもある医療消費者(患者)側の主体性と医療に対する自立を促進することで、過度な「"医"存状態」を解消していくプロジェクトです。健康増進や予防医療の他、医療消費者が医療に接するシーンにおいて患者が正しい知識や姿勢で、自らが治療や健康改善の責任者として参加していくことができる環境を理想としています。

以上


※当社、及び当プロジェクトに対する医療機関関係者様、NPO法人様、健康保険組合様、保険会社様、一般企業様、マスコミ関係者様からのお問合せは下記までお願い致します。

 共進社印刷株式会社 事業企画室 西
 TEL: 06-6941-8881 FAX: 06-6941-1053
 nishi.norimasa@kik.co.jp


このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

日本ストレス調査協会

代表者名

西 規允

業種

ビジネス・人事サービス

プレスリリース情報

ジャンル

医療・健康

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

健保組合向け低価格ストレスチェックシステムを共進社が販売開始
!2014年1月20日 10時
共進社、クラウド型メンタルヘルスサポートを開始
!2013年9月3日 14時
「インタビューフォーム記載要領2013対応セミナー」を、医療文書システムの共進社が9月に開催。
!2013年8月27日 17時
「安心」「リーズナブル」な法人向けストレスチェックサービスを開始/共進社
!2013年6月5日 10時
共進社とキャリア・インディペンデンスが業務提携し、ストレスチェックと専門家によるカウンセリングが一体となったワンストップサービスを開始。
!2013年3月11日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る