COP15(国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議)作品展示のお知らせ:首都大学東京渡邉英徳研究室

首都大学東京・渡邉英徳研究室と特定非営利活動法人ツバル・オーバービューの共同研究成果「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」が、デンマーク・コペンハーゲンで開催されるCOP15(国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議)にて展示されます。

2009年11月30日
報道関係各位

首都大学東京システムデザイン学部
インダストリアルアートコース
渡邉英徳研究室
×
特定非営利活動法人ツバル・オーバービュー

■COP15(国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議)における
「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」展示のお知らせ

首都大学東京 渡邉英徳研究室(准教授:渡邉英徳)と
特定非営利活動法人ツバル・オーバービュー(代表:遠藤秀一)
の共同研究成果である

○ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト
http://tv.mapping.jp/
 
が、デンマーク・コペンハーゲンで12/7-18まで開催される
COP15(国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議)の
ツバル・オーバービューブースにて展示されます。


■COP15(国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議)とは

○COP15公式ウェブサイト(英語)
http://en.cop15.dk/

○デンマーク大使館公式ウェブサイト内の記事
http://www.ambtokyo.um.dk/ja/menu/COP15/WhatIsCOP15/

(以下、上記より転載)
COPは、締約国会議(Conference of Parties)の略です。
COPは、国連気候変動枠組条約(UNFCC)を受けて設置された会議で、
年に一度、各国の環境に関わる省庁の大臣が集まり、同条約の成果
について話し合います。

2009年のこの会議は、12月7日から18日までの2週間にわたり、
デンマークの首都コペンハーゲンで行われる予定です。

会議の目的は、
京都議定書に定めのない2013年以降の地球温暖化対策を決定し、
各国の同意を求めることにあります。


■「ツバルに生きる一万人の人類」プロジェクト

○公式サイト(英語)
http://10000.tv/

ツバル・オーバービューが推進している、
地球温暖化の被害に直面しながらも、それに対してあまりにも脆弱な
ツバルの人々の存在を世界に伝える為に、
ツバル国内の9つの島において、1万人のツバル人、
ツバルに住む全国民の取材を敢行しているプロジェクトです。


■「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」

○公式サイト(英語)
http://tv.mapping.jp/

首都大学東京渡邉英徳研究室と
特定非営利活動法人ツバル・オーバービューの産学公共同研究成果です。
デジタル地球儀「Google Earth」を用いて、
「ツバルに生きる一万人の人類」「ツバル・マッピング」などのコンテンツを
直感的に閲覧することができます。

株式会社フォトンが、コンテンツ配信用のサーバ提供と
技術協力を行っています。
http://www.photon01.co.jp/

■お問い合わせ先

〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6

公立大学法人首都大学東京システムデザイン学部
インダストリアルアートコース
渡邉英徳研究室

042-585-8606(代表)
hwtnv@sd.tmu.ac.jp

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 公立大学法人首都大学東京 渡邉英徳研究室
代表者名 渡邉英徳
業種 未選択

コラム

    公立大学法人首都大学東京 渡邉英徳研究室の
    関連プレスリリース

    公立大学法人首都大学東京 渡邉英徳研究室の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域