NO SNOWBOARDING NO LIFE スノーボードがくれた命

奇跡なんか信じない!! すべては必然なんだ!! スノーボード、仲間、強い意志とともに、難病、慢性活動性EBウィルス感染症に打ち克ったスノーボーダー、ダゼの復活ストーリー

高校卒業後にスノーボードにハマり、会社を辞め、山ゴモりを始めたスノーボーダー、ダゼ。数年後にはスポンサーも付き、順風満帆な人生を送っていた。これからガンガン撮影をこなし、ビデオや雑誌を通じてたくさんの人に自分のライディングを見てもらうはずだった……。そんな矢先に身体に異変が。何軒もの病院で検査を重ね、やっとのことでわかった病名は慢性活動性EBウイルス感染症。はっきりした治療法もなく、100万人に1人が冒されると言われている、いわゆる難病が彼を襲った。だが、目の前に立ちはだかった闘病生活をスノーボード、仲間、強い意志とともに乗り越え、見事難病に打ち克ったダゼの復活ストーリー。すべてのスノーボーダー、そして病気と闘う人に読んでもらいたい1冊……そして、アナタの価値観を変える1冊だ。

※売り上げの一部は日本骨髄バンク(財団法人骨髄移植推進財団)へ寄付いたします。

目次

第一章 最高に楽しいもの
第二章 プロを目指して
第三章 目標達成
第四章 絶好調から絶不調
第五章 難病
第六章 闘病中のプロポーズ
第七章 たったひとつの生きる道
第八章 奇跡なんか信じない
第九章 スノーボードがくれた命

著者プロフィール

荒井 daze 善正(あらい・だぜ・よしまさ)
1979年3月10日生まれ、東京都出身。16歳のときにザウスでスノーボード初体験。その後はスノーボードどっぷりの人生まっしぐら。ニュージラーンドでdaze(ダゼ)の名付け親である、プロスノーボーダー國母和宏に出会い、その影響でシーズン中は北海道を中心に活動。以来、夏は海外や室内ゲレンデ、冬は北海道という、スノーボード中心のライフスタイルをおくる。平成17年の冬頃から原因不明の足の痛みや麻痺、発熱などに悩まされ、平成18年に自宅で倒れ、翌平成19年には2度の入院。慢性活動性EBウイルス感染症という、100万人に1人がかかると言われている非常に稀な病気だった。同年11月、抗がん剤治療のため3度目の入院。辛い闘病生活、骨髄移植を経て、平成20年に退院、翌平成21年に雪山での復活を遂げた。
スポンサー:JUICE、SHIFT、FLUX BINDINGS、ACT PICTURES、北海道ウォール
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/dazet

仕様:
荒井 daze 善正著/四六版/256ページ/1300円+税/ISBN978-4-86256-050-6




【本件に関するお問い合わせ先】
トランスワールドジャパン(株)書籍編集部
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル11F
TEL/03-5778-8599 FAX/03-5778-8742 E-mail/hanbai@twj.to

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 トランスワールドジャパン株式会社
代表者名 --
業種 未選択

コラム

    トランスワールドジャパン株式会社の
    関連プレスリリース

    トランスワールドジャパン株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域