「全国の主要レジャー・集客施設の入場者数ランキング2008」

綜合ユニコム株式会社は、8月1日、独自のアンケート調査によって、全国の約660か所に及ぶレジャー・集客施設における2007年度の入場者数・売上高を集計・分析、ランキング化した『月刊レジャー産業資料』8月号を発刊いたします。

【調査結果の概要】――――――――――――――――――――――――――
レジャー施設13業種400施設、観光地・イベント7ジャンル260か所を一挙ランキング!
☆07年度の入場者数が前年度より上回ったのは357施設中140施設(06年度174施設)にとどまる。景気後退や物価高騰の影響を受け、それまでのV字回復トレンドから一転
☆一方で「旭川市旭山動物園」(307万人)、「スパリゾートハワイアンズ」(161万人)、「常陸海浜公園」(108万人)、「水木しげる記念館」(29万人)などが過去最高の入場者数を更新
☆新規施設では「東京ミッドタウン」(3,500万人)、「新丸ビル」(2,500万人)、「ミッドランド スクエア」(1,565万人)など話題の都市型複合施設が高集客。エリア内で相乗効果も
☆集客増加率の上位には、「館林野鳥の森フラワーガーデン」「札幌芸術の森」をはじめ、フラワーパークや自然体験型の観光施設が並び、自然共生トレンド強まる
☆アンケート結果より、過去5年の景況感は38.4%が「非常に好調」「やや上向いている」と回答する一方で、今後の景況感については46.8%が「やや厳しい」「厳しい」とみており、消費マインドの低下を反映した結果に
☆経営上の課題では、「施設の魅力低下」「競合の激化」が慢性化。また昨年起きた遊園地でのローラーコースター事故、重油高騰による運営費の増大が施設経営に影響を及ぼす

【本件に関するお問い合わせ先】
綜合ユニコム株式会社 『月刊レジャー産業資料』編集部 原田
Tel:03-3563-0039 Fax:03-3564-2560
〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-15 共同ビル4階

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 綜合ユニコム株式会社
代表者名 鈴木文男
業種 新聞・出版・放送

コラム

    綜合ユニコム株式会社の
    関連プレスリリース

    綜合ユニコム株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域