全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング【2019年版】 ※訂正版

綜合ユニコム株式会社(本社:東京都中央区)は、全国の主要なレジャー・集客施設を対象に、最新の運営実績と集客動向に関する独自調査を実施しました。本調査の年間入場者数に関する集計・分析結果は『月刊レジャー産業資料』9月号(NO.636)特集「レジャー施設 集客ランキング2019」として、2019年9月2日に発刊いたしました。

綜合ユニコム株式会社(本社:東京都中央区)は、全国の主要なレジャー・集客施設を対象に、最新の運営実績と集客動向に関する独自調査を実施しました。

本調査の年間入場者数に関する集計・分析結果は『月刊レジャー産業資料』9月号(NO.636)特集「レジャー施設 集客ランキング2019」として、2019年9月2日に発刊いたしました。

 

【調査結果の概要】

◎テーマパーク・遊園地・動物園・水族館・ミュージアムの入場有料施設を対象とした年間入場者数ランキングトップ10のうち、22施設が前年度実績を上回った。5業種トップ10の総入場者数は前年度比2.4%増と、堅調に推移した。

 

◎業種別の増減率は、高い順にテーマパーク(6.3%増)、遊園地(5.6%増)、動物園(2.7%増)で、水族館(2.7%減)とミュージアム(4.1%減)は減少をみた。

 

◎テーマパークでは、「東京ディズニーランド・東京ディズニーシー」が開業35周年を記念した年間イベントを通じ、32,558,000人と過去最高の集客を記録した。「サンリオピューロランド」も開園以来最高の集客実績(2,190,000人)を残した。

 

◎遊園地では、「としまえん」(1,124,881人)が前年度比で最大の伸びをみせた。アトラクションの新設・リニューアルのほか、「打上花火」と「ナイトプール」が2年目を迎え定着したことも奏功した。「鈴鹿サーキット」(2,105,115人)はF1グランプリ40回記念大会で、「よみうりランド」「ひらかたパーク」はイルミネーションが牽引し、集客アップ。

 

【業種別集客ランキング 上位5施設 ※入場有料施設】( )内は前年度比

[テーマパーク]
東京ディズニーランド・東京ディズニーシー     32,558,000人(108.2%)
ハウステンボス                    2,722,000人(94.5%)
サンリオピューロランド                2,190,000人(110.6%)
志摩スペイン村 パルケエスパーニャ          1,219,000人(101.8%)
東京ドイツ村                     1,076,927人(104.1%)

 

[遊園地]
鈴鹿サーキット                    2,105,115人(103.0%)
よみうりランド                    1,909,652人(103.9%)
ひらかたパーク                    1,309,046人(109.0%)
としまえん                      1,124,881人(120.5%)
レオマリゾート                    1,073,000人(102.7%)

 

[動物園]
東京都恩賜上野動物園                 4,964,547人(110.3%)
名古屋市東山動植物園                 2,542,037人(97.7%)
天王寺動物園                     1,675,822人(96.5%)
旭川市旭山動物園                   1,373,826人(96.1%)
アドベンチャーワールド                1,288,200人(115.8%)

 

[水族館]
沖縄美ら海水族館                   3,718,446人(98.3%)
海遊館                        2,770,000人(105.3%)
名古屋港水族館                    2,105,406人(94.8%)

サンシャイン水族館                  1,730,000人(87.8%)
マクセル アクアパーク品川              1,705,000人(99.2%)

 

[ミュージアム]
国立科学博物館                    2,666,743人(92.5%)
国立新美術館                     2,613,609人(92.4%)
金沢21世紀美術館                  2,580,591人(108.7%)

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless

                           2,311,995人(-)

東京国立博物館                    2,142,960人(83.4%)
※「国立科学博物館」は上野本館、筑波実験植物園、附属自然教育園の合計
※「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless」は開業から1年間



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 綜合ユニコム株式会社
代表者名 鈴木文男
業種 新聞・出版・放送

コラム

    綜合ユニコム株式会社の
    関連プレスリリース

    綜合ユニコム株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域