アイキャッチ画像

謹賀新年|消費者 経済 総研|昨年実績と年始の発表予定

-消費者 経済 総研-

謹んで新春をお祝い申し上げます。  
昨年は弊社のリリースをお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

消費者経済総研は、

令和2年において、様々なリリースを、配信してまいりました。

 

おかげさまで、テレビ番組の出演、新聞・雑誌の取材や執筆

ネットニュースへ掲載と、消費者経済総研 チーフ・コンサルタント 松田優幸が

昨年、各メディアに、登場させて頂きました。

 

皆さまには、この場を借りて、御礼申し上げます。

 

さて、下記は、昨年2020年の消費者経済総研のリリースの一部です。

■コロナ関連リリース

【 判明|ファクターX | 亜種コロナで交差免疫 】や

【 コロナ|経済ブレーキで、失業率増加→犠牲増加の警鐘 】

 

これらの連載は、多くのアクセス数があり、私(松田)も驚いたほどです。

 

消費者経済総研の調査・研究の対象のジャンルは「消費・商業・経済」 です。

その消費・商業・経済は、昨年は新型コロナにより、多大な影響を受けました。

 

消費・商業・経済へのダメージを制御するには、コロナ対策のあり方が重要です。

そこでコロナを、防疫問題としてのみではなく、経済問題として、リリースをしました。

私(松田)は、英語やドイツ語の医学研究論文やデータベースを、読み込んだりもしました。

 

もちろん、次のように、コロナ関連以外の、消費・商業・経済のテーマも、取り上げました。

■経済関連リリース

 【 日本・世界の経済|2020年見通し・予測 】

では、世界と日本の1年間のマクロ経済の予測を、対象としました。

 

私(松田)は、慶応大の経済学部卒ですが、経済をよりわかりやすく解説したいとの思いから

「わかりやすい経済解説」のシリーズを展開しています。昨年は、下記をリリースしました。

 

 【 アベノミクス総決算|その成果 】 【 勘違い対策|GDP成長率の正しい見方 】

 

 【 日本は借金大国か? 違うのか? 】 【 国の借金の上限は|消費税 増税or減税?】

 

 【 国の借金|増えても問題ない? |その理由 とは? 】 【 MMT理論とは? 】

 

などをリリースしました。

 

企業ビジネスのテーマでは、

 【 JRが 鉄道会社 ⇒ 不動産会社へ?|既に巨大な不動産会社? 】

も取り上げました。

■消費の現場・最前線のシリーズ

 【 消費空間革命|宮下パーク|対ECの実店舗の反撃 】

 【 新型・駅ビル空間|JR横浜タワー 】

 

そして、それらを通じ

 【 商業施設が " 服 " の店舗を、大幅に減 】を解説しました。

 

その他

 【 女子高生の原宿が、オトナの街へ?|ウィズ原宿 】や

 【 魅力満載|立川グリーン スプリングス 】

などで、消費の現場の最前線を、お伝えしました。

 

 【 注目の商業スポット・ベスト20と、そこから浮かぶ キーワード 】

もリリースしました。

■トレンド関連リリース

 【 2020年予測|キーワード・ベスト5|ヒットトレンド ベスト・30 】で

2020年のトレンド等を予測ました。 (配信日は19年の年末)

 

その他、ライフスタイル・ビジネススタイルのトレンドとして

 【 令和2年はアキ活 元年|7/24はアキ活 元日|アキ活してますか? 】

 【 非・移動革命の一層の促進 】

を解説しました。

 

※上述のテーマタイトルは、リリース時のタイトルを短縮表記等しています。

※2020年 消費者経済総研 リリース(バリュープレス)一覧

 https://www.value-press.com/corporation/61555

■2021年は?

続けて新年の年始は、下記を発表予定です。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■1月8日(金)予定「2021年予測 拡張・総合編」

*世界の マクロ経済の見通し

*日本の マクロ経済の予測(賃金、不動産、GDP、株価)

 

*コロナ収束時期の予測

 

*令和三年を表す「一文字」

*2021 「キーワード」 ベスト10 予測

 

*2021 「個別ヒット・トレンド」 ベスト40 予測

*2021 「スイーツ・食べ物」 トレンド予測

 

■取材・出演の ご依頼

番組出演、執筆、講演等のご依頼も、ご相談下さい。

 

■【登壇者 プロフィール】  
松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント)

 

◆1986年 私立 武蔵高校 卒業  

◆1991年 慶応大学 経済学部 卒業  
 *経済学部4年間で、

 ・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)  
 ・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済を専攻  
  

 *経済学科 高山研究室の2年間 にて、  
  ・貿易経済学・環境経済学を研究  

◆慶応大学を卒業後、東急不動産(株)、東急(株)、(株)リテール エステートで勤務  

 *1991年、東急不動産に新卒入社し、途中、親会社の東急(株)に逆出向  
 *2005年、商業コンサルのリテールエステートに移籍  

 *東急グループでは、  
  消費経済の最前線の現場である、店舗・商業施設などを担当し、  
  各種施設の、企画開発・運営、店舗指導、接客等で、消費の現場の最前線に立つ  

 *リテールエステートでは、  
  全国の消費経済の現場を調査・分析し、その数は、受託調査+自主調査で多岐にわたる。  
  商業コンサルとして、店舗企業・約5000社を、リサーチ・分析したデータベースも構築  

◆25年間の間「個人投資家」としても、活動中。  
 

 株式の投資家として、マクロ経済(金利、GDP、物価、貿易、為替など)の分析や、  
 ミクロ経済(企業動向、決算、市場など)の分析にも、注力している。  

◆近年は、  
 消費・経済・商業・店舗・ヒットトレンド等で、番組出演、執筆・寄稿、セミナー・講演等で活動  
 *現 在は、  
  消費者経済総研 チーフ・コンサルタント (53歳)  
  兼、株式会社 リテール エステート リテール事業部長  

*資格は、

 ファイナンシャル・プランナーほか



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 消費者経済総研
代表者名 松田優子
業種 その他サービス

コラム

    消費者経済総研の
    関連プレスリリース

    消費者経済総研の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域