アイキャッチ画像

発売前重版決定! 『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』9月19日より全国発売開始!

辰巳出版では、発売前より多くのサイトでご紹介いただいている『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』の全国発売を開始しました。あのビル・ゲイツを「改宗させ」、2018年につづき、2020年夏にも自身のブログGatesNotesで推薦している、瞑想とマインドフルネスの入門書でマインドフルな毎日をお過ごしください。

辰巳出版では、発売前より多くのサイトでご紹介いただいている

『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』

の全国発売を9月19日(土)より開始いたします。

発売前重版が決定! 日常に取り入れやすい“10分間瞑想”

多くのサイトで取り上げられた本書は、発売を前に重版が決定。きわめて実践的な瞑想方法が書かれていることから、丁寧な作りで分かりやすく日常に取り入れやすい、と瞑想初心者や過去に挫折してしまった人にも響く内容となっています。

あのビル・ゲイツを「改宗させ」、2018年につづき、2020年夏にも自身のブログGatesNotesで推薦している、瞑想とマインドフルネスの入門書でマインドフルな毎日をお過ごしください。

 

 

※以下内容については、BOOKウォッチ編集部 書評より抜粋いたしました。

https://books.j-cast.com/2020/09/18012744.html

「今、ここ」に存在することを意識

 基本となる「マインドフルネス」の概念について、こう説明する。

 

 「マインドフルネスは、ただ目を閉じて座るという形を越えた、瞑想のテクニックの中心となる要素です。マインドフルネスとは、気をそらさずに『今、ここ』に存在することを意味します。心を落ち着け、一切のこだわりも予断も捨てて自然な意識を保つということです」

 

 そして瞑想は、ただマインドフルネスを実践するために最適なコンディションをつくりだすテクニックにすぎません、と書いている。本書が勧めるのは10分間瞑想だ。

 

 始める前の注意、導入時に意識すること、より深く瞑想するための呼吸法などを詳しく解説している。

 

 「できれば朝一番の習慣にする」「10分で終わらせる」など長続きさせるためのポイントも書いている。

 

 マインドフルネスは、瞑想だけによってもたらされるものではないようだ。食事をしながら、歩きながら、運動しながら、走りながら、寝ながら、眠りながら、とさまざまな状況での取り組みを解説している。

研究者が瞑想の効果を検証

 「からっぽ」という概念を禅で言うところの「無の境地」と理解すれば、さらに著者の元仏僧という体験を踏まえれば、マインドフルネスとは禅を西洋式に言語化、科学化したものと評者は理解した。

 

 本書ではイギリスの国立医療技術評価機構により瞑想がさまざまなストレス治療に使われていることやカリフォルニア大学ロサンゼルス校、マサチューセッツ大学医学部など多くの大学が瞑想の医学的効果を検証していることを紹介している。
 新型コロナウイルスの感染拡大によって、先行きが見えない今、気分や感情をコントロールすることが大事だろう。本書はその手助けになる1冊かもしれない。

(BOOKウォッチ編集部)

 

 

【書籍紹介】

『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』

著者:アンディ・プディコム

訳者:満園真木

定価:本体1,400円+税

判型:四六簡易フランス装/256頁

発売日:2020年9月19日

 

全国の書店およびネット書店にて発売。 

 

<amazon>

https://www.amazon.co.jp/dp/4777826708/

 

<Rakutenブックス>

https://books.rakuten.co.jp/rb/16406327/

 

【著者略歴】

アンディ・プディコム(Andy Puddicombe)

イギリス保険医療委員会公認の臨床瞑想コンサルタント。元仏僧。大学在学時に僧を志しアジアに旅立つ。世界各地の寺院や僧院で修業を積んだのち、チベットの僧院で正式な仏僧となるが、2004年にイギリスに帰国。その後、瞑想普及のための団体〈ヘッドスペース〉を創設。「瞑想を誰にとっても身近なものにし、なるべく多くの人に瞑想にしたしんでもらいたい」との理念をもち活動に励んでいる。
本書はビル・ゲイツが2018年につづき、2020年のお勧め本の一冊として推薦、世界各国で刊行されベスト&ロングセラーとなっている。

 

【訳者略歴】

満園真木(Maki Mitsuzono)

翻訳家。青山学院大学卒業。主な訳書に「アメリカン・プリズン 潜入記者の見た知られざる刑務所ビジネス」、「死体は嘘をつかない 全米トップ検死医が語る死と真実」(ともに東京創元社)、「大切な人を亡くしたあなたに」、「生きるための選択 少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った」(ともに小社)などがある。

 

 

【会社概要】

(1)名称:辰巳出版株式会社

HP:http://www.tg-net.co.jp/

Facebookページ:https://www.facebook.com/tgnet.co.jp/

Twitter:https://twitter.com/tatsumi_group

(2)代表者: 代表取締役社長 廣瀬和二

(3)所在地:東京都新宿区新宿2丁目15番14号 辰巳ビル

(4)設立:昭和42年11月1日

(5)事業内容:雑誌・書籍・ムック・コミックス・デジタルコンテンツ・等のメディア事業



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 辰巳出版株式会社
代表者名 廣瀬 和二
業種 新聞・出版・放送

コラム

    辰巳出版株式会社の
    関連プレスリリース

    辰巳出版株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域