アイビーシー、PCI DSS 要件 10 に準拠した「レポート出力テンプレート」を提供開始

アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:加藤 裕之、以下 IBC)は、統合ログ管理部門で国内シェア No.1(※)の Logstorage を提供するインフォサイエンス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:宮 紀雄、以下インフォサイエンス)と連携し、PCI DSS 準拠が必要なシステムやサービスのアクセスログ対策に利用できる独自の「レポート出力テンプレート」の提供を 9 月 8 日より開始いたします。あわせて、IBC が長年培ったシステム状況の監視・管理の構築ノウハウを結集し、柔軟なログ管理機能を持つ Logstorage を活用して、PCI DSS の要件 10 に対応可能な「ログ取得構築支援サービス」も提供いたします。

アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:加藤 裕之、以下 IBC)は、統合ログ管理部門で国内シェア No.1(※)の Logstorage を提供するインフォサイエンス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:宮 紀雄、以下インフォサイエンス)と連携し、PCI DSS 準拠が必要なシステムやサービスのアクセスログ対策に利用できる独自の「レポート出力テンプレート」の提供を 9 月 8 日より開始いたします。あわせて、IBC が長年培ったシステム状況の監視・管理の構築ノウハウを結集し、柔軟なログ管理機能を持つ Logstorage を活用して、PCI DSS の要件 10 に対応可能な「ログ取得構築支援サービス」も提供いたします。

 

純国産の統合ログ管理システムである Logstorage は、出荷本数が 13 年連続国内第 1 位となっており、クレジットカード決済業界におけるセキュリティ標準「PCI DSS」への準拠を目的としたログ管理製品として多くの企業で採用されています。しかしながら、PCI DSS 準拠に対応したネットワークやサーバーなどの IT インフラを管理されている運用現場の方々からは、日々大量のログが生成され保管される状況に対し、準拠要件となる「ネットワークリソースおよびカード会員データへのすべてのアクセスを追跡および監視する」環境を設計し、そのログを要件どおりに運用することが大変であるという声が多く寄せられました。

 

そこで、IBC はこの課題を解決すべく、インフォサイエンスの協力を得て、Logstorage の機能を活用し、PCI DSS 要件 10 準拠を目的とした「レポート出力テンプレート」を開発しました。このテンプレートをご利用いただくことで、PCI DSS 準拠をカバーした設定と運用の推奨パターンが提供され、ログ管理業務の構築や運用の負荷軽減を図ることができます。

 

 

図:PCI DSS 要件 10 準拠を目的としたレポート出力例

 

このテンプレートにより、Logstorage のログ管理機能をご利用いただくお客様にとって、ログ取得の一元管理方法が整備されるだけでなく、ログの内容を追跡確認する手順(管理)が整理されることで、PCI DSS の監査に必要な条件と監査の準備物を短期間に用意することができます。また、システム全体のログに整合性を保つためのタイムスタンプの有無や、時刻管理のデータと突き合わせが必要な際のネットワーク環境の事前調査も可能です。テンプレートのカスタマイズや、お客様専用のテンプレート作成もご支援いたします。

 

提供するサービスと価格は下記のとおりです。

1. PCI DSS 要件 10 対応 標準レポート出力テンプレート:200,000 円 ~ / 1 レポート

   レポートカスタマイズ                                              :個別見積
   お客様専用のレポート テンプレート作成支援          :個別見積

2. PCI DSS 要件 10 対応 ログ取得構築支援サービス     :個別見積

 

本サービスの提供により、初年度 20 案件の受注を見込んでおります。IBC は、今後も多様化する決済手段サービスを提供するお客様が、容易に PCI DSS 準拠がおこなえるよう、総合的にご支援する製品やサービスを提供してまいります。

 

 

<Logstorage について>

 

Logstorage は純国産の統合ログ管理システムで、小規模システムから超大規模システムまでカバーします。さまざまな業界で採用され、大手企業、官公庁、公益事業を中心に導入実績があり、出荷本数は 13 年連続第 1 位となりました。(※) 


※出典:ミック経済研究所 「【ガバナンス & 監査編 2019 年版】サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望(統合ログ管理市場)」

 

 

<企業情報>

 

インフォサイエンスについて

 

インフォサイエンスは 1995 年、企業向けにインターネットサーバの運用を受託することから事業を始め、現在では自社にてデータセンターを持ち、コンサルティングから開発、運用・保守まで一貫してサービスを提供しています。

 

社  名:インフォサイエンス株式会社

本  社:〒108-0023 東京都港区芝浦 2 丁目 4 番 1 号 インフォサイエンスビル

代 表 者 :代表取締役社長 宮 紀雄

設  立:1995 年 10 月

事業内容:セキュリティ関連ソフトウェア製品開発

     SaaS 型クラウドサービス

     データセンター運用

 

IBC について

 

IBC は、2002 年の設立以来、性能監視分野に特化した事業を展開しており、ネットワークシステムの稼働状況や障害発生の予兆などを把握するネットワークシステム性能監視ツールの開発・販売およびコンサルティングを手掛けています。

 

社  名:アイビーシー株式会社

本  社:〒104-0033 東京都中央区新川 1 丁目 8 番 8 号 アクロス新川ビル 8 F

代 表 者 :代表取締役社長 加藤 裕之

設  立:2002 年 10 月

事業内容:ネットワークシステム性能監視ツールの開発 / 販売 / サポート

     ネットワークシステムの性能評価サービス

     ネットワークシステムの設計・構築、コンサルティング

     IoT セキュリティ基盤サービスの開発 / 提供

     各種機器、ソフト販売

 

 

<本件に関するお問い合わせ>

 

■アイビーシー株式会社

電話 :03-5117-2780

E-mail:info@ibc21.co.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 アイビーシー株式会社
代表者名 加藤 裕之
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    アイビーシー株式会社の
    関連プレスリリース

    アイビーシー株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域