遺伝カウンセリング市場、薬理ゲノムサービスと診断カウンセリングサービスの重要性が高まる

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「遺伝カウンセリングの世界市場 (2019-2030年)」 (BIS Research Inc.) の販売を9月3日より開始いたしました。

遺伝カウンセリングは、遺伝リスクのある個人やその家族が、疾患のリスク、遺伝様式、および遺伝性疾患の自然史を理解するためのコミュニケーションプロセスです。この手続きをたどることで、家族計画やリスク管理サービスなどの場面で、必要に応じて遺伝学的検査に対するインフォームド・コンセントを促します。

 

従来、遺伝カウンセリング支援サービスは、主に適応リスク評価やその他の出生前・妊娠前、小児リスクケアなどの場面で提供されてきました。しかし、遺伝カウンセリング市場における新たな企業の出現により、薬理ゲノムサービスと診断カウンセリングサービスは、現在の診断と治療において重要な役割を果たすようになりました。現在、Genome MedicalやMyOncoPathのような複数の企業がこれらのサービスを市場に提供しています。市場への新規プレイヤーの参入と、コスト削減やリソースの最大利用が相まって、現在の市場は変貌を遂げています。

 

政府の取り組みや、一般の人々の遺伝的条件に関連する意識の高まりなど、複数の要因によって市場は支持されています。さらに、産業界と病院の両方に存在する遺伝カウンセラーが増加していることも、市場の主要な促進要因です。

 

競争環境

 

Genome Medical、GeneMatters、Fulgent Genetics、InformedDNAなどの主要プレイヤーが、市場で報告されているパートナーシップや提携などの相乗的な開発をリードしています。地域別に見ると、2020年から2030年は北米がトップの座を維持すると予想され、欧州がこれに続きます。これは、同地域の業界をリードするプレイヤーの存在と、遺伝子疾患の増加が相まって生じた結果です。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/bis949761-global-genetic-counseling-market-focus-on.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域