アイキャッチ画像

~主婦200人にアンケート~在宅ワークに興味はありますか?どんな仕事がしてみたいですか? さらに経験者に聞いた収入やメリット・デメリット

主婦200名を対象に行った「在宅ワーク(フリーランス)という働き方」に関するアンケートの調査報告です。在宅ワーク(フリーランス)への興味については8割の主婦が「ある」と回答。新型コロナの影響もあり在宅ワークへの注目は高まる一方、「情報収集の方法がわからない」「はじめ方がわからない」と言った声も多く寄せられました。また、在宅ワーク経験者には「収入とメリット・デメリット」について聞いています。

主婦の社会復帰や在宅ワークなど仕事に役立つ資格から、趣味や生活に役立つ学び・資格を紹介する「主婦資格ナビ」(https://www.shikaku-en.jp)を運営する株式会社パセリ(パセリホールディングスグループ)が主婦200名に「在宅ワーク」に関するアンケートを実施。興味の有無ややってみたい仕事について聞きました。さらに在宅ワーク経験者にその収入やメリット・デメリットについて聞きました。

 

 


<TOPICS>

1.約8割の主婦が「在宅ワーク(フリーランス)に興味がある」と回答

2.在宅でやってみたい仕事は「データ入力」
3.新型コロナの影響もあり「在宅ワーク」への興味が高まっている反面、「何からはじめれば良いのかわからない」という声も多い
4.在宅ワークでの収入 6割強が5万円未満

 

 

【回答者属性】 n=202

■約8割の主婦が「在宅ワーク(フリーランス)に興味がある」と回答、やってみたい仕事1位は「データ入力」

対象者202名のうち、現在の雇用形態が「在宅ワーク・フリーランス・自営業」(23名)を除く、179名に聞きました。


「在宅ワークをするならどんな仕事がしてみたいですか?」 (複数回答可)
179名のうち、35名は「やりたいと思わない、興味がない」を選択。残り144名、現在正社員やパートで働いている方も含め、約8割の方が在宅ワーク・フリーランス等に興味がある という結果になりました。

さらにやってみたい仕事第1位は「データ入力」、ついで「ハンドメイド」「WEBライター」という結果に。

■扶養控除の範囲内で働きたい

「在宅ワークで月にいくらぐらい稼ぎたいですか?」

7割強の方が10万円未満と回答しています。在宅ワークでは、それほど稼げないというイメージがそもそもあるのかもしれませんが、大半が扶養の範囲内で働くことを希望しているようです。月収8万円以下であれば「103万円の壁」、月収10万円未満であれば「150万円の壁」は越えない範囲となるので、ひとつのボーダーラインとなっているのでしょう。

新型コロナの影響もあり「在宅ワーク」への興味が高まっている反面、「何からはじめれば良いのかわからない」という声も

「在宅ワーク(フリーランス)という働き方についてどう思いますか」

▼良い・プラスイメージ

「現在妊娠中なので在宅やフリーランスだと長く働けそうで魅力的に感じます。」(20代後半、専業主婦、妊娠中)
「家でできるのはコロナ対策になり安心です。」(30代後半、正社員)
「通勤時間の削減がとても魅力だと思います。」(40代前半、正社員、幼保育園ママ)
「子供がいるし、主人が転勤族なので場所を問わないのが嬉しい。」(30代前半、専業主婦、未就園児ママ)
「自分や家族の時間が沢山もてるのがとても魅力的です!スケジュールも自分で決めれるし、なによりやりがいがあると思います。」(30代後半、パート、未就園児・幼保育園児ママ)
「子供がいて外に働きにいくことはいまはまだ難しいけど、在宅で仕事ができたら自分の自信につながりそう。」(20代後半、専業主婦、未就園児2人ママ)

中には、すでにやりたいことがあるという方も  
「ヨガインストラクターをしてみたい。」(30代後半、パート、幼保育園児ママ)
「在宅での医療カウンセリングなどを行ってみたい。」(20代前半、正社員)
「ハンドメイドが好きなので、作成した物をネットで売っておこづかいにでもなればいいなと思っていますが、そのノウハウが分からないので、勉強したいと思っています。」(30代前半、正社員、小学生2人ママ)

▼悪い・マイナスイメージ

「自宅でできるのは楽ですがオンオフの切り替えがうまくできなそう。」(30代後半正社員、幼保育園児ママ)
「安定した収入が得られなそうな気がする…企業様から仕事をいただく場合は景気にも左右されそう。」(40代後半パート)
「給料が安そう。」(50代正社員、大学・専門学校生ママ)
「怪しいビジネスも多かったり、手に職がないとできなかったり、とても狭き門なイメージがあります。」(30代前半専業主婦、未就園児ママ)

そして、多かったのが「やり方、始め方がわからない」という意見。  
「やってみたいことは山ほどあるのですが何からしたらわからずスタートできない。知識がない。」(30代後半、パート、幼保育園児・小学生ママ)
「始め方がわからない。」(30代後半、幼保育園児ママ)
「やれるほどの手に職はない、面倒そう、税金についてもよくわからない。」(40代前半、専業主婦、未就園児・幼保育園児ママ)
「やってみたいという気持ちはありますが、実際に仕事の募集があるのか、どのように進めていくのかわからないのが現状です。」(50代、専業主婦、中学生・高校生ママ)
「興味はありますが、何か資格があるわけでもなく、何から始めていいかわからないのが現状です。」(40代後半、専業主婦、小学生・高校生ママ)
「どうやって探せばよいのかよくわからない。」(30代後半、専業主婦)

■在宅ワークやフリーランスの現実は?

今回のアンケート回答者で、すでに在宅ワーク(フリーランス)をしているという方は23名。

 

「在宅・フリーランスでどんなお仕事をしていますか?」

第1位 Webライター / 第2位 事務 / 第3位 翻訳

その他、カウンセラー DTPデザイナー テープ起こし 社労士 ネットショップ経営 講師 インストラクター 内職

 

「その仕事で月にいくらぐらい稼いでいますか?」

3万円未満 9名
3~5万円未満 3名
5~10万円未満 4名
10~20万円未満 5名
20万円以上 1名
その他 1名

 

「在宅ワーク(フリーランス)という働き方についてどう感じていますか?」

▼メリット

「家事とのバランスを取りながら自分のペースで働ける。人の目を気にせず好きなように働ける。自分らしく働ける。稼ぎも自分次第なので頑張れば頑張る分だけ稼げる。」(20代後半、講師、3万円未満)
「自分の時間を効率的に使える。」(50代、社会保険労務士、3万円未満)
「自由でやりがいがある。」(60代、Webライター、3万円未満)
「自宅にいられるので、子どもの成長が見守れる。時間やスケジュールの調整が効く。」(30代後半、Webライター、10~20万円未満)
「自分の好きな時間に合わせて仕事ができるところが良いです。」(50代、事務、5~10万円未満)

▼デメリット

「自分の自由に時間が使える反面、コロナ禍で安定性のない職業と思い知りました。副業を探しているところです。」(30代後半、Webライター)
「在宅ワーカーは、ある程度の資格や技術が無いと、あまり稼ぐことはできないと思います。セールスライティングが上手に書けるようになれば、儲かると言いますが、会社の方から注文が来るまでになるには、かなりの勉強が必要です。」(50代、WEBライター)
「自由になる時間があるが、余裕がない。」(50代、インストラクター、3万円未満)
「家で仕事をしていると家事などとの兼ね合いでメリハリがつかない。世間ではまだ外で働くことが労働だと思われている感があり、家で仕事をしていても遊んでいるように思われがちなのが遺憾。」(50代、事務、3万円未満)

 

【アンケート概要】

対象者:20~60代主婦 202名(専業主婦・兼業主婦いずれも含む)

調査期間:2020年7月15日 ~ 7月29日(モニプラにて実施)

 

当アンケート結果については、主婦の社会復帰や在宅ワークなど仕事に役立つ資格から、趣味や生活に役立つ学び・資格を紹介する「主婦資格ナビ」(https://www.shikaku-en.jp/article/63 )でもご紹介しています。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社パセリホールディングス
代表者名 鈴木稔
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社パセリホールディングスの
    関連プレスリリース

    株式会社パセリホールディングスの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域