アイキャッチ画像

界面活性剤の市場規模、2020年の421億米ドルから2025年には524億米ドルへ、CAGR4.5%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「界面活性剤の世界市場 (~2025年):陰イオン・非イオン・陽イオン・両性」 (MarketsandMarkets) の販売を8月14日より開始いたしました

界面活性剤の市場規模は、2020年の421億米ドルから2025年には524億米ドルに達し、CAGR4.5%で成長すると予測されています。市場の成長は、アジア太平洋地域の人口増加と都市化の進展が牽引しています。また、COVID-19による手指消毒剤などの製品に対する認知度の高まりも需要を牽引する要因となっています。

 

アニオン界面活性剤が市場を牽引

 

アニオン性界面活性剤は2019年の界面活性剤市場をリードしました。同市場は、その低コストと入手の容易さにより成長が促進され、幅広い用途で使用されています。さらに、清掃や衛生に対する意識の高まりも、需要を牽引しています。

 

ホームケア用途が市場をリードする

 

ホームケア用途が2019年の市場を牽引しました。界面活性剤は、食器用・洗濯用洗剤、食器・洗濯用石鹸、カーペットクリーナー、フロアクリーナーなど様々な製品に使用されています。 また、布地や食器などの表面に付着した油分や汚れ、不要な粒子を除去するため、ホームケア製品にも使用されています。

 

北米が最大の市場シェアを占めると予想される

 

市場は、北米が金額ベースで最大のシェアを占めると予想されます。一方、数量ベースではAPAC(アジア太平洋地域)が市場をリードする見込みです。北米ではバイオベースの界面活性剤が使用されており、タイやマレーシアなどの国から原料を輸入する必要があるため、APACと比較すると界面活性剤の市場価格が高くなります。このため、APACと比較した場合、金額的には北米の市場シェアが上回ります。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama943890-surfactants-market-by-type-anionic-non-ionic.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域