自動運転車用ハイテク塗料・コーティング剤の市場規模、2020年から2025年までCAGR21.79%で成長予測 技術進歩や大規模投資により、米国が最大シェア獲得

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動運転車向けハイテク塗料・コーティング剤の世界市場:2019-2025年」 (BIS Research Inc.) の販売を8月6日より開始いたしました。

自動運転車用ハイテク塗料・コーティング剤の市場規模は、2020年から2025年までに、CAGR21.79%で成長すると予測されています。2020年の市場は、北米が62.15%のシェアを占めています。米国、メキシコ、カナダなどの主要国を含む北米は、突出した市場シェアを占める地域です。中でも米国は、政府の厳しい規制、技術の進歩、専用の研究開発施設への大規模投資により、最大シェアを獲得しました。老舗・ローカルプレーヤーの存在により、市場はさらに細分化されています。

 

自動運転車の急速な増加、交通安全への関心の高まり、道路渋滞緩和の必要性、LiDARセンサーへの需要など、いくつかの要因によって市場は牽引されています。しかし、LiDARやカメラなどの自動運転コンポーネントの高価格や、ハイテク塗料の耐久性の問題が相まって、市場の成長を抑制しています。

 

COVID-19パンデミックは世界経済、特に自動車部門に大きな影響を与えています。これは主に、中国における自動車のサプライチェーンと製造業の混乱によるものです。その上、企業は工場を閉鎖し、売上高の急落に対処しなければなりませんでした。その結果、世界的に収益が減少しています。例えば、Ford Motors Companyは、COVID-19による状況の悪化により、自動運転車の発売を2021年から2022年に延期しました。さらに、Cruise、Uber、Waymoなど多くの企業がバックアップドライバーを必要とする自動運転車のテストを中止しています。しかし、中国では徐々に状況が改善されつつあります。4月上旬には、General Motors、BMW、トヨタなどの自動車メーカーが中国での工場を再稼働させました。トヨタの一部門であるPony.aiも広州市と北京市で自動運転車のテストを再開させています。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/bis945419-global-hi-tech-paints-coatings-market-autonomous.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域