アイキャッチ画像

イーソルの「eMCOS® POSIX」がKalray社のミックスド・クリティカルシステム向けインテリジェントプロセッサ「Coolidge™」に対応

イーソル株式会社は、高性能でスケーラブルなPOSIX仕様準拠リアルタイムOS「eMCOS® POSIX」が、フランスのKalray社が開発した第3世代のMPPA®インテリジェントプロセッサ「Coolidge™」をサポートしたことを発表します。これにより、自動運転用ソフトウェア AutowareやAUTOSAR Adaptive Platform、ロボット制御用フレームワークROSに対応した自動運転やロボット制御向けの高度なアプリケーションを、MPPA Coolidge上で開発できるようになります。ユーザは高性能かつ低消費電力のMPPA Coolidge(80コア)を既存のマルチコアシステムと同様に利用することが可能になります。イーソルは、MPPA Coolidgeの優れたメニーコアアーキテクチャを活かした、セキュアなPOSIX準拠のソフトウェアプラットフォームを提供します。

イーソルの商用POSIX OS「eMCOS® POSIX」が
Kalray社のミックスド・クリティカルシステム向け
インテリジェントプロセッサ「Coolidge™」に対応

~高性能かつ低消費電力を実現するKalray社製 第3世代「MPPA®」メニーコア
プロセッサを、自動運転やエッジコンピューティング、ロボティクス、医療機器などの
アプリケーションに適した既存のマルチコアプロセッサと同様に利用可能に~

 

組込みソフトウェアソリューション開発をリードするイーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川  勝敏、以下イーソル)は、高性能でスケーラブルなPOSIX仕様準拠リアルタイムOS「eMCOS® POSIX」が、フランスのKalray社が開発した第3世代のMPPA®(Massively Parallel Processor Array)インテリジェントプロセッサ「Coolidge™」をサポートしたことを発表します。これにより、自動運転用ソフトウェア AutowareやAUTOSAR Adaptive Platform、ロボット制御用フレームワークROSに対応した自動運転やロボット制御向けの高度なアプリケーションを、MPPA Coolidge上で開発できるようになります。さらにエッジコンピューティング、データセンター、医療機器、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)、機械学習(マシンラーニング:ML)などのアプリケーションにも最適です。また、ユーザは高性能かつ低消費電力のMPPA Coolidge(80コア)を既存のマルチコアシステムと同様に利用することが可能になります。イーソルは、MPPA Coolidgeの優れたメニーコアアーキテクチャを活かした、セキュアなPOSIX準拠のソフトウェアプラットフォームを提供します。

 

 

eMCOS POSIXは、PSE53 マルチPOSIXプロセスに準拠しています。独自の分散型マイクロカーネルアーキテクチャにより、メニーコアプロセッサであるMPPA Coolidgeの性能を最大限に引き出すことができます。また、eMCOSの分散型マイクロカーネルアーキテクチャは、シングルコアのマイコンからマルチコア、メニーコア、マルチチップ構成まで、キャッシュコヒーレンシ機構を持たないホモジニアス構成はもちろん、異なるアーキテクチャで構成されるヘテロジニアス構成など、様々な構成のプロセッサをスケーラブルにサポートします。

 

また、機能安全規格で重要な異なる安全度レベル(ASIL)のソフトウェアを混在させるFFI(Freedom From Interference)を実現し、単一故障点を排除できます。

 

さらに、MPPA Coolidgeに搭載されるような高度なマルチ POSIXプロセスアプリケーションの開発に最適な開発環境およびツールも提供します。

 

eMCOSはヘテロジニアスなハードウェア構成向けに、POSIX、AUTOSAR、ハイパーバイザなど様々なプロファイルをサポートしています。そのため、MPPA Coolidgeの様々な用途やシステム構成(スタンドアロン、アクセラレータ)に応じて最適なコンピューティング性能を提供できます。

 

 

イーソル株式会社 常務取締役 上山 伸幸 のコメント

「eMCOS POSIXのMPPA Coolidge対応により、商用では世界初となる80コアで動作するフルPOSIX OSとなりました。イーソルは今後も、メニーコアテクノロジーの世界的リーダーであるKalray社と密に連携し、優れたコンピューティングパフォーマンスとエネルギー効率、リアルタイム性、安全・安心をもたらすインテリジェントシステム向けプラットフォームを提供してまいります。」

 

Kalray Corporation VP Embedded Solutions Stéphane Cordova 様のコメント

「Kalrayは長年にわたりイーソルと技術的・戦略的に協力し続けてまいりました。今後も強力なパートナーシップにより、自動運転システムや産業機器、ロボティクス、医療機器、およびエッジコンピューティングなどの高度で厳しい要求が求められる様々なアプリケーション開発に、優れた演算性能と安全性をもたらすソフトウェアプラットフォームを提供し、お客様のシステム開発に貢献します。」

 

[eMCOS POSIX] https://www.esol.com/embedded/emcos_posix.html

 

 

■補足資料

イーソル株式会社について

イーソル(TSE:4420)は、革新的なコンピュータテクノロジーで豊かなIoT社会を創造する、1975年創業の、組込み・IoT分野のリーディング企業です。リアルタイムOS技術を核とするソフトウェアプラットフォーム製品とプロフェッショナルサービスは、厳しい品質基準が求められる車載システムを筆頭に、FA、人工衛星、デジタル家電を含むあらゆる分野で、世界中で採用されています。最先端の自社製品の研究・開発や、主要メーカーや大学機関との共同研究に加え、AUTOSAR、マルチ・メニーコア技術の標準化活動を積極的に進めています。

 

* イーソル、イーソル株式会社、eSOL、eMCOSは、イーソル株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載された会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 イーソル株式会社
代表者名 長谷川勝敏
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    イーソル株式会社の
    関連プレスリリース

    イーソル株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域