アイキャッチ画像

東亜大学トータルビューティ学科「ネイルシール」を企画!山口県の地域活性化と魅力を伝えるために日本航空が協力

東亜大学(所在地:山口県下関市一の宮学園町2-1、学長:櫛田宏治)では、ホスピタリティやビューティをキーワードにしたプロを目指し、美や健康を実現するサービスや商品、環境を提供するためのプランニングや企業活動について研究と教育をおこなうトータルビューティ学科を設置しています。このたび、トータルビューティ学科の学生が主体となり、新型コロナウイルス蔓延による外出自粛や在宅勤務のなかだからこそ、ネイルでリラックスし、指先で山口を感じてもらいたいとネイルシールを企画。ネイルシールは「初夏の山口」をテーマに日本航空の協力のもと、客室乗務員をはじめとするスタッフの意見を参考にデザインしました。製品化されたネイルシールを7月22日(水)から、山口宇部空港にて日本航空を利用する乗客に無料配布(数量限定)、またECサイトなどを通じて一般に販売します。

東亜大学(所在地:山口県下関市一の宮学園町2-1、学長:櫛田宏治)では、ホスピタリティやビューティをキーワードにしたプロを目指し、美や健康を実現するサービスや商品、環境を提供するためのプランニングや企業活動について研究と教育をおこなうトータルビューティ学科(学科長:平松隆円)を設置しています。


 

このたび、平松隆円准教授とトータルビューティ学科2年生の学生が主体となり、山口県の地域活性化と山口県の魅力を伝えることを目的に、「ネイルシール」を企画しました。

 

この「ネイルシール」は、従来からすすめているエッシクス・オブ・ビューティ・プロジェクト(Ethics of Beauty Project)の一環として、新型コロナウイルス蔓延による外出自粛や在宅勤務のなかだからこそ、ネイルでストレスを解消し、指先で山口を感じてもらいたいと企画。ネイルシールは「初夏の山口」をテーマに日本航空の協力のもと、客室乗務員をはじめとするスタッフの意見を参考にデザインしました。

 

製品化されたネイルシールを2020年7月22日(水)から、山口宇部空港にて日本航空を利用する乗客に無料配布(数量限定)、またECサイトなどを通じて一般に販売します。

 

平松隆円准教授は、京都大学ベンチャービジネスラボラトリー(VBL)研究員などを経て現職。京大発ベンチャーの起業・創業支援に携わった経験を生かし、本学では産官学連携も担当しています。今回のプロジェクトについて、「ネイルは男女を問わずストレス改善に効果があることが研究*で示されている。このネイルシールを上手く利用して新型コロナウイルスが蔓延するなかでのQOLの向上と、日々の生活のなかで目にするネイルを通じて山口の魅力を感じてもらえたら」と話します。

 

 

 

*POMSを用いたマニキュアによる化粧行動の感情調整作用に関する研究(「佛教大学教育学部学会紀要」2009)

*男性による化粧行動としてのマニキュア塗抹がもたらす感情状態の変化に関する研究(「佛教大学教育学部学会紀要」2011)

*妊産褥婦と化粧(「母性衛生」2012)

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 東亜大学
代表者名 櫛田宏治
業種 教育

コラム

    東亜大学の
    関連プレスリリース

    東亜大学の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域