南アフリカ最大手のアニメ制作会社トリガーフィッシュ(Triggerfish)社、 ゴールウェイを初の海外進出拠点に選定

Netflix初のアフリカ発オリジナルアニメTVシリーズを制作するトリガーフィッシュ社(本社:南アフリカ共和国ケープタウン)は本日、同社初の海外スタジオをゴールウェイに設立すると発表しました。本事業にはアイルランド政府産業開発庁を通じてアイルランド政府が支援し、今後3年間で60人の新規雇用を創出することが期待されています。

Netflix初のアフリカ発オリジナルアニメTVシリーズを制作するトリガーフィッシュ社(本社:南アフリカ共和国ケープタウン)は本日、同社初の海外スタジオをゴールウェイに設立すると発表しました。本事業にはアイルランド政府産業開発庁を通じてアイルランド政府が支援し、今後3年間で60人の新規雇用を創出することが期待されています。

 

トリガーフィッシュ社は、ロアルド・ダール原作でアカデミー賞候補となった『Revolting Rhymes(邦題:へそまがり昔話)』、ジュリア・ドナルドソン原作、アクセル・シェフラー作画で2020年の国際エミー賞を受賞した大人気作『Zog(邦題:見習いドラゴン ゾグ)』などマジック・ライト・ピクチャーズが制作した作品のアニメーションを担当しました。

1996年に創設されたトリガーフィッシュ社は、南アフリカのアニメーション産業の誕生に貢献し、同国の公式アニメーション協会に加え、毎月の上映会と交流会イベントも共同創設しました。

トリガーフィッシュ社の最初の2作品、「Adventures in Zambezia」と「クンバ」は南アフリカ映画史上最高の興行収入を上げた映画上位5作品に挙げられ、世界中でも900万枚のチケットを売上げました。これにより、トリガーフィッシュ社は2015年にアニメーション企業として初めて南アフリカ共和国西ケープ州のビジネスオブザイヤーに指名されました。

トリガーフィッシュ社は現在、Netflixが初めてアフリカで手掛けるオリジナルテレビアニメ『Mama K’s Team 4』を制作しています。これは近未来のザンビアのルサカを舞台に、たくましい4人の10代の少女たちが、元スパイとともに限られた予算内で世界を救うための旅に出るという物語です。

 

「需要に対応するために当社は2019年にアイルランドのアニメーターへの委託を始めたのですが、その仕事の質の高さと作品に対する献身的な姿勢にたちまち魅了されました」とトリガーフィッシュ社のCEO、スチュアート・フォレスト氏は語ります。「アイルランドのクリエーターは南アフリカで求めている人材によく似ており、アニメーションへの情熱、ストーリーへの愛情、受賞に値する娯楽作品を作りたいという強い思いを感じます。アイルラドをアニメーションハブとして発展させ、世界最高の作品を制作するのを楽しみにしています」

 

「私たちには事業意欲に見合った生産能力が必要で、ゴールウェイは欧州拠点としてのすべての条件を備えていました」とスタジオ・プロデューサーで、ゴールウェイ支社長に就任予定のアンディ・ウォナコット氏は語ります。「南アフリカとは時差が少なく、フライトもブロードバンドの接続も良好な他、クリエイティブなコミュニティが非常に盛んで、素晴らしい業務支援を提供してくれます」

 

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は「これはアイルランドにとって素晴らしい投資であり、高技能のクリエイティブな人材に富むゴールウェイは素晴らしい選択でした。60人の新たな雇用創出は、ゴールウェイと西部地域の経済活性化に大きな刺激となります。これはアイルランドに対する信任投票であり、Covid-19パンデミックによる未曾有の事態の中でも、強力な価値提案と機敏で順応性に富むビジネス環境が継続して提供できることを表しています。我が国でのトリガーフィッシュ社の事業の成功を心から祈ります」と述べています。

 

アイルランド政府産業開発庁日本代表 デレク・フィッツジェラルドは次のように述べています。「トリガーフィッシュ社は、他の数多くのグローバルなアニメ/ゲーム制作会社に続き、アイルランドに拠点を作ることを決定しました。これらの企業がアイルランドを最初の海外拠点に選ぶのは、英語を話す環境の中で、複数の言語を自由に操る才能、アイルランドがEUの一員であること、高い競争力を有することなどが評価されるからです」

 

トリガーフィッシュ(Triggerfish)社とは

トリガーフィッシュ社が製作した長編アニメ映画2作品、「バード・ストーリー」(2012) と「サバンナ・アドベンチャー」(2013) は世界160ヵ国でライセンスが取得され、25ヵ国語に翻訳されています。また同社は、多くの賞を受賞したマジック・ライト・ピクチャーズ製作のBBCクリスマス特別番組4作品、ジュリア・ドナルドソンとアクセル・シェフラー原作の「こえだのとうさん」(2015) と「ハイウェイ・ラット ~嫌われおいはぎネズミ~」(2017) と「見習いドラゴン ゾグ」(2018)、ロアルド・ダール原作の「へそまがり昔話」(2016) でアニメーションを手がけました。「へそまがり昔話」はアカデミー賞にノミネートされ、国際エミー賞キッズアニメーション賞、アヌシー国際アニメーション映画祭クリスタル賞、アニー賞特別作品賞、キッズスクリーン賞特別作品賞、英国アカデミー児童映画賞アニメーション賞など、15以上の国際的な映画賞を受賞しました。

 

同社の詳細については、下記サイトを参照ください。

https://www.triggerfish.com/

 

投資に関するお問い合わせ

アイルランド政府産業開発庁 日本事務所

代表 デレク・フィッツジェラルド

東京都千代田区麹町2-10-7 アイルランドハウス2階

E-mail: idatokyo@ida.ie ウェブサイト: https://www.idaireland.jp /Twitter: @IDA_TOKYO

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口
代表者名 森田 美恵子
業種 国・自治体・公共機関

コラム

    アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口の
    関連プレスリリース

    アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域