アイキャッチ画像

天草のみかんの木オーナー(デコポンの品種) 6月1日より優先受付開始~LINEでお友だち登録いただいた方から優先受付〜

農業を中心としたサービスを展開するfao agrocommunication (熊本県天草市、代表:筒井永英)は、6月1日より毎年ご好評いただいているみかん木オーナー(デコポンの品種)の募集を開始いたします。

みかんの木オーナー制度とは、fao agrocommunicationが募集する熊本県・天草の農園にあるデコポン品種のみかんの木のオーナーをワンシーズン体験する制度のことです。

 

▼詳細はこちら:https://www.fao-agro.biz/fao-amakusa-farm/amakusa-mikannoki/

■みかんの木オーナーをおすすめする3つの理由

収穫に来た家族連れ。とりたてフレッシュな味わいに驚いていた

1. 「こんなのはじめて!」未体験のみかんを味わえる

 

みかんの木オーナーになると一般には出回らない「とりたてフレッシュ」な状態のデコポンの品種(不知火)みかんを味わえます。

 

野菜や果物は収穫してからできる限り早く店頭に並ぶのが一般的ですが、柑橘類については基本的に「とりたて」のものはありません。

 

柑橘類の多くは冬から春先にかけて収穫し、数ヶ月熟成させて酸味がなくなってから出荷します。そのため、お店に並んでいるものは熟成されたものが中心です。

 

もちろん、食べてみて酸っぱいと感じたら、涼しい場所に置いておくと、なじみのある味わいになります。

 

2.みかんの産地・農家とつながれる

LINEでは月1回、天草のいまをお知らせするメルマガを配信しています。デコポン品種みかんの産地と農家とつながる体験が可能です。

 

天草にお越しいただいた方は、園地の見学もお楽しみいただけます。

 

3.果実の成長を見守る体験ができる

みかんの木オーナーの方には、オーナーになった木の実の成長写真をお送りしますので、自分の木が大きくなっていく様子を確認できます(LINEのお友だち限定)。

みかんの木オーナーでお送りするものの中には、お店では見かけない風変わりな姿のものも入ります。

「できあがったものを食べる」から一歩進んだ、楽しみ方ができるのも魅力の1つです。

■みかんの木オーナーの2つのプラン

宅配プラン :天草までは行けないけれど、みかんの木の成長を楽しみながら、産地のとりたてみかんを味わいたい方のためのプランです。10kg、20kg、30kgコースがあります。

 

まるごと収穫プラン :天草にお越しいただいて、1本分まるごとお持ち帰りしたい方のためのプランです。

■みかんの木オーナーが楽しめること

■みかん木オーナーさま・収穫体験した方の声

みかんの木オーナーまるごと収穫プランは、受付前から多くのお問い合わせをいただいています。

 

手軽に楽しめる宅配プランもぜひご利用ください。

■募集概要

名称:不知火みかんの木オーナー 2020/2021
応募期間:2020年6月1日〜(一般受付は6月20日〜)
対象者:みかん好きならどなたでも(優先受付はLINEのお友達が対象)
 

優先受付はこちら: https://lin.ee/vApbEzz

 

詳細:https://www.fao-agro.biz/fao-amakusa-farm/amakusa-mikannoki/

■fao agrocommunicationとは

fao agrocommunicationは2016年より熊本県天草市にて、柑橘類の販売、みかんベーグルシリーズの製造販売、農家民宿等の農業を中心としたサービスを展開しています。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 fao agrocommunication
代表者名 筒井永英
業種 農林水産

コラム

    fao agrocommunicationの
    関連プレスリリース

    fao agrocommunicationの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域