アイキャッチ画像

ふかひれを使ったフィナンシェで気仙沼を元気にしたい! 株式会社キクチ巴商事「おかしの花子」が、クラウドファンディングの支援者募集

株式会社キクチ巴商事が運営する気仙沼市の菓子店「おかしの花子」では、気仙沼の地域経済振興のため、特産であるふかひれを使ったお菓子「ふかひれマンボ」をPRするため、2019年12月16日より2020年1月31日までクラウドファンディングで支援者を募集しています。目標額は80万円。ふかひれマンボのPR費用に充てられます。

<プロジェクトについて>

東日本大震災後、「名産であるふかひれの需要が全国的に減少している」「外国産のふかひれに押されて気仙沼の象徴である海産界隈の元気が無くなっている」という市内のふかひれ業者の声を受けて「おかしの花子」が開発した「ふかひれマンボ」は、ふかひれの食感を程よく残したフィナンシェ。ふかひれの新たな可能性を拓き、ふかひれで気仙沼を元気に、気仙沼からふかひれ業界を元気にするためのプロジェクトとなっています。

 

<プロジェクト実行者の想い>

今回のプロジェクトはPRの費用を集めるだけでなく、クラウドファンディングを使って「ふかひれマンボ」を全国の方に知っていただくためのものでもあります。「私にはお菓子しか作れない。何とか自分のできることで地元を元気にしたい」と代表取締役 菊地 信雄(きくち のぶお)さんは語ります。ふかひれにお祭りの掛け声を合わせた「ふかひれマンボ」という商品名には、気仙沼を盛り上げたいという菊地さんの想いが詰まっています。

 

「震災以降、様々なまちづくりのアイデアが行われてきたが、「これだ」というものがない」という菊地さん。ふかひれを使ったお菓子を気仙沼の新たな銘菓として全国に広くPRし、気仙沼のことを皆様に知っていただくことで、市外での気仙沼産商品の消費拡大や、観光客の増加を目指します。

 

クラウドファンディングの支援受付は2020年1月31日まで。受付期間終了間近となり、よりいっそうの支援を呼びかけています。

気仙沼をまた盛り上げるために、ぜひご協力をお願いします!/代表取締役 菊地信雄

 

 

<プロジェクト概要>

期間:2019/12/16~2020/1/31

目標額:80万円

支援:支援は1口3,000円から。

支援者には、金額に応じて「ふかひれマンボ」の他、同社が製造する気仙沼銘菓などの返礼品が送られます。

プロジェクトページ:https://camp-fire.jp/projects/view/212942

 

<株式会社キクチ巴商事について>

本社:〒988-0183 宮城県気仙沼市赤岩泥ノ木18

代表者:代表取締役 菊地信雄

設立:2013年12月

資本金:1000万円

従業員数:6名

Tel:0226-24-2882

Fax:0226-24-2383

事業内容:菓子の製造、販売



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社キクチ巴商事
代表者名 菊地 信雄
業種 食品関連

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域