アイキャッチ画像

「Axis Log Project#003」配信スタート!           “トラックドライバーはかっこいい!胸を張れる職業”

Axis Log Projectは、トラックドライバーのPR動画を制作してYouTube上にアップする活動を2019年4月15日(月)より始動いたしました。 2020年1月15日(水)正午より、AxisLogProjectの第三弾動画が公開されます!   https://youtu.be/Dq43yP3a0Gk

 

本プロジェクトは、現役配車係の加藤光世(松本運送 神戸市東灘区)の呼びかけにより、現役ドライバーで映像制作会社「KeMu(ケーム)※」の専務を務める平松廣也氏が動画を制作しました。

※正式表記:eの上に横並び2つ点


 

動画の素材は、全国のトラックドライバーから提供を受けたもので、プロモーションビデオのような映像作品に仕上がっています。

プロジェクト名の「Axis」は軸、「Log」は物流をあらわしており、“運送業は産業の軸!”ということを全面に押し出しました。


 

本プロジェクトは、

(1)運送業への就労希望者、特に若年層の取り込み

(2)運送業の実態周知(高速道路のSA・PAで駐車スペースがない、労働時間が長い、顧客との作業分担の線引きが曖昧など)

(3)トラックドライバーという職業の大切さの周知

を目指しています。


 

トラックドライバーの高齢化や人手不足、長時間労働など多くの課題を抱える運送業界において、少しでも課題の解決につながればとの思いで発足させた企画です。

なお、本プロジェクトはトラックドライバー総合情報サイト「ブルル」( https://www.bruru.jp )を手がける物流企画サポート株式会社(東京都千代田区)および一般社団法人日本SCM協会から後援認定を取得しています。


 


 

■企画者・テロップ担当:松本運送株式会社 長距離配車担当 加藤光世

加藤 コメント

人気を博し、沢山のトラックドライバーを生んだ映画「トラック野郎」の時代から早45年。あの頃とは法律も労働環境もガラッと変わり、ドライバーはじめ運送業を生業とする人達は働きやすいとは言いがたい労働環境の中、日々粛々と働いています。

労働環境は働きにくくなっていますが、そこで働く人たちは心の中に軸となる「働き甲斐」を見出していることも間違いありません。

 

人手不足、労働人口の高齢化など、報道される数字が表すのはデータの結果だけです。

数字だけでは表せない、運送業従事者の本当の想いや働く意義をこの動画では配信しています。

ぜひ、ご覧ください。

 

■映像担当:有限会社和興 ドライバー兼KeMu専務/映像プロデューサー 平松廣也さん

現役の長距離ドライバーでありながら、映像制作会社でクリエイターとしても活躍されています。

 

平松さんのコメント

やっと第三弾ALP(AxisLogProject)の動画が公開されます。第一弾、第二弾とスパンが長く楽しみにしていただいてる方に大変申し訳なかったです。

第三弾の公開は2020年です!この年は出来るだけ多くの動画を制作し、物流という業界を一人でも多くの方に知っていただければと思います!

併せて、トラックのかっこよさを伝え、現在物流関係に就いている方もこれから物流に携わろうという方にも改めて自分の仕事が「カッコいい」んだと認識していただければ幸いです。このALPの動画は、全てトラックドライバーが撮影し動画中のメッセージも配車係に書いて貰っています。決して高クオリティな映像ではありませんが見て頂いた方に少しでもトラックや物流に何かを感じて頂ければと思います。

 

ALP動画とは、

「トラックドライバー達によるトラックドライバー達の為の、応援動画です。」

 


 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 AxisLogProject
代表者名 加藤 光世
業種 運輸・交通

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域